Latest Entries

初心者の実験:夏のCRはどれくらい辛いのか

 以前、初心者の実験と題して、ジーパンでロードに乗るのは本当にイマイチなのか、を試してみた私。
 結論としては、そう長い距離を乗るわけではない初心者にとっては、生地が固いためかおしりの辺りの痛みも緩和され、悪くはないなぁという感じだった。
 それ以来、特に春先は、人と会う予定があるときや祖母ちゃまの家まで行くとき等に多用してきた。
 先達の意見はありがたく拝聴しつつ、重大な事態を巻き起こすことのないことについては初心者らしく自分で試してみるのが肝要、とそのとき実感したのだった。
 
 今日は、先達から何度か聞いていた、「夏のCRは日陰がなかなか見当たらないので結構危険」という話を検証してみることに。
 熱中症は怖いので、自分としてはいつもより少し早めの9時半頃家を出た。
 今日はこの間ジャイアントショップで購入した黒のボレロを羽織って、日焼け対策。
 自分の体格ゆえだと思うが、フリーサイズのカペルミュールより、3サイズで展開しているジャイアント(Liv)のボレロの方が、走っていてずれてしまう感じがなくて、良いと感じる。
 値段もお値打ち、2100円である。
 カペルミュールで勢い余って白黒両方買わなくてよかった。
 お店で試着するだけじゃなくて、実際乗ってみないと分からないことって意外とあるものだ。

 普段走っている多摩川CRの入口に到達するまでに既にぐったり気味だったが、ここからが本番である。

 さあ、行こう、スコットくん。

 IMG_0781.jpg

 走り出して気付いたのだが、これまでも日差し厳しい道を走ってきたわけで、CRに来た途端に太陽が強くなるわけではない。 
 私が普段走っているところも別段日陰が多いわけではないので、「CRだから辛い」ということはなかった。
 風はけっこう吹くのだが、基本的には温風で、「締め切った部屋の中で扇風機を回している」ときの風である。
 
 いつもの休憩場所で一息。

 このアングルの写真、一体何回撮ったことであろうか。

 IMG_0782.jpg

 今日は熱中症対策も万全。
 あまじょっぱい割に爽やかで美味しかった。

 IMG_0784.jpg
 
 お隣に自転車に乗ってきたおじさまが座って、挨拶までして下さったので、少しだけお話した。
 暑いねぇ、とか、女性は日焼け対策が大変だねぇ、とか。
 お話できてうれしかったので、熱中症対策タブレットをおすそわけ。
 顔が小さいからヘルメットが似合うねぇ、とリップサービスを頂きつつ、出発準備を急ぎめにする。
 というのも、このおじさま、座った瞬間から煙草をお手元に用意していたのである。
 が、おそらくこちらに遠慮して、火を付けずにいて下さったのだ。
 私は煙草の煙が苦手なので、どうぞ、とも言えないし、でも吸いたいんだろうなぁ、と思って、少し早めに出発したのである。
 実際、私が鞄を背負った途端にライターに手を伸ばしていらした。お待ち頂きありがとうございます。

 どこまで走る、という目標のないままプラプラと走って、二子玉川のあたりで折り返した。
 今日はおバカなことに鍵を忘れてきてしまっていて、どこにも立ち寄れなかったのである。

 帰り道は行きよりも向かい風気味。
 熱風の合間に、川から来る涼しい風もあったりして、それが顔にあたると生き返る気持ちがした。
 
 折り返して今ひとたびの休憩所。まだ同じおじさまがいらして、「早々に諦めて帰ってきちゃった人」という感じで恥ずかしかったので、今度は会釈だけして少し離れた日陰へ。
 体力をのんびり回復してから、家路についた。

 途中で寄った自販機で、飲もうとしていたアクエリアスが売り切れていたのが唯一の誤算。
 でも、帰宅後の頭痛もこの間ほどひどくはなくて、結構元気に過ごせたので、熱中症にはならなかったようだ。 

 結論としては、夏のCRは
・他の道と同じくらい暑い
 ということが判明(当たり前)。
 普段、山道とか日陰が多い道に走りに行ける方にとってはCRは鬼門かもしれないが、普段から照り返しのひどいアスファルトの上、コンクリートジャングルの最中を走っている哀れな都内ライダー(遠距離はまだできない)の私にとっては、特別つらいわけでも、特別楽なわけでもなかった。
 多分、今後も多摩川CRに頻繁に出没することになりそうだ。

 普通の道を走るにしても、CRを走るにしても、熱中症対策は重要。
 喉が渇いたときはお茶を飲みたい人なので、お茶用+アクエリ・ポカリ系用、でもう1つボトルホルダーを付けたくなってきてしまった。ううん、ロードバイクって、際限なく物欲を刺激してくる。


 にほんブログ村 自転車ブログ 女性サイクリストへ にほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへ



 

  

Comments

こんにちは。

色んな人の意見は参考にしつつも、まずは自分で試してみるのって大切ですよね。
夏場は水分と塩分・糖分の補給、それにアイウェア(←サングラス)、日焼けに要注意です。

それからペットボトルだと夏場は直ぐに生温かくなりますから、保冷ボトル(POLARやCAMELBAKなど)に氷を沢山詰めて、その中に水やスポドリ、お茶とかを入れとけば、日差しや気温の条件にもよりますが、2時間位は生温かくなりにくいですよ。

あと夏の日差しは紫外線がつよくなりますから、アイウェアした方がいいですよ。
本当かどうかは分かりませんが、紫外線は白内障の原因になるって聞きますから。

Re: タイトルなし

> > イチロー様

 いつも色々とアドバイス頂き、ありがとうございます。

 アイウェアした方がいいんですかねぇ……メガネ的な形状のものを付けて外に出ると、必ず遠近感が狂うという病(※単に空間把握能力が低いだけ?)なので、なんとなく避けて通っているのですが。
 白内障も怖いですが、目から日焼けする、との噂も聞いてるので、ちょっと検討してみます。

アイウェアの件、もちろんそれをしなくても自転車に乗る事自体は問題ないですが、多くのローディーが掛けてるのにはそれなりの利点があるからだ、と思ってます。

①ホコリや虫、小石が当たってきても安心
②日差しを遮り視界をハッキリさせる。
③紫外線量を抑える。
④見た目がカッコイイ。
こんな感じでしょうか?

①はサイクリングロードを走るならば蚊柱?が発生してる時に遭遇する事もあると思いますが、その際にアイウェアは有用ですね。経験からもカナブンらしき虫がレンズにぶつかってきた事は有りますよ。
②も進行方向が眩しい時には、目を細めなくても視野が確保されますから安心ですね。
③は本当か否かは分かりませんが、雑誌に書いてあったりします(~_~;)
④は自己満の世界ですね。

乗る人さんの《メガネ的な形状のものを付けて外に出ると…》ってコメントからすると普段は裸眼又はコンタクトなのかな?と推測しますが、ロードバイクを購入されたお店でアイウェアの事を相談されるのをお勧めします。アイウェアしたばかりに遠近感が狂っては事故になりかねませんからね。

Re: タイトルなし

> イチロー様

 サイクリングロードを走っているときに、小さな虫の群れに飛び込んじゃうことがたまにあります。
 そういうとき、目をガードしているものがあるのはいいかもしれないですねぇ……。

 そうなんです、普段はコンタクトです。
 メガネで行動するのは、家の中くらい。
 たまーに目の調子が悪くてコンタクトを入れないときは、通い慣れた通勤路で会社に直行・直帰です。
 行き慣れていない場所に行くと、途端に壁にぶつかったり、足を踏み外したりしちゃうんです笑。

 コンタクト+アイウェア、だったら、そういうことも無いのかなとも思うので、長期的な検討課題としたいと思います!
 コンテントありがとうございました♪

Post a comment


Only the blog author may view the comment.

«  | HOME |  »

2017-10

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

プロフィール

 

のるえ

Author:のるえ
2014年11月22日からロードに乗り始め、未だ飽きる気配なし。
相棒は、SCOTT Speedster 20(2015年モデル)のスコットくん。

 

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ