Latest Entries

自転車とともに海外引越をする話

 にほんブログ村・海外サイクリングカテゴリーでは初めまして。
 のるえと申します。
 2014年11月からロードバイクに乗り始めました。
 今年の秋から米国に引越し、2年弱ほどそちらで生活する予定なので、カテゴリーを追加しました。
 出国まで少し間があり、かつ、自転車が手元から一時的に離れているので、当面更新はほとんどありませんが、いずれはカリフォルニアの青空のもと、自転車でまったり楽しむ記録が書けたらいいなぁと思っているので、どうぞ宜しくお願いします。

 相棒はスコットくん(SPEEDSTER 20の2015モデル)。

 IMG_2334.jpg

 
 以上、自己紹介終了!

 本日、スコットくんを船便として出した。
 海外に自転車を送る、というのは私にとっては一大イベントで、業者の方に色々聞いたり、購入時からお世話になっているショップの店長さん(本場・欧州で自転車の整備をやっていたらしき猛者)からアドバイスを頂いたりした。
 同じように海外引越をするローディさんがいらっしゃったら、もしかしたらちょっとくらい参考になるかもしれなくもないので、記録を残しておくこととする。

①引越業者に梱包方法を確認すべし
 のるえの場合、会社の規定上、2社に見積もりを依頼。
 「ホイールとフレームを別々に梱包」という会社と、「自転車をそのまま梱包」という会社があり、前者を選択。
 店長さんからも、ホイールとフレームは別々に、それぞれ緩衝材でぐるぐる巻きにして送付するのがいいでしょう、と教えてもらった。

②船便か航空便か決めるべし
 船便の場合、1か月半から2か月くらい時間がかかる。それが、航空便だと2週間。
 なるべく自転車を手元に長く残しておきたい場合は、航空便の方がいいはず。
 もっとも、私の場合、社費での渡米で、引越方法にも指定があり、航空便の制限には自転車が収まらなかったため、船便を選択。引越業者2社に聞いてみたところ、「自転車だったら船便ですね!」という先と、「荷物を一旦見せてもらってから、船便か航空便か決めましょう!」という先があったので、予算制約等がなければ相談してから決めるのもいいかも。

③自分で組み立てられる範囲までばらすべし
 私の場合は、いつもの輪行同様に、前輪、後輪を外すくらいの解体にとどめた。
 もちろん、ハンドルを外せばよりコンパクトになるし、ペダルを外したり、スプロケを解体しておいたりすると、無事に届く可能性はより高まる、かもしれない。
 とはいえ、ちゃんと梱包するなら、傷はともかく壊れる可能性は低いようだし、何より行った先ですぐに信頼できる自転車屋さんにめぐり合うのも難しいと思うので、私は「自分で現状復帰できる」ことを最優先にした。

 以下が、私がやったこと。

 ホイールを外す。レバーのネジが外れないよう、外した後でぎゅっと締め直すのを忘れないように(←輪行の時、いつも忘れてしまって、ネジを探して輪行袋を引っ繰り返したことが度々)

 IMG_2339.jpg

 フレームの方も、いつもの輪行スタイルで。
(梱包してくれる人に、この形のまま立たせてもらうか、あるいは、サドルとハンドルを下にして立たせてもらうと安定すると思います、とは伝えておいた)

 IMG_2342.jpg

 フレームの剥き出しになっている部分に、自分で緩衝材を巻いておく。
 この緩衝材は、全部のパーツに当てはめられるように、店長さんがサイズを見繕って分けて下さった。
 店長さん曰く、「新しい自転車を海外から取り寄せる時に必ずついてくるもので、お店には余ってるので、いくらでも分けてあげられますよー」とのこと。
 他のお店でもそうなのかは分からないが、一応、相談してみるのもいいかもしれない。

 IMG_2343.jpg

 IMG_2344.jpg

 最後に、お守りを装着して完成。

 IMG_2346.jpg

 付けたお守りは、今年のGWで友人たちとしまなみ海道に行った際、(自転車組は諦めたけど、車で同行してくれていた友人が)買った、大山神社のもの。
 普通のお守りと、盗難防止お守り。ご利益を少しでも取っておくべく、今日まで取り付けずにいたのだった。
 
 FullSizeRender (7)

 あとは業者さんと神様に全てを委ねるのみ、である。
 再び相棒と会えるのは、9月半ばか10月くらいか……。まだまだ長い。
 
 早く自転車に乗りたいぞー!

 にほんブログ村 自転車ブログ 女性サイクリストへ にほんブログ村 自転車ブログ 海外サイクリングへ

 
 

ご近所ラストライド

 秋からアメリカに行く。
 乗り手の出発はまだ先だが、大きい荷物は船便で出さなくてはならず、スコットくんは一足先に日本を離れることになる。

 家族旅行から帰ってきた翌日の9日。
 出国前ラストライドの第1弾。
 
 午前中にビザ取得等に行っていて、暑い中炎天下での待機にぐったりしたこともあって、のんびり16時に出発。
  
 これまで、「気軽なサイクリング」で幾度も訪れた多摩川CR。
 思えば、会社の上司さんたちと自転車に乗ったのはここ。最初はこの橋に着くだけで感動だった。
 その後、らぴちゃんとの遠出第1弾も、多摩サイを通っての羽田空港ライドだったなぁ。その時、自転車に乗っていないのに、ペダルちゃんやみどちゃんといった友人も来てくれて、のるえの中での、「自転車部」が結成したのだった。
 
 IMG_2260.jpg

 いつもの休憩場所で。

 IMG_2261.jpg

 ジャイアントに乗っているわけでもないのに、何度もお世話になったジャイアントショップ。
 ヘルメットを買い換えたかったのだが、あいにくお休みだった。
 でも、多摩川CRを走れたからよしとしよう(実際、いつものお店に相談してみたら、ヘルメットもまだまだ使えそうだったし)。

 IMG_2262.jpg

 このアングル、何度も撮影したけど、大好きなのでもう1度。 

 IMG_2263.jpg

 いつものように二子玉川公園で休憩。

 IMG_2264.jpg

 大きいフレペチーノは、普段はカロリーを思って我慢しているけれど、自転車に乗っている最中だと罪悪感が少なめ。

 IMG_2268.jpg

 帰りは丸子川経由で。

 IMG_2269.jpg

 母校の近くでも1枚。
 
 IMG_2271.jpg

 なぜだか、この日のライド中には、特別な感慨は湧いてこなかった。
 あれもこれも詰めなきゃ、追加で買わなきゃ、ちゃんとビザとれるかなぁ、チケットいつ届くんだろう、などなど、考えることがたくさんあったせいかもしれない。
 ただ、色々と面倒な考え事から、自転車に乗っている時は離れられて、それが楽しくて嬉しかった。
 そういえば、いつもストレスが溜まった時にはスコットくんとのご近所ライドに救われていたような気がする。
 ぼーっと、何も考えず、生産的なこともせずっていう時間は、意外と取りにくいものだから。

 このまま、スコットくんはいつものお店に預けた。
 出国前、せっかくだから調整とクリーニングをお願いしたのだ。

 そして、昨日ペダルちゃんとの旅行から帰宅し、今日スコットくんを受け取りに行ってきた。
 店長さんからは、船便に詰めるとき用に沢山保護材をいただいた。これで綺麗にフレームを包んで、輪行するときみたいに前後輪を外した後に器具を取り付けて、ホイールを別箱に入れれば、きっと大丈夫ですよ、とのこと。
 いつも相談に乗って頂いて本当にありがたい。
 行った先でも素敵で相談しやすい自転車屋さんに巡り合えるかなぁ、と少し不安になる私に、「自転車が盛んなところですから大丈夫ですよ!」と言ってくれた。
 
 この時点で、すでに17時半。
 明るいうちに帰りたいけれど、でもでも、沢山お世話になった神社にご挨拶にも行きたい。
 
 IMG_2333.jpg

 時間が遅かったからか、柵が出ていて、入っていいのかどうか分からなかったので、下からご挨拶。
 
 そして、上の写真でもわかる通り、スコットくんのバーテープをついに交換!
 輪行や落車、倒してしまったこともあって、汚れ、千切れかけていた赤のバーテープから、黄色のバーテープへ。
 総北信号機カラーを集める微カスタムの最終なのだ。
 
 もう少しアップで。
 なんだかおもちゃみたいな配色で可愛いぞ。

 IMG_2334.jpg
 
 ここから、のるえの「ホーム」、駒沢公園へ。
 いつもと違うところからスタートしたうえ、ちょっと油断していてハンドルにスマホを固定するケースを持ってきていなかったのだが、時々停車してグーグルマップを確かめつつ、なんとか無事に到着。

 IMG_2335.jpg

 サイクリングコースを少し走ることにした。
 銀杏並木を見た途端、ああ、そういえば去年の秋は、「来年はアメリカにいて見られないんだから、絶対に綺麗な黄色の銀杏を見るぞ」と思って、定点観測みたいに何度も駒沢公園に通ったな、と思い出された。
 そのサイクリングが、仕事と勉強の両立で辛かった日々を支えてくれた。リアル彼氏より無機物彼氏、なんて言いながら、スコットくんに乗ることが一番身近なストレス発散方法だったなぁ。
 
 でも、色々あったけど、ちゃんと出発できるなぁ。

 そう思ったら感慨深くなってしまって、ちょっとだけうるっときた。
 脳内では、最近ののるえの一押し卒業ソング、3月9日が鳴る。

 休憩しながら、ちょっとおぼつかなかった歌詞をもう1度確認。

 IMG_2336.jpg

 上手くはいかぬこともあるけれど
 天を仰げば それさえ小さくて

 なんて、今の気持ちにすごくぴったり。
 
 でも帰り道に脳内で流れたのは、Yellだったなぁ。
 どちらかというと、1人で行くぞ、頑張るぞ、という気持ちの方が強いので、「飛び立つよ 独りで 未来の空へ」という歌詞が今の自分の背中をぐいっと一押ししてくれる気がする。

 いつもの場所を、いつものようにスコットくんと走った2日間だった。
 ちょっと可愛らしさの増した新生スコットくん、一足先に出発して、無事にまた私のところに戻ってきてね!
 新しい土地で、またいっぱい走るのが楽しみだ。
 
 にほんブログ村 自転車ブログ 女性サイクリストへ

  

山中湖・家族サイクリング

 今週は夏休みを頂いた。
 とはいえ、旅行×2、ビザの取得、引っ越し準備と、あんまりのんびりはできないのだが…。

 さて、旅行第1弾として、夏休み前半に山中湖に家族旅行に行ってきた。
 元々、湖畔でサイクリングがしたいと言ったら、両親とも付き合ってくれると予想外に言い出したので、行き先を山中湖にしたのだった。

 過日のこと。

のる 「あー、らぴちゃん、師匠ちゃんとの三浦半島サイクリングが、渡米前最後の自転車での遠出かー。寂しいなー」
母上 「山中湖持っていけば?」

のる 「いやいや、いくら車で行くって言ってもね、ちょっと乗らないよね?」
父上 「トランクなら乗るんじゃないか?」

 三浦半島後、輪行袋からスコットくんを取り出す前にちょっと実験。

のる 「の、のったー…!!」

 そんなわけで、スコットくんをトランクに詰め込んで、山中湖に行ってきた。 

 IMG_2203.jpg

 ちなみに、スコットくんの背後にいる2人乗り自転車が両親のもの。
 元々、私は、母上の自転車技術に疑いを抱いており、父上に、2人乗りにしてあげなよー、と言っていた。
 スニーカーを持たない母上が、ウェッジソールとはいえヒールで自転車に乗ろうとしているのを目の当たりにして、父上も覚悟を決めたようだ。
 自転車に2人乗りする2人を見て、「うわ、ローマの休日みたーい!」とリップサービスも忘れずに。

 10:18、いざ出発!

 IMG_2205.jpg

 山中湖は一周15kmと、初心者でも無理なく走れる距離。
 ほとんどのところでサイクリングロードが完備されていて、しかも広いし、歩いている人も少ないので走りやすい。
 でも、一部車道を走らなくてはいけない部分もあるので、その際逆走にならないよう、反時計回りで進むことが重要だ。 この辺りは、家族旅行だと大体ついていく専門の私が、珍しく気合を入れて下調べ。

 私たちがレンタサイクルした場所(山中湖ドライブセンター。ここを検索したり、連絡を取ったりしたのも私! 好きなことだとがんばれる)の場合、出発してしばらくは、車道と平行の道を行く。
 途中、「きらら」というところで左折して、湖により近いサイクリングコースに入っていく。
 母上は、父上のスピードが気に入らぬ様子で、「きらら通り過ぎちゃったんだじゃない?」「やっぱりのるちゃんが前を走ってよ」とぷぅぷぅ。
 サイクリングに最も乗り気でなかった母上の機嫌を損ねぬよう、きちんときららの場所を調べ直してから再出発。
 途中、父上に先を譲り、私はまったりモードで景色を見つつ進む。
 
のる 「……き、きらら分かりづらっ」

 のんびり走っていたのが良かったのか、なんとかサイクリングコースへの曲がり道を発見。
 その頃には、父上と母上はそこを通り過ぎて結構進んでしまっていたので、いい歳して、「パパ〜」と大声を出す羽目に。
 ランニングをしていたおじさまたちが沢山振り返って恥ずかしい思いをしつつ、肝心の両親には気付いてもらえなかったので、ちょっとギアを重めにして走って、なんとか追いついた。
 
 一旦、休憩。
 天気もいいし、景色がとにかく綺麗。

 IMG_2208.jpg

 でも、富士山は隠れ気味。
 私がサクヤ姫よりイワナガ姫に肩入れしているのがバレているせいか…? この度の間、なかなかスッキリ綺麗な富士山は見られず。それでも、綺麗なことに変わりはないのが、富士山のすごいところだ。

 IMG_2209.jpg

 いくら見ても見飽きない景色に、ついついのんびり走ってしまう。
 先を行く父上・母上を尻目に再び写真休憩。

 IMG_2210.jpg

 ここで、ちょうど小さいお子様連れのサイクリング客の方に抜かれ、その方々としばし並走した後で抜き返したり、といったことをしていたため、思いの外、父上たちとの距離が離れていた。
 再びギアをかちりかちりと重くして、思い切り漕ぐ。
 走りやすい道なので、スピードもそれなりには出て、なんとかかんとか追いつくことができた。

 富士山(の裾野)を見ながら3人でしばし休憩。

 IMG_2211.jpg

 ジェラートが食べたいね。でも、コース上にはないから、とりあえず一周してから食べに行こう、と打ち合わせして、のるえ先導で出発した直後。
 
 発見してしまった幟。

 IMG_2216.jpg

 思わず停車してしまった私。結局、ここで一休みすることに。
 なんでも、父上・母上たちも早々に発見し、「かき氷食べる?」「うーん、のるが止まったらね」と話していたそうだ。

 頑固っぽいおじいちゃん店主が、富士山の水(というペッドボトルの水)で作った氷を、今時のふわふわ氷ブームには完全に背を向けて、むしろ「ちょっと歯ごたえがあってガリガリしている方がうまいに決まっておる」と荒削りにしたかき氷。

 IMG_2215.jpg

 体が冷え冷えになって、とても美味しかったー。

 お待たせ、スコットくん。

 IMG_2217.jpg

 それからしばらく走ると、この日1番綺麗な富士山が出現。
 慌てて記念撮影をする。

 IMG_2218.jpg

 うーん、見返してみてもいい写真だー!

 ここからはノンストップで一周走破。
 途中、サイクリングコースが途切れる部分に突入。歩道は割と狭い上、駐車場と隣接していたり、歩行者が多かったりして走りにくい。でも、諦めて自転車を押して歩くにはちょっと長いと感じる距離。
 結局、一番道が狭くて危なそうなところは押し歩き。
 そこから、のるえがちょっとだけ車道を走ってみて、なんとか行けそうだな、と思えたので、引き続き押し歩き中の父上たちを待って、合流してから、先導して車道を走ることにした。
 途中、レンタサイクル店から出てきて車道を逆走している人たちとすれ違わなくてはいけなかったり、ちょっとひやりとする部分もあったが、なんとか再びサイクリングコースに復帰できた。
 今回はうまくいったけれど、たとえば子供連れとか、それこそ2人乗り自転車とかで、交通量がそこそこある、狭めの車道を走るのは、やっぱり怖い気がする。
 山中湖サイクリング自体は距離もちょうどいいし、斜度もちょうどいいし、景色も楽しいしで、初心者が楽しむには最高だったので、早くサイクリングコースがぐるりと一周するといいのにな、と思った。

 ゆっくり走って1時間半くらい、無事に3人でゴールすることができた。 

 家族旅行でまさか自転車に乗れるとは思わなかったけれど、父上と私はこの話題で持ちきりだったし、母上も「一生で一度かもしれないから」などと言って面白がってくれたので良かった。
 返却前に、一度だけ父上の後ろに乗って2人乗り自転車を体験したのだが、前は見えないしスピードも進行方向も自分の思うがままにならないし、怖くてきゃあきゃあ騒いでしまった。うーん、普段から自転車に乗っている私でさえこうなのに、母上はよく平然と(?)乗っていたなぁ。やっぱり度胸が違う。
 父上は、今回のサイクリングがかなり楽しかったみたいで、「折りたたみ自転車でも買おうかな」とさえ言っていて、私としても嬉しい限り。

 さて、ここからは自転車関係ない、ただのおまけの旅の記録!

 サイクリング後、入ろうと思っていたお店が皆行列で、目についたのでふらりと入ったお店。

 IMG_2223.jpg

 お店の前に飾られていた国旗はユニオンジャック、店名は「グータン」でフランス語、食事はイタリアンとなんでもありな感じだったけれど、ここが意外なほど美味しかった。自転車後補正、だけじゃないはず。
 ちなみに、グータンについて、フランス語選択だった私は父上に意味を問われて、「good time」かな、と答えたけれど、後から調べたら「趣味の時間」だった! 父上すまん!

 看板もちょっと自転車推し?
 実際、山中湖はサイクリングしている人も、ローディも沢山いた。 

 IMG_2225.jpg

 旅の間に撮れた、最高の富士山①。

 IMG_2234.jpg

 最高の富士山②。ひまわりが夏らしさ満開で気に入っている。

 IMG_2237.jpg

 次の日は、「道の駅どうし」へ。
 ただし、自転車ではなく、車で。
 これが、ヒルクラローディさんのブログでたまに見かける「道志みちか…!」と、何かの聖地に来たような気持ちになる。
 山越えをしているローディさんたちとも何名かすれ違ったけど、皆さんすごいなぁ。この斜度で、この交通量で、かつ途中でちょっと小雨がぱらついた中、こういうところを登って行くなんて本当にすごい。

 きっとそのローディさんたちが休息を取ったであろう道の駅。

 IMG_2251.jpg

 かの有名なかっぱ像。
 ヘルメットをかぶらせて撮影するのが定番らしいのだが、さすがに車で来ておいてそんな厚かましいことはできないので、とりあえず写真だけ。 

 IMG_2254.jpg

 桃とミルクのソフトクリーム。この日は、カロリーを消費することなんて、一切やっていないけど。

 IMG_2257.jpg

 こんな感じで、私の夏休み前半は過ぎていった。
 両親と娘1人で旅行すると、何かと母・娘がセットになってしまい、父がぽつんとしてしまう場面があるものなのだが、自転車という共通の趣味があると、父上と私が沢山盛り上がることができて、少なくとも社会人以降で考えると、これまでの家族旅行より家族旅行らしかったかも。

 さて、出国前のスコットくんとの「遠出」はいよいよこれがラスト。
 近場ライドは今日1回。船便発出前にも、多分もう1回。
 うーん、少しずつ寂しくなってくるような、まだ実感が湧かないような……
 
 にほんブログ村 自転車ブログ 女性サイクリストへ


«  | HOME |  »

2016-08

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

プロフィール

 

のるえ

Author:のるえ
2014年11月22日からロードに乗り始め、未だ飽きる気配なし。
相棒は、SCOTT Speedster 20(2015年モデル)のスコットくん。

 

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ