Latest Entries

伊豆大島旅行〜おまけのお夕飯&2日目編〜

 港の写真を撮って大満足して、本日のお宿を目指す。
 港の前にある長めの坂道を登ったところにある、ホテル白岩さんに宿泊の予定。
 疲れ切っているうえ、港で達成感を感じた我々に、最後の坂道はきつかった…!
 これきつい! どこまで上がればいいの!と騒ぎながら(最後は押しながら)お宿の向かいに到着。
 車が途切れるのを待って、向こう側に渡ろう、というところで。
 通りすがりのおばあちゃんに、また話し掛けられる。
 なんでも、最近、伊豆大島でアジア選手権があったらしく、一般の皆様の自転車への好感度がすごく高まっているみたいなのである。
 アジア選手権の話、今日1日のおばあちゃまの運動の話、スマホの使い方の質問、などなどに応じていて、なかなか向こう側に渡れない!
 ちなみに、こういう時、最初に話し掛けられて応対するのはのるひと。
 歩いていても自転車に乗っていても、結構頻繁に人から話し掛けられるので、割と慣れているのである。なんだろう…話し掛けやすい人畜無害そうな顔でもしているのかな。それとも単に暇そうなだけ?
 でも、今日の私は、心の余裕のなさがマックス。
 この時も、早く宿に入りたい、ぐちょぐちょに濡れた絆創膏を変えたい、寝っ転がりたい、と欲望が頭を占め、途中から相槌を完全放棄。空気を読んで頂けないかなぁ、とお宿を見つめる。
 その間、応対はらぴちゃんが担当。師匠ちゃんは、「やばい、のるひとが限界や…ご飯の時間を予約していると嘘をついて振り切るべきか…⁈」と悶々としてくれていたらしい。最後まで気を使わせてすまんー!

 ようやく道路を渡れ、今度こそゴール。な、長かったー!!
 
 こちらのお宿、ちゃんとサイクルラックがあって便利。
 我々以外に、ピナレロ、ウィリエール、オルベアの3人組の男性陣も泊まっていた。

 IMG_1394.jpg

 自転車はこの中。すごい安心感である。

 IMG_1395.jpg

 お宿自体はとても古めで、なんていうか、修学旅行というか、部活の合宿感がひしひしと感じられる。

 部屋に着いた途端、寝っ転がりながらも、急に来られなくなったペダルちゃんのキャンセル作業をするらぴちゃん。
 お茶を用意してくれる師匠ちゃん。
 絆創膏を変え、レーパンを洗い、死んだように横たわるのるひと。
 のるひとの使えなさがますます露呈。
 
 あたたかいお茶と、椿饅頭に癒されたー。

 IMG_1396.jpg

 待ちに待った温泉を楽しんでから、こちらも待望のお夕飯の時間である。
 
 量がいっぱい!
 
 IMG_1398.jpg

 1番の売りはこちら。
 
 IMG_1400.jpg
 
 これを、

 IMG_1401.jpg

 これで揚げるのだ。
 椿油フォンデュ、というメニュー。楽しいし美味しいので、こちらのお宿に泊まるなら、ぜひご賞味あれ。
 
 らぴちゃんが3杯、のるひとも2杯弱の白米をぺろっと食べて、ますます運動部の合宿ムードが漂う。
 お茶もセルフだったりして、まさか布団も敷いてくれてないのかなー、疲れ切っているからそれはつらいなー、などと言いつつ部屋に戻ると、ばっちり布団が準備してあって、そんなことでもはしゃぐ我々。
 
 その後は、翌日の計画を立ててみたり、港から宿までの送迎を予約するためにフロントに行く必要があって、誰がもう1度部屋を出るかを掛けた熾烈なジャンケン大会が開催されたり、負けたらぴちゃんが悔しいからとついでにハーゲンダッツを買ってきたり、それを食べるらぴちゃん(とおこぼれをもらうのるひと)に「どんだけ食べるの、あなたたち…」と師匠ちゃんがドン引きしたりしつつ、翌日の計画を決め終わる前に、のるひとが寝落ち。
 2人に、「のるー、これでいいよね?」と明日の予定を確認され、夢うつつに返事をしてから、皆で就寝。せっかくだから恋話でもしようかと一瞬くらい思ったけど、もちろん無駄な足掻きであった。
 なんと、9時就寝で、翌朝7時半に掛けた師匠ちゃんの目覚ましがなるまで、皆安らかに眠った。合宿か!

 翌日は、リスやウサギでも愛でようぜ、ということで、椿花ガーデンへ。

 スタートの元町港。 
 この日は、帰りのジェット船も元町港出港だったので、ホテルに一旦帰る必要もなくなった。
 荷物を預けて、いざ出発!

 IMG_1405.jpg


 ハンドルにスマホを取り付ける器具があるのはのるひとだけ、ということで、今日のナビは私が担当し掛けた、のだが…。
 のるひと、片手運転が下手すぎて車道で手信号が出せない。
 止まる時は声に出して言えばいいよ、と言ってもらっていたけれど、後ろにいる人に聞こえるくらいの声を、自転車で走りながら出すって、なかなか難しいんだなぁ。
 何度か後ろをヒヤッとさせたあとで、師匠ちゃん、らぴちゃん、のるひと、の順序に戻ることに。
 下ハンに加えて、手信号(というか、まずは片手運転)もちゃんと練習しなければ…! なかなか人と走る機会がないから、つい練習を怠っていた自覚はある。
 あと、私は徒歩で設定して経路を見ていたのだけれど、狭い脇道とかに入ってしまわないように、車で設定したほうがいいよ、と師匠ちゃんに教えてもらった。

 途中、ちょっと道を確認していたところで、なんと道の向かい側のおばあちゃんから大きな声で話し掛けられる。
 アジア選手権の話やなんやをしている途中で、師匠ちゃんが出発(お昼の時間と船の時間があるので、この日も師匠ちゃんは時計を気にしてくれていた)。
 心優しいらぴちゃんは、おばあちゃんが話している中、出発できず。でもでも、師匠ちゃんとの距離がどんどん開いちゃうよー!

のる 「らぴ、もう行こう」
らぴ 「え、今…⁈」
のる 「だって、師匠ちゃん見えなくなっちゃうよ! はぐれちゃうよ!」
らぴ 「う、うわー」

 らぴちゃん、出発。
 のるひと、「ありがとうございまーす!(特に応援を受けたわけではないけれど) 行ってきまーす!!」とやたらと大きい声で言いながら、出発。

 椿花ガーデンは山の上の方にあり、足ついたり、押したり、また乗ったり、を繰り返しながら進む。
 上り坂途中の最後の休憩ポイントから、次のゴールまで、なんとか足をつかずに行けたことを師匠ちゃんに報告すると、よしよししてもらえたー。褒めて伸ばす方針なんだな。私は怒られるとぺしょんってなるタイプなので、ぴったりだ。

 椿花ガーデンにも、サイクルラックがあり、島をあげて自転車を歓迎していることがうかがわれる。
 入口の休憩所には、こんなものも!

 IMG_1406.jpg

 椿まつり期間に伊豆大島を訪れた我々、ようやく椿の写真を撮る。

 IMG_1407.jpg

 IMG_1418.jpg

 IMG_1423.jpg

 IMG_1424.jpg

 IMG_1425.jpg

 この間、自分たちの女子力っぷりにはしゃぐ昭和最後の世代の私たち。
 でも、1番テンションが上がったのは、こちら。

 IMG_1410.jpg

 リス村の名前がついているのに、なぜか一匹しかいない、リス。

 展望台は手作り感満載で怖かったけど、景色は良かった。
 でも、高所恐怖症気味ののるひとは、風が吹くたびにぴぃぴぃ言ってた。

 IMG_1429.jpg

 それから、うさぎのコーナーへ。
 あんまり期待値を上げないようにね、と互いに声を掛けつつ行ったのだが、思いのほか広いところに、思いのほかたくさんのうさぎがいて、我々のてんしょんは上がった! 1人1回ずつ餌をあげた後で、らぴちゃんなんて、もう1回餌を買っていたほど。師匠ちゃんは、「ホストに貢ぐ構図だ…」とニヤニヤ。
 のるひとは、せっかくうさぎなんだし…ということで、友にばれないようにオタク活動を開始。

 こちらの左下が、のるひとが発見した中で最も新開さんっぽいうさぎ。

 IMG_1458.jpg

 飯くれ! 飯くれ!

 こちらが、のるひとが発見した中で最も今泉くんっぽいうさぎ。

 IMG_1465.jpg

 全然寄ってきてくれないんじゃー。

 年甲斐なくうさぎの餌やりを満喫してから、おやつの時間。

 まずはリス焼。味は人形焼そのものである。

 IMG_1468.jpg

 誰一人として中身の写真を撮らず、頭からムシャムシャ食べたのは一体どういうことなのか…。

 続いて、牛乳せんべい。
 焼き立てだったのと、持ち帰り中に割れてしまいそうだったのとで、1人3枚もぺろっとこの場で頂いた。
 
 IMG_1469.jpg

 さて、食べてばかりだが、お昼を食べるために元町港へと戻る。
 椿花ガーデンのスタッフのお兄さんからは、「三原山行ったらどうですか? クロスのおじさんでも2時間掛かりませんでしたよ!」と何度もお声掛け頂いたけれど、ヒルクライムはお腹いっぱいなのだ。
 
 ダウンヒルはあっという間。行きの半分以下の時間で、元町港に到着。
 元町港付近の公園に自転車を止めて。

 IMG_1471.jpg

 師匠ちゃん、らぴちゃんがそれぞれのルートでおすすめされていた、すし光というお寿司やさんへ。
 こちらの席からだと、ちゃんと自転車が見下ろせるのだ。

 IMG_1472.jpg

 名物のべっこう寿司を含む、握りのセットを3人で食べた。やっぱり海に囲まれているだけあって、お魚が美味しいぞ!
 今日の摂取カロリーは、明らかに消費カロリーを上回ってるね!

 IMG_1474.jpg

 このあとは、会社や自分や、そして来られなかったペダルちゃんへのお土産を買ったり、輪行したり、荷物を整理したりして、出港の時間を待った。
 のるひと、師匠ちゃんとらぴちゃんにならって、ヘルメットを輪行袋の方に収納(自転車のフロントフォーク?にくくりつけた)。リュックにだいぶ余裕が生まれて、会社のお土産も詰め込むことができた。
 
 伊豆大島最後は、大好物のプリンで締め。
 飲み物みたいにやわらかかくて、美味しかったー。

 IMG_1477.jpg

 伊豆大島旅行1日目で足りなかった、「地元グルメ」も2日目にばっちり満喫し、買いたいお土産も買って、大満足で締めくくり。
 唯一足りなかったのは、師匠ちゃんとのるひとで行きのジェット船で話していた、「ロード乗り(未婚男性)」との出会いかな? 残念ながら、地元のおばあちゃんにしか話し掛けてもらえなかったね、と爆笑。

師匠 「パンクしたところをイケメンに助けてもらう計画は実行できなかったなー(←自分で対応できるくせにこういうギャグを言う)」
のる 「私の落車が1番のチャンスだったよね。誰かに助け起こしてほしかったよねww」
師匠 「友しか駆けつけなかったねww まあ、友情を再確認した旅ってことで」

 乗り込んだ船は、こちら。
 伊豆大島行きのジェット船は、それぞれ違うペイントがしてあって、それにちなんで、愛とか、夢とか、可愛い名前が付いている。ちなみに、私たちが乗った行きの船は、「虹」。
 帰りの船の名前はなんだろうね、「友」だったら今回の旅にぴったり!とはしゃいでいたところ。

 IMG_1478.jpg

 「大漁」だと判明。
 突然テイスト違いすぎじゃない⁈と、ジェット船の中でまた爆笑。疲れとテンションの高さで、人って笑いの沸点が低くなるなぁ。

 ジェット船の中では、竹芝からそれぞれの家への帰宅ルートを思案。
 でも、「自走するか、ちょっと怠けて輪行するか」で悩む師匠ちゃんと、「輪行するか、ちょっと怠けてタクシー乗るか」で悩むらぴちゃんとのるひとの間には雲泥の差があり。
 結局、師匠ちゃんは自走。輪行すると落車の時にできた打ち身に自転車が当たって痛すぎるのるひとと、家が遠目のらぴちゃんはタクシーで帰宅。タクシーの運転手さんからやたらと飴をもらったんだが、そんなに疲れた顔してたかしら⁇
 無事に家に帰るまでが旅! 全員、きちんと旅を完了させることができた。

(おまけ)
 
 今回の自分へのお土産。

 右端の、椿油の絵のポストカード。
 
 IMG_1488.jpg

 ちなみに左端は、スコットくん納車前に、スコットくんの母国出張中に購入したもの。
 真ん中は、トランジットでオランダにいた折、自転車柄のTシャツがほしかったけれどサイズを確かめている時間がなくて、悔し紛れに購入したもの。

 で、今回、Tシャツリベンジができたのである 
 
 伊豆大島と自転車モチーフのTシャツ。

 IMG_1486.jpg

 IMG_1489.jpg

 かーわーいーいー。3人お揃いなのである。
 夏に、これを着てサイクリングに行けたらいいなー。


にほんブログ村 自転車ブログ 女性サイクリストへ にほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへ


Comments

最後まで

楽しませていただきました!、途中のフミ ユキヤの応援幕に笑ったりと笑いまで提供してくれるなんて^ ^さすがですね

ブログで楽しませてもらったので、プレステ4買って帰ります^ ^

乗る人さん、こんばんは。
伊豆大島の旅、中高生の部活合宿みたいですね。
しかも引率の先生も先輩もいない、しごきも無い、最高の旅(−恋愛?)。
コロッケも食べたし、バームクーヘンも見たし、お寿司にプリンに宿の食事に…etc。
楽しいのが満載(^^)

それから、何故かおばちゃんに頻りに声掛けられてますね。
田舎の町だと、なかなか若い人と話す機会も限られてくるし、乗る人さんはご存知ではなかったようですが、今年のロードのアジア選手権が伊豆大島で開催されたので、ロードバイクの好感度が上がったんでしょうね。(日本開催という事でフミ(別府史之選手)、ユキヤ(新城幸也選手)の優勝の可能性が高かったですが、3位と2位でした。残念。)

P.S. 膝の調子はどうですか?《不意にぶつけると悶絶》って書いてましたが。

こんにちは( ´ ▽ ` )ノ桃饅頭です。
リクエスト通りの2日目編ありがとうございます!
今回は笑いの要素が豊富で、個人的には全然寄ってきてくれないウサギの写真と「大漁」がツボでしたw
合宿みたいな部屋でのやり取りも3人ともキャラができ上がっていて実に微笑ましいですね(〃▽〃)

ところでハンドサインについては練習するとして、追突防止にブレーキランプなんて便利な代物があるのはご存知です?
ブレーキで手が塞がってしまう下り坂や急制動時も後続にブレーキ状況を伝えられるので、仲間内で走る分にはかなり使えますd(・∀・ )
お友達と走る機会が増えるようなら、こういったものの導入もご検討あれ。
自分たちも使ってますので、またお会いした時にでもお見せしますね。

Re: 最後まで

> rukachi様
 
 コメントありがとうございます!
 プレステ4も楽しんでくださいねー♪笑

Re: タイトルなし

> イチロー様

 選手権の話は、おばあちゃんたちの話で知って、詳しい師匠ちゃんに教えてもらいました。
 ついでに、(たまたまですが)応援幕や選手のサインも見てきましたよー。
 自転車ルートを示す青い線が1週分ちゃんと引かれたり、地元の人たちの間での自転車への理解も高まったりと、色々意味のあるイベントだったみたいですね! 
 遊びに行く我々にとってはありがたい限りです。
 
 傷はだいぶ良くなりましたー♪ 
 ご心配ありがとうございます。

Re: タイトルなし

> 桃饅頭様

 3人、意外とキャラ立ってますねぇ笑。
 師匠ちゃんとは、最近まで全然一緒に遊んでいなかったのですが、自転車という共通の趣味のおかげで、急に距離が縮まりました。
 でも、彼女たちにもブログバレしていないので、見つかっちゃったらこんなにネタにしているの、怒られちゃうかもしれないですね!! 
 自転車の写真も載せているし、見てもらっても面白いかもしれないのですが、突然オタクネタをぶっ混んだり、心の動きを延々語っていたりする部分もあるので、恥ずかしくて。見つけてもスルーしてもらえたら有難いなぁと思っています笑。

 そして、ブレーキランプ! とても興味ありです。
 ぜひ、いつか拝見させて下さいませ〜

 
 

Post a comment


Only the blog author may view the comment.

«  | HOME |  »

2017-10

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

プロフィール

 

のるえ

Author:のるえ
2014年11月22日からロードに乗り始め、未だ飽きる気配なし。
相棒は、SCOTT Speedster 20(2015年モデル)のスコットくん。

 

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ