Latest Entries

物欲の薄い女、銀座のブルガリ前で固まる

 今週はお仕事の谷。
 周囲の人々の繁忙期の波が合わないので、残業しまくる皆様を尻目に、「お疲れ様です〜」と早々に退勤。
 せっかく早めに帰れるので、ふらふらと銀座に繰り出した。

 女子力低めののるひと、目的のないウィンドウショッピングは苦手なのだ。
 買わねばならないものがある→それを目的に店に行く→店にあるものの中で最善の物を買う(特にお店巡りをしたりしない)
 という、ステレオタイプに則れば、「男性的」なショッピングスタイルを貫いている。
 私がふらふらと買い物をするとしたら、それは友達といるときだけ。
 でもそれって、買い物を楽しんでいるというより、友達とお喋りしながら歩いているのが楽しいだけなのよね。
 あと、買い物の量も少なめ。服とか、母上に「そろそろ新しい服を買ってらっしゃい!」と促されないと、なかなか重い腰を上げないタイプ。
 自転車は、のるひとが初めて持った「お金の掛かる趣味」なのだが、それでも他のローディさんよりは、財布の紐が固めかも。
 特に意識して節約しているわけではないのだけれど、コンポとかサドルとか、アップグレードしたい!という熱はあまり湧き上がらないし、サイクルジャージも持っていない。

 この時、買いたかったものは今年のスケジュール帳(4月始まり)なので、銀座と言っても行き先はロフト。
 職場→ロフト→家!の直線移動で、ほとんど銀座感はなかった。

 のるひと、スケジュール帳にはかなり強いこだわりがある。
 絶対にウィークリー見開き、書きやすいものがいい(リングノートとか、表紙がでこぼこしているものは論外)、できれば後ろのオマケページに時差とか海外の単位とかを載せておいてほしい。
 水曜日に購入したスケジュール帳に書き込もうとしたところで、購入時には気付かなかった表紙の凹凸に愕然。

 1年使うものだもの。
 もったいないけれど、買い直し決定。

 木曜日に、いま一度の銀座。
 本日は東急ハンズへ。

 なかなかのるひと基準に引っかかるスケジュール帳がなくて、結局、去年と同じものを購入。
 
 うーん、さすがに1年分で3冊のスケジュール帳を買うのはあほらしいので、今年はこの子で決定になるのだろうけれど、去年と全く同じデザインというのも面白みがなかったなぁ。
 でも、キリのいいタイミングで買いたい・機能的なものが買いたい>可愛いものを買いたい、という優先順位になっちゃったんだもん。
 あと、両日とも、ロフトもハンズもうろうろしたけれど、特に追加で欲しいものはなかったし、疲れもあって早く家に帰りたくて、「プランタンかマルイにでも寄ろうかなー」という当初の計画を0.3秒で捨て去った。

 本当に可愛げのないおなごだわ、と思いながら銀座の街を闊歩しているうちに。

 道に迷った。

 ドコーココドコー。とかなり頻繁に来ているはずの銀座で、まさかのGoogle map先生起動。
 通ったことのない道を歩いていると、不意に私の目を奪うものが眼前に。

 IMG_1570.jpg

 か、かわいい〜!
 ブルガリのネックレスと指輪……
 

 の横にある自転車型の置物ー!


 今もしも誰かにブルガリに連れて行ってもらうことがあるとしたら、指輪よりネックレスより、あの自転車が欲しいって言ってしまいそう。
 会社のデスクの上に飾って、ますます社内で「まったり系自転車キャラ」を浸透させるのだ。

 欲しくてたまらないもの(ただし非売品)をじっくり眺めているうちに、疲れも道に迷った哀しみも吹き飛んだ。
 なので、脇目もふらずに、元気に家に帰った。

 相変わらず物欲は薄め!
 そ、そろそろサイクルジャージ買おうかなって気はあるのだ。
 あとあと、ペダルとバーテープを変えるつもりも。
 ホイールの時みたいな、「買う買う詐欺」じゃない…はず⁈


 にほんブログ村 自転車ブログ 女性サイクリストへ にほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへ



  

アラサーの娘が自転車に乗るということ

 ロードバイクを買おうと思うんだよね、と言った2014年、両親にははっきり言って反対された。
 危ない(これが1番大きかった。特に父上は最初の頃、オートバイと勘違いしていたし)、趣味としても今までののるひとらしくない、などなど、色々言われたけれど、有り体に言えば両親の理解の範疇には無かった選択だったのだと思う。

 それに対するのるひとの対応。

 黙って買う。
 
 お小遣いをもらう年でもないし、正直言って勝手に買っちゃおうと思えば買える。
 で、その時ののるひとは、変わりたい!新しいことしたい!という思いが強くて、買わないという選択肢は考えられない気分だったのである。

母上 「そういえば、自転車買うって言ってたけど、あれはやめたの?」
のる 「ううん〜予約した☆ 11月くらいに届くみたいだよー」

 その後、最初は唖然としていた2人も、徐々にあのいかつい見た目に慣れ。
 私がストレス溜まっているときも、色々あってぐったりしているときも、自転車の話題だと途端に元気を取り戻すのを何度も目撃し。
 自転車乗っている間に見つけたきれいな景色を写真で撮って見せたり、祖父・祖母ちゃま家に今までより頻繁に顔を出すようになったり、休みの日におしゃれパン屋に出向いてお土産を買ってきたりするのに喜んだりしているうちに。

 なんだかんだで受け入れてもらったように思う。
 今では、父上も自転車に乗って遠出するようになったし、母上も「自転車、買ってよかったのねぇ」と言ってくるようになった。
 伊豆大島落車の傷を見たときは、母上は「もう自転車やめてよ」と一瞬だけ言っていたけれど、あっさりとそれを否定したのるひとの態度を見てか、それ以上は言わずにいてくれている。

 アラサーの娘が自転車に乗り始めて、今まで運動なんてほとんど興味がなかったのに毎週末いそいそと自転車で出かけ、怪我をしても「えへへ」と笑うばかりで、男の人の気配もなく同じ趣味の女性たちと旅行に出掛ける。
 両親としては心配な気持ちが強いだろうけれど、それはそれとして受け入れてもらえると、やっぱり子供は安心するんだなぁ。
 幾つになっても親は親なので、自立したようなことを言ってみても、結局親の嫌がることをやるのには、「罪悪感」っていう対価が伴うし。

 なぜ急にそんなことを言い出したかと言うと、ここ数日で嬉しかったことがあったからなのである。

 1つは、土曜日の世界不思議発見で、台湾の自転車一周旅が取り上げられていたのを、母上が録画していてくれたこと。
 のるひとは、結婚を控えた友と、出産を控えた友と、最後になるかもしれない女子旅の最中。
 のるひとの早い結婚を願っていた母上には嬉しくない事態だったと思うのだけれど、帰宅してみたらこんな素敵なものを用意してくれていて、とても嬉しかったのだ。もちろん、日曜日の夜は夕ご飯を食べながらじっくり視聴。
 いつかスコットくんと行ってみたい場所が、また1つ増えた。

 もう1つは今日のこと。
 母上からのLINEに若干いらっとするところがあって、1度返信したあとは、既読スルーを決め込んでいた。
 が、帰宅してみたら、机の上にこんなものが。

 FullSizeRender tenugui


 自転車柄の手ぬぐいなのだ。
 しかも、ロード、クロス、ママチャリ、ミニベロ、とちょっとずつ違う形の絵が入っている凝り具合。

のる 「これ何⁈ くれるの⁈」
母上 「タンスの整理してたら、たまたま見つかったからあげる。好きでしょ?」
のる 「うん、可愛い! 超可愛い!!」
母上 「急に元気になるww」

 親子と家族は難しい。
 でも、のるひとがしばしば他所様から、「マイペース」「自分の世界を持っている」「芯がしっかりしてて、上の人の意見でなかなかぶれない」と言われる(褒められたり、嫌味を言われたり)のは、なんだかんだ結局親は味方してくれるんだろうなー、と本能的に思っているからなのだろう。

 なので、両親にもちゃんと安心してもらわなくては。
 アラサーの娘は、モテには繋がりそうもないけれど、心底楽しい趣味を見つけたおかげで、仕事もそれに関連した勉強も、なんとか乗り越えようとしてまーす!

 にほんブログ村 自転車ブログ 女性サイクリストへ にほんブログ村 自転車ブログ 女性サイクリストへ



  

それでも僕はチャリが好き

 伊豆大島での落車で、右膝にひどめの擦過傷をこしらえてしまったのるひと。
 落車後のサイクリングも楽しすぎて、無事に伊豆大島ライドを終了したので、自転車への恐怖心とか、もうしばらく乗りたくないわ、というような気持ちは芽生えなかった。
 この点、歩行者と接触しかけた時は、未遂だったのにしばらく自転車にまたがれなくなったので、私の中の恐怖心のベクトルが、他人に怪我をさせる>自分が怪我をする、だということを再確認。
 今回も(返す返すも)同行の友を巻き込んでいたり、歩行者の方にぶつかっていたりしたら、多分自転車はやめていただろうなぁ。
 そういう取り返しの付かない事態を引き起こさないためにも、自分が怪我をしてしまうような事故を防ぐことが大事なんだろうとも思う。
 
 先週の3連休はちょっと予定が詰まっていたのと、まだ足が本調子ではなかったため、自転車には乗らず。
 でも、「あぁー、チャリ成分が足りない!」となったので、翌週の平日から今週末に掛けて、ちょこっとだけチャリ充したので、その記録。

① スコットくんを輪行袋から出して組み立て
 1週間、袋に入れたままになっていたスコットくんを取り出して、組み立て。
 改めて見てみると、フレームにもちょこちょこと傷が付いていた上、タイヤに変な線が入っていたり、ホイールが削れていたりと痛々しい。うーん、転んじゃってごめんね。
 さらに、なぜか突然ペダルからネジがころころと出てきた。
 なんとかアーレンキーでくっつけ直してみたけれど、ちょっと心配なので、来週末にはお店に1回持って行って、調子を確かめてもらおう。
 嬉しかったのは、前輪・後輪の装着がスムーズにできたこと。
 今回の伊豆大島旅を通して、なんとなく抱えたままだった、前輪・後輪脱着と輪行への苦手意識が無くなったのは収穫だった。

② ブログで見たことのあった、ビックカメラ有楽町店に行ってみる
 某ブログ様で、意外と品揃え豊富、とあったビックカメラ有楽町店。
 ずっと調子の悪かったノートパソコンがついに先週ご臨終となったので、新しい相棒@屋内、を購入。
 勉強に趣味にと、スコットくんとはまた違った意味で、欠くことができない存在なのである。
 その購入の過程で、折角なので地下2階の自転車コーナーも散策してみることに。
 自転車は、専門店よりも、お安めモデルの取り扱いが多めかな? 名前は知っているけど、現物を売っているのは見たことがなかった自転車たちを眺めることができた。
 充実していたのは備品類。バーテープも変えたいし、可愛いフラペも欲しいし、カラータイヤにも興味あるし、な私は興味津々でお店を見て回った。
 パソコン購入のポイントも使って、何か買っちゃおうかなー! もちろん、いつもお世話になっているお店にスコットくんの様子を確かめてもらって、お金のかかる整備が必要になったら別だけれど。

③ 祖父ちゃま・祖母ちゃま家へ、伊豆大島のお土産をお届けライド
 26日朝、祖父ちゃま・祖母ちゃま家へ伊豆大島のお土産をお届けに。
 体の調子と自転車の調子を確かめつつの、ゆっくり短ポタである。

 桜がちょっと咲き始めていた。
 大好きな季節が来た!
 
 IMG_1497.jpg

 菜の花もきれいだ。
  
 IMG_1498.jpg

 この日は午後から一泊旅行の予定だったので、お土産をお渡しするだけで帰ることにしていた。
 そのせいで、2人をちょっとがっかりさせてしまったうえ、ちょっと気になることも。
 実は、今、人生に関わるかもしれない決断を下そうとしているのるひと。
 こういう時、私は周囲の意見は極力遮断したいタイプ。特に、祖父母や親の意見にはつい引きずられてしまうところがあって、引きずられた結果、後悔したときに恨みがましく思うのがいやなので、なるべく意見を聞きたくないのだ。
 でも、そういうのって私側の都合に過ぎないし、言論を統制するわけにももちろんいかないし。
 何か言われても、「うんうんそうだね(ま、よく分かってない人の意見だし、関係ないけど)」ってさらっと流せる大人の女に早くなりたいのだけど、ついつい、「いや、いいよ。自分で考えるから!」と言ってしまったりして、あとからずーんと後悔してしまう。

 むむむ。
 自転車は好調、行きはノリノリだったのに、帰りはちょっぴり落ち込んで家路についたのだった。
 でも、自転車に1人で乗っているときには、そういう雑念が消えていく。
 やっぱり変なところでいらっとしてしまったり、落ち込んだりしてしまうのは、自転車成文が足りないせいかも⁈

④ 伊豆大島打ち上げ、そして新たな旅へ

 本日は旅の帰りに、師匠ちゃん、ペダルちゃんとお茶(みどちゃん、らぴちゃんは残念ながら来られず)。
 伊豆大島が土壇場でキャンセルになってしまったペダルちゃんにお土産を渡すのが第一目的。

 打ち上げの宴は、自分を甘やかしまくりの甘いパフェ!

 IMG_1499.jpg

 一周旅行やのるひと落車事件の話で盛り上がりつつ、写真をお見せしつつ、師匠ちゃんが写真を送ってあげたおばあちゃんからのお礼の品(敷物…?)を山分けしつつしていると、楽しい気持ちが胸にいっぱいになった。
 
 そして、新たな旅の計画が始動。
 次は1日70km!
 行けるかな、大丈夫かなー。
 サポートカー(みどちゃん、ペダルちゃん)がいるとはいえちょっと不安だけど、師匠ちゃんを信じて頑張るぞ。

師匠ちゃん 「ハンドサインは練習しておいてね…?」
 
 ひぃぃ、師匠! すみません! 頑張ります!!

 にほんブログ村 自転車ブログ 女性サイクリストへ にほんブログ村 自転車ブログ 女性サイクリストへ


【オタ注意】乗らない日々のチャリ充

 バレンタイン・ライド以降、自転車に乗れてなーい!

 でも、そんな日々でもちょこちょことチャリ充してたので、その記録。

 まずは17日。
 当ブログに遊びに来て下さっているrukachi様と対面。
 rukachi様の渋谷カペルでびうを見守るべく、仕事終わりに渋谷で待ち合わせ。

 そして↓

 IMG_1284.jpg

 なななんと、ツールケースを頂いた!
 お、おい! メインはrukachi様じゃなかったんかーい! と自己ツッコミを入れつつ、有難く頂戴致した。
 これに、先日買ったチューブとタイヤレバーを入れるんだ♪ 今度、ツールケースが入れられるように2つ目のボトルケースを買うんだ♪と楽しみは募るばかりである。ありがとうございます。

 さらに、大変恐縮なことに、お土産まで頂いちゃったのである。
 
 まずはイケメン過ぎるオールラウンダーたち。

 IMG_1285.jpg

 オタク的には、並べる順序が肝要。
 ちなみに、それぞれの裏には箱学のエース&エースアシストのお2人が鎮座。
 つまり、写真には撮れないが、野獣先輩と可愛いウサギが背中合わせってことである。どっひゃー!

 そして、袋に入った缶バッジ(開封するまで中身が見えない仕様)。

 まずは1つ目。

 IMG_1286.jpg

 無口先輩ちわーっす!
 正直、開花後(2年目)の情報がp○○○vだけなんだ! いつかまとめてチェックするからね!

 続いて2つ目。

 IMG_1287.jpg

 巻ちゃん先輩!!
 好きだ、好きだけど、多分私よりも君を愛していて、君のためにこの缶バッジ買い漁っている人もいるんじゃないかなー!
 なんかうちに来ちゃってごめんね!

 で、終了。

のる 「ありがとうございました! 私、なんだかんだで総北推しなんで嬉しいです♪」
ruka 「もう1個あるよ?」
 
 そして開いたところ。

 IMG_1288.jpg

 やつが来てしまった……
 あまりの可愛さに金城さんや鳴子くんや御堂筋くんやのるひとの理性を崩壊させる、やつが来てしまったのである。
 猫の耳大きいね! 可愛いね!
 
 3つの中で今泉氏を引き当てるrukachi様の☆と、それを最後に(しかも最初はその存在に気付かずに)開いた自分の☆で、感激が一段と強まった。☆持っとるね!
 感激のあまり、ハイセンスな感じのカフェで大きい声ではしゃいじゃってすみませんでした!
 
 ブログ経由で出会った人にお会いするのは初めてで、新鮮で嬉しかった。
 いつかSCOTTライダー集合!とかやってみたいなぁ。


 続いて20日。
 この日は自転車部(と私が勝手に命名した学生時代の友)と集合。
 目的は、第一回合宿☆伊豆大島ライドの計画立てである。
 
 一日一周くらい、距離的には余裕っしょ、な師匠ちゃん(アンカー乗り)。
 どうしよう、走り切れるかなぁ、と言っているけど、根性と体力には定評あり、なラピちゃん(ラピエール乗り)。
 どうしよう、付いていけるかなぁ、と言いつつチャリ通経験が最も長い、ペダルちゃん(貸自転車のMTB予定)。
 言い出しっぺのくせに一番体力がなく、根性もない、不安要素満点ののるひと(スコット乗り)。
 
 こんな4人が集まって、地図を見たり、泊まる予定のホテルで自転車の扱いを確認したり、乗り場まで自走?輪行?と盛り上がったり、コロッケ食べようね~動物園行こうね~とだべったり、服何がいいかな、ジーパンやめた方がいいかな、と騒いだり、仕事について愚痴ったり、そう言えば最近何はまった? おそ松さん見てる? 007のQが可愛すぎてやばいよ、と盛り上がったり(←途中から趣旨を外れる)。
 と、これまた静かめのカフェできゃいきゃいと5時間近く盛り上がったのだった。
 
 とりあえず、のるひと的に最大の懸案だった、「坂道登れるかなぁ」は、師匠ちゃんの、「7キロくらいだから、最悪押して歩こう」の一言で解決。
 あとは輪行の復習をするばかり(←自転車の組み立ては師匠ちゃんが手伝ってくれると信じている。他力本願)  
 楽しみすぎる。


 さらに23日仕事中。
 会社の元上司(今は部署違い)より、「のるひとさん、伊豆大島行くって言ってましたよね? 感想教えてください」と突然メールが。
 ま だ で す www
 超絶忙しい日で、気持ちも焦ってくさくさしていたのだけれど、そのメールで随分ほっこりした。

 ちなみにこの上司、13年乗ったピナレロさんが、そろそろ寿命と、ショップの人に言われたそう。
 自転車って飽きたり事故ったりしない限り、ずっと乗り続けられるものだと思っていたけれど、耐用年数みたいなものがあるんだなぁ。
 まだまだ1年ちょっとしか乗っていないのに、いつか来るかもしれない別れを思うと寂しい気持ちにもなってしまう。


 そして本日。
 昨日の反動でほとんど職場で1番くらいに帰路についたのるひと。
 週末に乗れなかった罪悪感を晴らすべく、ワックスシートでスコットくんをふきふき&チェーンのお掃除。
 らぴちゃんと唱えている、「自転車はペット」説を改めて実践してしまったところ。散歩に行けない日が続くと、罪悪感が出て、ちょっとだけでも面倒を見たくなっちゃうのである。


 明日は当直!
 お供はこちらの本。

 FullSizeRender (62)

 ちょっとだけ読み始めているのだが、総北卒業→洋南進学→欧州でロードレーサー、という今泉くんの人生の妄想が一段と捗りそうな内容。
 あと、センチメンタルな性格で、スポーツに打ち込む若者の青春に弱いので、時々無性に涙ぐみそうになってしまう(箱根駅伝は毎年欠かさず見ている)。

 という感じで、乗ってなくてもチャリ充(オタ充……?)している。
 とはいえ、今週末は天気も良さそうだし、ちょっとくらいは乗りたいなぁ。

 にほんブログ村 自転車ブログ 女性サイクリストへ にほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへ
 


 

エマージェンシーカードを作る

 1人で自転車に乗っているときに事故を起こしたときのために、緊急連絡先などを記載した、エマージェンシーカード。
 基本ぼっちライダー(あ、スコットくんとのおデートだった! やったぁ寂しくないぞ!)なので、必須だな、と思って、作成用グッズを用意していた。去年の5月に……。
 
 実はその直後、歩行者との接触未遂があって、とっても気分が落ち込んでしまって。
 趣味を楽しんでいる側の我々は、楽しいというリターンと、危険であるというリスクを比較したうえで、「自転車に乗るぞ」と決断しているわけだけれど、歩行者側はそういう選択の機会を与えられないまま、効用もないのにリスクだけ引き受けている感じがして、なんとなく不公平な気がしてしまったのである。理屈っぽいのは百も承知。
 その理論が、「で、そんな自転車乗り側だけが、保険に入ったりメットかぶったり、安全対策ばっちり!」ってなんだかずるくないか、という、今思えば不思議な考えに至ってしまい、そのままエマージェンシーカードの素材も仕舞い込んでいた。
 
 結局、自転車に乗りたいということ、誰にも全く何にも迷惑を掛けない趣味はそう多くないこと、こちらの安全対策は歩行者や車の運転手側にとっても大事であること、を自分の頭で納得できたので、スコットくんのもとにも帰って来たし、ヘルメットもかぶり続けているし、保険も入り続けているわけなのである。
 そして、随分遅ればせながら、ではあるけれど、久々に早めに帰宅できた本日、エマージェンシーカードを作ることにした。

 こちらが、昨年5月から引き出しに眠っていた、カードケースと、中身に使うカード。
 ラッキーアイテムのモチーフがいっぱい書かれたカードなのだ。

 IMG_1254.jpg

 使うのは、こちら。
 ポイントは言うまでもなく、右下のうさぎちゃん。

 IMG_1255.jpg

 書く内容は、以下の通りとした。
①名前(振り仮名)
②生年月日
③血液型
④住所
⑤緊急連絡先(親の携帯電話)
⑥加入している保険会社の連絡先

 裏側に保険証のコピーを貼って、マスキングテープでちょっとお洒落な感じ(当社比)にして、あっという間に完成!
 明日も、週末も、これを持ってスコットくんとお出かけできたらいいな、と思いつつ、夜更かしになってしまっている事実に愕然。
 早くお風呂に入らないと!!

 にほんブログ村 自転車ブログ 女性サイクリストへ にほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへ


 

«  | HOME |  »

2017-05

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

プロフィール

 

のるえ

Author:のるえ
2014年11月22日からロードに乗り始め、未だ飽きる気配なし。
相棒は、SCOTT Speedster 20(2015年モデル)のスコットくん。

 

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ