Latest Entries

小さい秋、見つけた&自転車よもやま話

 本格的に忙しくなる10月を前に、所用を少々片付けることにした本日。
 スコットくんはいつものように、ママチャリのように日常の足になってくれる。
 105持ちのハイスペックくんなのに、可哀想なものである。
 いつか君の兄弟たちのように、しまなみやら琵琶イチやら淡イチやらを経験させてあげるつもりは満々なので、しばし待ってくれ!

 まずは、定期的に行っているクリニックで、薬の購入(重い持病があるわけではないです! 念のため)。
 半年分も購入可能だけれど、わりとお高いので、ちょっと悩んで3か月分購入。 
 手元にある1か月分と合わせて計4か月。これが無くなる頃には、気軽にふらりと病院に行けるくらい暇になっていますように。

 続いて、祖父ちゃま・祖母ちゃまのおうちへ。
 敬老の日を華麗にスルーしてしまったので、慌てて、勤め先オリジナルのお菓子を購入して、お届けに上がったのである。
 お菓子を献上し、お彼岸もスルーしていたのでお仏壇にも挨拶し、豆パンをたかりつつ1時間ちょっとお話。
 なんでも興味深いことに、ご近所さんのご主人も、ロードバイク乗りらしいのである。
 祖父ちゃまいわく、「ぴちぴちとした上着で、短パンで、真っ黒いタイツのようなもんを履いている」とのことなので、割と本格派のようだなぁと思う。
 祖父ちゃまが、「うちの孫もそんな感じのしゅっとした自転車に乗り始めたのだぞ」ということを世間話でしたところ、ギアの入ってしまったお相手が、お持ちの自転車について熱く!長く!語ってくれたそうなので(祖父ちゃまはのるひとのロードを見たことがあるだけで、別にロードに興味ある人ではないのだが……)。
 
 で、判明したこと。
 色々なパーツを別々に購入し、組み立てたらしいこと。
 総額100万円くらい掛かっていること。
 
 玄関先だというのに、思わず、「ううぇぇぇ!」と声を上げてしまった。
 祖父ちゃまは、「色々バラバラに買ったってことは中古かねぇ」等と言っていたが、多分違う。
 その総額に鑑みると、完成車じゃ飽き足らず、良いパーツを拘って集めて、自分用のロードをくみ上げたんじゃないかなぁ。
 週末には早々に家を出発しているらしいので、いつかその本格派☆ロードを一目見るべく、早めに祖父ちゃま・祖母ちゃま家に突然することにしよう。
 ここのところ、超高級車の話を聞く機会が続いたので、なんだかびっくりだ。
 日本の景気、けっこう悪くないんじゃないのかな?

 さて、本題。
 祖父ちゃま・祖母ちゃま家への道で、小さな秋を見つけたので、スコットくんと共に写真に収めたのである。

 まずは行き。

IMG_0950.jpg
 
 ちっちゃい柿がなっているのだ! 
 まだ渋いであろうが、ところどころ橙に色づき始めている。

 そして帰り。

IMG_0953.jpg
 
 見えないけれど、葡萄の房が白いカバーの下にあるはずだ。
 のるひと家にはこの時期、必ず田舎の親戚からピオーネと種無しマスカットが届くのだ。
 今年も有難いことに送って頂き、ここ数日、毎朝毎晩、葡萄三昧である。
 これがあると、「あぁー、秋の訪れ……」としみじみする(←典型的な、「食欲の秋」派)。

 乗っていた時間は1時間にも満たない程度だったと思うが、とても爽やかに土曜日の午前を始められて、よかった。
 午後は、エステ。
 これまで1、2か月に1度うかがっていたのだが、多分次にうかがえるのは、年末か年明けになりそうなので、必要な化粧品も注文して、引きこもり体制をちゃくちゃくと構築。そしてエステをしてもらっている間は、ほとんど記憶がないほど爆睡し、こりまくっていた肩もほぐして頂いて、心底リフレッシュできた。
 日曜日はお勉強頑張るぞー!

 (おまけ)
 先日の記事で書き忘れた諸々。興味深いことだったので、自分の備忘のために残しておく。

①クロスくん、ノンブランドのクロス(ブレーキシュー壊れ気味)でヤビツを攻める
 先日、年内最後のおデート中、クロスくんが、「ヤビツ峠って知っている?」とおもむろに訊ねてきた。
 知ってる知ってる、すごいヒルクライムする自転車乗りの人が行くところだよね、かっこいいよね!と食い気味に返答したところ。
「やっぱり知っているんだねぇ。この間、俺行ってきたよ」と衝撃の一言。
 やっぱりすごい体力だわ、この人。さすが本州西端まで2週間掛けて、インターネットカフェを泊まり次いで、行っただけのことはある。
 クロスくん曰く、「ロードバイクじゃない人は少しいたけど、ジーパンの人は俺くらいだった。尻が痛くなったし、下りはブレーキが利かなくなりそうで焦ったよ」とのこと。何よりもまずブレーキシューを替えるようお伝えしておいた。
 ちなみに、クロスくんが、「俺がヤビツを攻めている間、君は何をしていたんだ?」と訊いてくれたのが、私が彼に、もうしばらく会えない、という覚悟をお伝えできた切っ掛け。
 クロスくんがヤビツを攻めている間、私はひたすら勉強してた。とにかく平日は忙しくて、時間がなくて、休日を勉強に費やしてた。
 これから、そういう週末が益々増えると思う。だから、もう年内に長く外出することできないと思う、と。

②のるひと、トラックに接触する
 のるひと家から多摩川CRに出るまで、一瞬だけ、車通りの多い環状道路を走るのである。
 とはいえ車線数も多いし、元々左端を走っている車は多くないので、特段不安なく走ってきたのだが、多摩川CRを通って六郷神社に行った際、大型トラックと接触したのだ。
 原因は正直よく分からない。
 幅寄せされた、という感じでもなかった気がする。とにかく大きいトラックで、運転手さんはこちらからは全然見えなかった。
 気付いたらものすごく近くにいて、しかも更に近寄ってくる感じがして、「えっ、えっ」と焦っているうちにバランスを崩した。
 このまま倒れたら事故……! そう思ったときに、なぜか脳裏に、御堂筋くんに攻撃されてバランスを崩し、ガードレールにぶつかって体勢を立て直した今泉くんの姿が浮かんだ。
 バランスを崩したまま、右手と右膝がトラックのコンテナに接触。あわわ、と思いつつ、とりあえずペダルを漕ぎ続けて、トラックと並走していると、そのうち何となく体勢を立て直すことができた。
 ありがとう今泉くん(脳内)、君は命の恩人だ。
 結構な事件だと思ったので、ブログに書いておこう~と思ったのだが、お昼を食べて神社に行っている間にすっかり忘れていた。
 人にぶつかりそうになったとき(未遂)は2週間うじうじ悩むくらいショックを受けたのに、トラックにぶつかったことはすぐに忘れるなんて、我ながら不思議な脳である。
 ともあれ安全運転が重要! 実は大通りを通らずとも多摩川CRに行ける道があるので(というか帰りはその道を通っている。方向音痴あるあるなのだが、同じ道を別の方向から走ることができなくて、未だ往路でその道を利用したことがないのだ)、次はその道を通って多摩川CRに行けるようになろう。

 さらにおまけ。
 
☆自転車にまつわる面白い逸話@アメリカ
 最近、お勉強のため、アメリカのトーク・ショー等を聞いているのだが、その中で面白い話題があった。
 アメリカのとある心理学者が実験した、車道での呼び掛けの文言のお話。
 「自転車と道を譲り合って走行しましょう」と車に呼び掛けた場合と、
 「自転車は(訳注:車線の左端ではなく)フルレーンを走る権利があります」と呼び掛けた場合。
 後者の方が、自動車が自転車に道を譲ったり、配慮して走行したりする率が上がったそうなのだ。
 さすがにいくら軽車両の一種とはいえ、一車線まるまる独占して走る気概は持てないが(遅いし……)、自動車側が、「譲ってやっているんだ」という意識から、「自転車も当然車道を走るのだ」という意識に変わると、走りやすさも格段に上がるのかも。
 さらに自転車側が、「車道を走るのは俺たちの権利じゃ!」という態度を示すのではなくて、「今日も楽しく走らせてくれてありがとう!」という意識でいると、自然と振る舞いも謙虚になって、共存しやすくなるのではないかなぁ。
  
 本日書きたかったことは以上! 
 こんな感じで、悔いが残らないように仕事・勉強を頑張りつつ、自分を追い詰め過ぎないように一息つきながら行こうと思う。

 にほんブログ村 自転車ブログ 女性サイクリストへ にほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへ 

Comments

こんにちは♪

トラックと接触なんて穏やかな話じゃありませんナ、
確かの自転車は原則車道ですが場合によっては歩道を走っても良いんじゃないでしょうか???
交通量が多い時間帯とかは歩道を選んで徐行しても良いかもしれませんネ♪
それと昼間でも点滅式のテールライトを付けるとか車から見て目立つ様にするのも良いと思います。
自分はファイバーフレアライトってヤツを後ろから見えるように付けてます。
走る時には昼間でも点滅するようにしてますヨ♪

兎に角安全運転に努めましょう♪

こんばんは。

今日(9/27)は日曜日ですから、乗る人さんは勉強してるんでしょうね。
お疲れ様です。頑張って下さい。

自分が毎年『秋だなぁ』って思うのは、彼岸花が咲いてたり、稲穂が風でなびいてたり、稲刈り後の田んぼ付近の道にカマキリがいること。
『うりゃー、自転車なんか通らせないぞ』と、こちらを見てるようなf^_^;)

さてさて、②とオマケの話し。
②の話し、間一髪でしたね。怪我なくて良かったです。
自分もビンディングを付け始めた頃、十字路手前で左折する車が幅寄せしてきた事があり、その時は歩道側の花壇に倒れました。
怖かったですね。

回避策としては。
a.暗くなる前に前後のライト点灯。
b.しつこく後方確認して、大型トラックだったら先に行かせる。
c.ハンドル等にミラーを装着。
d.100均の反射バンドを手首又は足に装着。
ですかね。(aとbはやってます。cは腕に巻きつけるミラーを持ってますが、最近はつけてません(汗)dはクロスバイクの時、最近始めました。)

でも幾ら対策しても、車が自転車を認識してくれなきゃ、圧倒的な力の差で自転車側が死傷しちゃいますからね。
困った事です。

オマケの話しは、面白い実験結果ですね。
《自転車VSクルマ》じゃなくて、共に道路を走る《仲間》なんですけど、自転車でも逆走、並走、ライト点けないetcや、クルマ運転すると『チャリ、邪魔だな』って気が大きくなったり。

自転車も車も《心に余裕》がないといけませんね。

接触事故

無事で何よりです。
そして私も先日事故りました!

下り坂、車の後ろ走行してたら車がブレーキ。
そのまま車に突っ込みました、、、。
フレーム、タイヤに異常はなさそうですが、シフトレバーはぐにゃりとまがり、擦り傷と右腕が上がらなくなる捻挫をいたしました。。

下り坂はブレーキが効かないですねσ(^_^;)。ブレーキシューの問題ではなくブレーキききませんでした。

何がともあれ廃車にならずに良かった当たる瞬間にハンドル切ったみたいです。
気をつけましょうσ(^_^;)
http://www.sportsentry.ne.jp/entry/t/62660/s
これ楽しそうですね、来年はでますか!

Re: タイトルなし

> saxwolf様 
 
 そうなんですよー穏やかじゃない話なんです。
 結構心臓もバクバクして、手汗もかいて焦ったのに、その日1日走って家に帰る頃にはなんでか忘れていたんですよねぇ。。
 とにかく安全運転につとめます!

Re: タイトルなし

> イチロー様

 面白い実験ですよね!
 アメリカでの話なので、「権利」という言葉がより意味を持ったのかもしれないなぁー、とも思います。
 日本だったら、また違う言葉がドライバーの胸に響くのかも……
 
 私は車については完全にペーパードライバーで7年ほど前に免許を取って以来ハンドルに触れていないので、ドライバー側の気持ちがなかなか分からないんですよねぇ。
 ロードバイクに乗ってるときにドライバーがいらっとするような行動を取ってしまうと、自分だけではなくて、ロードバイク好き全般の評判を落としてしまいかねないので、ルール順守と気遣いにつとめなくてはなぁ、と思います。

Re: 接触事故

> ルカち様

 私なんぞよりよほど大変なことになっているではないですかー!!
 腕の捻挫は辛いですね。特に利き手だったら尚更。
 もう復活なさってますかー?
 お互い自分も怪我しないよう、周りにも危害を与えないよう、気を付けつつ楽しみましょーう♪
 
 イベント情報もありがとうございます❤
 長距離走れるようにならねば……!
 

Post a comment


Only the blog author may view the comment.

«  | HOME |  »

2017-05

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

プロフィール

 

のるえ

Author:のるえ
2014年11月22日からロードに乗り始め、未だ飽きる気配なし。
相棒は、SCOTT Speedster 20(2015年モデル)のスコットくん。

 

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ