Latest Entries

旅の記録〜しまなみ完走!!〜

 生口島のドルチェにて、完走に向けて駆け抜ける覚悟を改めて固めた自転車組。
 
 生口島から因島へは、生口橋を渡る。
 これが、「橋の上」を走る最後の機会。すっかり雨も止んで、でも日が照っているわけではないので涼しくて、とにかく走りやすい天気になった。

 IMG_1770.jpg

 因島に着いたのが14時半過ぎ。
 多分、サンライズ糸山のおじさまの情報よりも早めに雨が降り始めて、その分早めに上がったのだろう。
 疲れている最後で雨が降るよりは、最初に降ってた方がマシだとも言えるし、何より、おじさまの「夕方まで大丈夫☆」という謎の請負いがなければ走ることもなかったので、今は感謝の念でいっぱいである。

 因島では、のるひとが個人的に1番楽しみにしていた補給。

 IMG_1771.jpg

 はっさく大福である。
 
 IMG_1772.jpg

 後で知った情報によると、因島でははっさく大福があちこちで販売しているらしい。
 こちらの大福は、はっさくが生のまま沢山入っていて、その苦味と白あんがぴったり合っててとても美味しかった。
 もう1つ有名な、カフェオレ大福も食べたかったのだけれど、既にお腹がいっぱいだったので断念。
 ちなみに、らぴちゃんはしっかり2個とも完食。
 のるひとは走っている間、お腹が空かないとものが食べられない(←そして疲労によってお腹が空く頻度が落ちていく)タイプで、全て走り終わって安心するとがっつり食べたくなるのだけれど、ライド中はどか食いできないタイプみたいだ。
 いつでも沢山食べられるらぴちゃんは、多分ブルペ向きなんだろうねぇ、と会話しながら、大福を立ち食い。
 自転車が横にあるという言い訳がないと、アラサーで立ち食いはできない。こういうお行儀の悪さが楽しい。

 そうこうしているうちに、車組のペダルちゃんより、「大山神社にてお守りゲット」の連絡が入った。
 神さまペダルさま、と拝みながら、車組の2人にもはっさく大福のお土産を購入。

 因島が終わりに差し掛かる頃、我々の目の前に謎の物体が。

 IMG_1775.jpg

 大きい恐竜だー!
 しまなみ経験者の師匠ちゃん以外の2人は、この脈絡のない巨大建造物にびっくり。
 足元に置いた自転車たちと比較すると、その大きさも一段と分かるというものだ。
 NYに友人と旅行に行った際、わざわざ別行動にしてまで博物館を見に行ったほどの恐竜好きののるひとは、このサプライズにテンションが上がりまくり。
 
 恐竜を通り過ぎて少し進めば、眼前に因島から向島に渡る因島大橋が見えてくる。
 この時点で16時過ぎ。日没との競争、という意味では、もうゴールまでの時間を気にしなくてよさそう。
 それより、この旅最後の橋を渡ることへの感慨が高まってくる。

 IMG_1779 (1)

 因島大橋は、上を車が、下を自転車が走るという構造になっている。
 橋の下を走る非日常感に加えて、剥き出しのコンクリートの感じや、柵越しに見える海や空といった風景が何だか近未来的で、楽しい。
 
 しまなみ旅への名残惜しさもあって、沢山写真を撮った。

 IMG_1781.jpg

 IMG_1782.jpg

 橋の終わり付近では、外の景色がより見えてくる。

 IMG_1783.jpg

 この空の色が綺麗すぎて、思わず先を行く師匠ちゃんを呼び止めてしまった。

 IMG_1785.jpg

 ここで、この後の道のり会議。
 私としては、真っ直ぐ尾道に向かってもいいお腹具合と疲労具合だったのだが、向島には師匠ちゃんが1番楽しみにしていた補給所・ラムネ屋さんがあるので、そちらに回り道してからゴールとする事に。

 橋を渡り終えて、向島にて。
 こんなに美しい景色を、自分の足、自分がペダルを漕ぐ力によって見に来られたことに、単純な私は感動を抑えられない。
 最後にこんなに綺麗な景色が見られるのなら、雨の中走った苦労も報われるというものだ。
 
 IMG_1786.jpg

 向島に入った途端、何故かびっくりするくらい疲れが出てきた。
 最後の島だという安心感と、危険はゴール付近にこそあるぞ、という緊張感からかもしれない。
 へろへろになりながら、17時に後藤鉱泉所さんに到着。
 なんと、再び車組と偶然の再会。
 またまた弱った時の再会で嬉しくなって、自分の体が雨に濡れた後だということも忘れて、思わずペダルちゃんに抱きついてしまった。
 ペダルちゃんは、「ちょうどいいところに! ちょっとお店のおじさんと写真撮りたいからシャッター宜しく」とあくまでクールだったけれど、ね! 

 昔ながらのガラス瓶に入った、爽やかな味のラムネ。
 一気に飲み干して元気が出てきた。

 IMG_1791.jpg

 ちょっとびっくりなことに、向島には野犬がいっぱい。
 その恐怖と戦いつつ(そして、犬を怖がる師匠ちゃんに対してこの旅初めて優位に立ちつつ)トイレ休憩を済ませ、再出発。

 ついにフェリー乗り場に到着。

 IMG_1792.jpg

 ここで、しまなみ走破は終わり。
 ずっと夢で、目標だった場所を、ついに完走してしまった。
 感動と疲労がごちゃ混ぜになって、何だかよく分からない気持ちのまま、フェリーへ。
 
 のるひとが知っているフェリーと全然様子が違くて、何ならただの地面だと思っていたものが突然動き出して、またまたしまなみ初心者のらぴちゃんと私だけキャーキャーと騒いで周りのライダーさんに笑われたりもしつつ、ついに尾道の地に降り立ったのだった。

 お疲れ様、スコットくん。
 私を初めての場所まで連れて来てくれてありがとう。
 荒い輪行で遥々連れて来られ、雨の中の激走に付き合わされたのに、不調にならないでいてくれてありがとう。
 所々ついている傷や泥汚れが何だかワイルドで、相棒感が増していく気がした。

 IMG_1793.jpg


 もちろん、ビビリなのるひとは、尾道についても一安心とはいかない。
 師匠ちゃんの華麗な先導でこの日のお宿に着いて初めて、心の底から安心できた。
 天気のために紆余曲折あったけれど、しまなみ海道、無事に完走!!

 にほんブログ村 自転車ブログ 女性サイクリストへ にほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへ


 次は完全におまけの、「お宿&尾道探訪&お土産自慢」の記事の予定。


Comments

こんばんは、乗る人さん。

ついにしまなみ海道走破しましたね。
おめでとうございます(^o^)/

自分もいつかは走りたいって思って、雑誌の記事を読んだりしますが、ブログを読むとやはりサイクリストの聖地なんですね。宿の人や飲食店の人も自転車に理解がある人が多いみたいですし。

親友との良い思い出になりましたね。
今年の夏か秋には自分もしまなみ海道へ行きたいなぁ。

はじめまして。
いつも更新を楽しみにしています。

しまなみ行きたいーと思っているので、情報収集のつもりで読んでましたが、「完走できたのー?どうなのー?」とドキドキしながらブログ更新を待ってました(笑)
とても楽しい旅になってよかったですね。
読み終わって、関係ない私がホッとしました(笑)
次の更新も楽しみにしています。

走破おめでとうございます!!
私もいつかは行きたいと思っている所なので、寄り道の場所等参考にさせてもらいます!(雑誌等よりも参考になります)

次は「アワイチ」などいかがですか?(^_^;)

Re: タイトルなし

> イチロー様

 ついに走破しました! 嬉しかったです。

 イチロー様も機会があったら是非行ってらして下さい。
 聖地になるにはなるだけの理由がありました! 
 食いしん坊の私にとっては、美味しい寄り道処が沢山あったのが1番嬉しかったです笑。

Re: タイトルなし

> サカナ様

 初めまして、コメントありがとうございます。
 そして、私自身が走っている間感じていた、完走できるかな、というドキドキ感を共有して頂いたようで嬉しいです!

 個人的な経験なので情報収集にどこまで資するかは分からないのですが、初しまなみなので、かなりオーソドックスなルートを走ったんじゃないかしら?と思います。
 特に今回お邪魔した食べ物処は、どこのお店もとっても美味しくて自転車乗りに優しいので、おすすめです〜♪
 

Re: タイトルなし

> Kaz様
 
 ありがとうございます。無事に楽しく走ってまいりました。
 
 寄り道の場所というと、食べ物処になると思うのですが笑、行ったところは全て外れなし☆でしたよ〜!
 次の旅はどこにしようかな、とちょっとだけ考え始めている今日この頃です。
 淡一、大島ライドより大変そうなんですよね…笑

こんにちは( ´ ▽ ` )ノ桃饅頭です。
しまなみ走破おめでとうございます!
紆余曲折ありながらも、終わってみれば最良の判断を引き続けたライドでしたね!
なんだか小説でも読んでいるかのように感情移入してしまいましたw
かねてから目標だった場所だけに、雨で途中リタイアとか悔やまれるでしょうから無事走りきれてホッとしました。

最後の夕陽は旅の終わりを飾るのに相応しい優しい風景ですね。
3台並んだロードバイクもなんだか絆のようなものを感じてしまいます。
またいつの日か、皆で晴れたしまなみ海道を走る事を夢見てしまいますね(*´ω`*)

Re: タイトルなし

> 桃饅頭様

 ありがとうございます! 無事に楽しく走破できました。
 色々迷いつつ走り続けたのですが、結果的には悔いのない旅になって良かったです。
 運と仲間に恵まれました。

 夕日と3台並んだロードの写真はお気に入りの1枚になりました。
 全員同じ構図で撮っていたので笑、それぞれのスマホの中で大事に保存されることでしょう!

Post a comment


Only the blog author may view the comment.

«  | HOME |  »

2017-06

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

プロフィール

 

のるえ

Author:のるえ
2014年11月22日からロードに乗り始め、未だ飽きる気配なし。
相棒は、SCOTT Speedster 20(2015年モデル)のスコットくん。

 

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ