Latest Entries

ロードはじめた僕、ロードやめる君

 以前の記事でちらっと言及したのだが、22日にスコットくんが我が家にいらしてから、5か月目の記念日を迎えたのである。
 その日は平日だし、会社の先輩たちと夕ご飯の予定があり、特段何もできないと分かっていたので、事前にバーテープを交換して前祝をしていたわけなのだ。

 22日の夕ご飯。
 メンバーは、先輩♂、先輩♀、のるひと♀、のるひと同期♂。
 先輩♂と♀が新婚夫婦。
 先輩♂とのるひとは、以前の部署で引継ぎした仲である。外回りが多い部署だったので、一緒にあちこち自転車(当時乗っていたのは、ママチャリ小五郎)で回ったり、合間にあれこれ奢って頂いたり、夕飯食べに行ったり、また奢ってもらったりと、頭の上がらない相手だ。
 先輩♀と同期♂は大学の同期で仲良し。
 先輩♂と同期♂は今、仕事で色々関わりがあるとのこと。
 先輩♀とのるひとは、今日が2回目くらいの接触である。

 実は、私は先輩♂に言いたいことがあった。それは、去年ロードバイクを買ったのだということ。
 引継ぎを受けていた当時、先輩♂から、ロードバイク購入をおススメされていた。
 当時は田舎暮らしでもあったため、絶対に楽しいぞ、と。
 彼も広い県内のあちこちを、ロードで廻ったらしいのだ。

 しかし、当時の私は、ママチャリだって覚束ない腕前であった。
 引継ぎの最中、派手に転んで先輩♂に驚かれたこともあり。
 足が付きにくいのが怖かったので、先輩に何度パンツをのぞかれそうになっても、サドルを低めに設定し続けた(しかもパンツスーツさえ持っていなかった)。
 そんな私であったので、「自転車に10万以上出すとかwww意味わからないっす先輩wwww」と言って、先輩♂の勧めを一笑に付していたのである。

 そんな私が、ロード買ったのですという報告をしたら、きっとびっくりして、すごく面白がってくれるに違いない。
 なんなら、ついでに東京のいいサイクリングコースを教えてもらえるかもしれないし、連れて行ってくれるかも。
 
 そう思って、ロードの話題を出そうとした矢先のことである。
 先輩♀が、先輩♂の趣味の品々が部屋を狭くしているので、色々と処分しているという話を始めた。
 そして、家の中に置いてあったロードにも、その矛先は向いた。

先輩♀「家の廊下に自転車置いてあるんだよ! 意味わかんないよね!」
 ……ですよね。分かります、私もかつてそう思ってましたもの。

のるひと「えっ。で、ロード処分しちゃったんですか……?」
先輩♂ 「いや、折衷案でベランダに置いてある。本当は、サビとか怖いから外に置いときたくないんだが……」
先輩♀ 「あははは~(←絶対にそろそろ捨ててやる、という表情)」

 完全に流れはこちらに来ていないな、と思ったのだが、ロード購入しましたと勢い余って報告。
 先輩♂は随分盛り上がってくれて、メーカーとか、値段とか、アルミかカーボンかとか、あれこれ聞いてくれた。
 私もテンションが上がってしまい、あれこれ答えていた。
 同期♂はなんか爆笑していた。失敬なやつ。
 先輩♀は無言であった………
 さらに勢い余って、「今度サイクリング連れて行って下さいよう」と言いそうになったが、先輩♀が既に全然笑顔ではなかったので、やめておいた。
 思ったことをなんでもかんでも口にしていたら、無用な軋轢が生まれてしまうのが人の世なのである。

 結婚とはじんせいのはかばである、とはよく言ったものだなぁ、と思っていたのだが。
 職場の上司でロードが趣味の方に、「バーテープ交換したのです」と報告したところ。

上司「僕ものるひとさんに報告しようと思っていたことがありまして」
のるひと「なんでしょう」
上司「新しいロードバイク、買ったんですよ」
のるひと「えっ……えっ?! ちょ、バーテープとか言っている場合じゃないですよ! どこのメーカーですか!」
上司「サーヴェロです」
のるひと「あの(新開さんお坊ちゃま説を色濃くするほど)お高いと有名な……?」
上司「そうなんだよ! 妻には事後承諾だよ!」

 ……それ承諾取れてませんって上司! とだいぶ楽しい気持ちになった。 
 写真を見せて頂いたのだが、ごつくてかっこいい自転車である。
 あとから検索してみたのだが、多分4、50万円くらいのクラスのではないかと思われる。
 
 やっぱり結婚って一般化されるものじゃなくて、相手との交渉力とか、自分の熱意とか、そういうもので、はかばにも楽園にもなるものなんだなぁ。
 私の場合は、結婚談を聞くたびに必ず男側に自分を置いてしまう女子力の低さをなんとかしない限り、心配無用という感じなのだけれど。

 今日は病院でお薬をもらったり、友人の誕生日プレゼントを買ったり、金曜日に迷惑を掛けてしまった(しかも上司にめちゃめちゃいいお店に連れていってもらう予定だったので、先に退勤してしまった……)同僚への差し入れ用のお菓子を買ったりして午前中を過ごした。
 もちろん、スコットくんはお供してくれるのである。

 いい景色なのでちょっと休憩。

 IMG_0489.jpg
  
 お菓子を買ったお店は、以前一度行ったことのある、cona.さん。
 休業中のところを開けてくれたうえ、おまけのお菓子まで下さった。

 IMG_0488.jpg
 
 うまうま。
 
 それからヘルメットでぺたっとした髪とほとんどすっぴんのメイクを慌てて整えて、おデートへ。
 それを早々に切り上げて、エステへ。
 女子力が高いんだか低いんだか分からないって書こうとしたけれど、明らかに低いことに気付いてしまった。

 どこかに落ちているのかな、女子力。


にほんブログ村 自転車ブログ 女性サイクリストへ にほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへ
 

Comments

こんばんは。

家族にスポーツ系の自転車の実態を理解して貰うのは大変ですよね。

ロードバイク完成車で10〜20万円台しちゃうのは(もっと高額もありますが。)当然だったり、のめり込む人ならフレームだけを買ったり、室内保管が基本だったり、自転車で普通の人が『それ、自転車で行く距離じゃないよ!』って距離を走ったりetc。

一番いいのは家族も自転車が趣味になれば、そんな事も理解して味方になってくれるのですけど。

乗る人さん、エステ&デートなら女子力高いじゃないですか?
自分の周りじゃエステに行く女性なんて聞いた事ないですよ?

P.S. そうそう。自分も報告です。
ようやくコンポを交換して、アルテグラにします。
はっきり言って完全に&完全にもう一つ付け足す位完全に分不相応ですが少ない小遣いをやり繰りしてf^_^;)
GWに走りに行けるかな?

こんにちは♪

結婚は墓場なんかじゃないっっっ!!!!!
自分の嫁は15万円のロードを一括払いで買ってくれました♪
でも、共働きの為に洗濯物を干したり、取り込んで畳んだりやお風呂を洗ったり食器の洗い物をしたりと家事を分担しています。
楽園とまでは言わないけど幸せです♪ 自転車に乗る時間は少ないですけどネ、

女子力が低いんですか???
それはこれから上がるって事じゃないですか♪
ヘルメットでペタっとしてたって、すっぴんんだって、エステに行かなくたって女子力は上げられるし、
無駄に上げる必要もありませんヨ♪
大切なのは自分自身で居る事です♪

Re: タイトルなし

>イチロー様

 コンポ交換、おめでとうございます!!
 私は全然コンポとか詳しくないうえ、ロードバイクはスコットくんしか乗ったことが無いので、違いを実感したこともないのですが、詳しい人々に聞くと全然違うそうですね。
 ハイグレードコンポ、かっこいいです☆

 スコットくんは105で、お店の方からは「初ロードに105は充分なグレードですよ!」と言われたのですが、そうなんですかねぇ。
 周りのロード乗っている知人に話題を振ってみたいのですが、「105」を「ひゃくご」と読むのか「いちまるご」と読むのかはたまた「one hundred and five」と読むのか笑、分からないため、聞けずにおります。 

 備品の色を変えたり、性能を変えたり、色々カスタマイズできるのもロードの楽しみなのかもしれないと思いつつある今日この頃です。

Re: タイトルなし

>saxwolf様

 いつもコメントありがとうございます。
 貴重なご意見もありがとうございます!

 これからもどうぞお幸せに~★

〉乗る人さんへ。

ありがとうございます。
貧脚なんで自分には勿体無いグレードのコンポなんですが、趣味の世界だし“じこまん”でアルテグラに決めました。
月末にはショップへ取りに行きます。

新型105でも良かったんですが、クランクの裏面の仕上げが好きでなかったんで(シマノの技術者さん、ごめんなさい。軽量化とコストの苦心が見えるのですが…)。

お陰で当分は《節約生活》ですf^_^;)

《105》は“いちまるご”って言ってますよ。
自分は今のロードバイクを購入する時に、店主さんの説明で《『レースに出場するなら最低でも105を』ってメーカーは言ってますよ。普段使いなら105で十分です。》って聞きました。

バーテープの赤がスコット君に似合いますね。

Re: タイトルなし

>イチロー様

 頂いたコメントからの勝手なイメージなのですが、ベテランの香りがします。 
 多分貧脚っていうのも、ご謙遜だと思われます!
 月末、楽しみですねぇ。

 いちまるごって読むのですね! ありがとうございます。
 私も確かスコットくんを購入した際、「このコンポだったら、万が一レースに出たくなっても問題なしだよ」と店員さんに言われた記憶があります。
 「いやいや、レース? 出ませんよ」って笑った記憶もあります笑。

 バーテープ、褒めて下さってありがとうございます。

 

Post a comment


Only the blog author may view the comment.

«  | HOME |  »

2017-05

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

プロフィール

 

のるえ

Author:のるえ
2014年11月22日からロードに乗り始め、未だ飽きる気配なし。
相棒は、SCOTT Speedster 20(2015年モデル)のスコットくん。

 

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ