Latest Entries

1人で行ける場所 自分で買えるもの

 昨日は師匠ちゃん(ロード暦の長い友人)と多摩川の上流を目指すライドをする予定だったのだが、雨でDNS。
 私は今日も特段予定がなかったので、スコットくんとお出かけすることに。
 いつか行ってみようと思っていた母校(大学)に行くことも考えたのだが、コースを全く予習していなかったので、とりあえず多摩川CRに出て、下見がてら右岸で行けるところまで行ってみる&ジャイアントストアで自分への誕生日プレゼントということでバーテープ交換をしよう!ということに。

 12時に丸子橋に到着。
 本当は昨日の8時に、2台の自転車を並べているはずであった…。

 IMG_2033.jpg

 いつもの休憩場所にて。
 ロード乗りさんが多くて、席がなかったほど。
 塩タブレットと麦茶で一息。
 
 IMG_2036.jpg
 
 いつもは、ここで橋を渡って二子玉川公園で一休み、なのだが。

 IMG_2039.jpg

 今日はちょっと下に降りて、もう少し先を目指す。
 確か、2年前(!)の12月に会社の上司さんたちと走った時に、二子玉川駅を越えて走ったような記憶があって、それを頼りに進んでみた。

 ら、予想外にこんないい道が。

 IMG_2041.jpg

 この橋は、川の風が感じられてなんだか涼しいくらいだった。

 IMG_2043.jpg

 ここで下の道を進もうと思うと、未舗装路になってしまうのだが、左の上り坂を選べば、まだまだCRが続く。

 IMG_2047.jpg
 
 な、なんか思ってたのと違うぞ。
 のるえ的記憶&スマホで調べた感じだと、「二子玉川を超えると割とすぐ右岸は走れなくなってしまうので、どこかで左岸に渡っておく必要あり」「でも左岸はしばらくサイクリングロードが無くて、車道を走るので要注意」という感じだったのだが。
 
 河口から20km。
 まだまだ行けそう。
  
 IMG_2044.jpg

 21km。
 まだまだ行けそう。
 
 IMG_2046.jpg

 でも、14時に祖父ちゃま・祖母ちゃまの家で母上と待ち合わせをしていたので、ここでUターン。
 右岸で思っていたよりガンガン進めることが分かって、ちょっと戸惑った。
 自分で道を調べたつもりでいても、聖蹟桜ヶ丘まで行ったことあるという師匠ちゃんを頼りにする気持ちがやっぱりあって、コースの調べが甘かったんだなぁ。
 私は長い時間乗る体力が無いことより、長い距離乗ることによる迷子へのストレスの方が強くて、つい1人だと近場とか、行ったことがある場所を選びがち。
 でも、ちゃんと自分でも地図を読んで行き先を決めて動けた方が、ロードをフルに楽しめるんだろうなぁとちょっぴり反省。

 二子玉川駅にほど近い橋まで戻って、歩道なので自転車を押して歩いている時、後ろから、「いい自転車ですね」と話しかけられた。
 思わず振り返ると、1人のミドルが。

ミドル 「いくらだったんですか?」
のる  「16万円くらいですー」
ミドル 「安いねぇ! このメーカー、最近結構安いの出してるよね!」

 確かにスコットは価格帯が広めで、エントリーモデルでちゃんと手を出しやすい価格のものを用意しているイメージがある。トレックとかもそういうイメージ。
 ジャイアントやアンカーは言わずもがなだけれども。
 でも、のるえ的には人生最大のお買い物なので、「安いねぇ!」とは思えないけれど。

 ミドルとは橋を渡る間、おしゃべり。

 俺、何歳だと思う? という問いには、おじさんキラーと一部で名高いのるえは自分なりの対処法を持っている。
 大体こういう質問をしてくる人は55歳を超えていて、かつ自分が若く見えると思っているので、「えぇー、40代くらいに見えるけど(←見た目年齢を褒める)…てことはさすがにないですよね!(←人生経験と羽振りの良さを暗に褒める)」で対応。
 でも、「俺、何の仕事してると思う?」は難問だったなぁ。

 熱心に友達になろうと言われ、「30万くらいのカメラだったら買ってあげるよ!」と言われ、電話番号を教えて頂いたのだが、大変申し訳ないけれどこちらの電話番号はお教えできませぬ……。
 警戒しているってわけではないのだが、やっぱり見ず知らずの人で、こちらが一目惚れとかしちゃったわけではない人に、電話番号はハードルが高いのだ。
 自転車に乗っているとどこかに出会いがあるんじゃないか、とつい思ってしまうのだが、声を掛けてくれる人は皆Over60歳ってどういうことなんだろう。
 あと20歳お若ければ、かつ、電話番号ほどハードルの高い連絡手段じゃなければ、有難いお申し出なのだが…!

 それにしても、「いい自転車ですね」ナンパの成功率、少なくとも会話を成立させる率はとても高い気がする。
 絶対立ち止まって振り返っちゃうし、嬉しいから会話もしちゃうもの。
 いつか逆ナンのテクニック!として使ってみたいものだ。
 
 ミドルをなんとか撒いてとお別れして、ジャイアントストアへ。
 欲しい色のバーテープが無かったので、超・超微カスタム。

 どこでしょう?

 IMG_2048.jpg

 ここです。

 IMG_2049.jpg

 ちゃんと後輪も!

 IMG_2050.jpg

 バルブキャップを黄色(本当はゴールドだけど)に変更したのだ。
 小物をちょっとずつ黄色にしていく作戦の第2弾。
 自分への誕生日プレゼント、にはちょっと安すぎるかもしれないけれど、いい記念になりそうで嬉しい。
 しかも、これが意外と良いアクセントになる。
 走っている時も、ちょっと目線を落とすと、黄色がくるくる回っているのが目に入って面白い。

 さらに、祖父ちゃま・祖母ちゃまの家にて。

祖母 「あら…? 何か変わった…?」

 鋭い祖母ちゃま、どこが変わったかまでは特定できなかったようだけれど、やっぱりどこか違うぞ、というのは感知してくれたみたいだ。
 自分の好きな差し色をちょっと入れるのには、いいアイテムかも。
 
 にほんブログ村 自転車ブログ 女性サイクリストへ


 

«  | HOME |  »

2016-07

プロフィール

 

のるえ

Author:のるえ
2014年11月22日からロードに乗り始め、未だ飽きる気配なし。
相棒は、SCOTT Speedster 20(2015年モデル)のスコットくん。

 

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ