Latest Entries

旅の記録〜伊豆大島一周 後編〜

 コロッケの次の目標は、バームクーヘン。
 と言っても、食べる方ではないのである。

 休憩していた港を出発し、一瞬だけ道に迷いつつも、伊豆大島一周用の道路に無事合流。
 そこからは、師匠ちゃんの「少しペースを上げる必要あり」という言葉を胸に、一生懸命に漕ぐ。
 2人の背中が見えているときもあれば、また一人旅になってしまうときもあり。
 師匠ちゃんが後ろについてくれて、「怖がらないで下りと平坦ではギアを重くした方が、膝への負担が軽くなるよ」とアドバイスをくれるときもあり。
 とにかく、見てみたいと思っていた景色を想像しながら、進む。

 途中で、師匠ちゃんから一言。
「皆が頑張ってくれたおかげで、だいぶ時間が稼げた。ここまで来たら、絶対に日の入りまでに旅館に入れるよ! お疲れ、ありがとう」
 お礼を言うのはこっちである。
 師匠ちゃんがコースを見定めて、時間管理をしてくれていたからこそ、のるひとは一心不乱に進むことだけを考えていればよかったのだから。

 時間に余裕ができたので、後光さすスコットくんを1枚。

 IMG_1385.jpg


 足を動かしてペダルを回していると、自転車は前に進む。
 足がもう動かないー!と思って押しながら歩いても、やっぱり前には進むんだなぁ。
 前を行くらぴちゃんが諦めると諦める、らぴちゃんが諦めなくても辛くなったら諦めるという方式を取り始めたのるひと、押している時間も長めということに必然的になるけれど、でも、足を止めたり、引き返したりはしたくなかった。

のる 「バームクーヘンまだかな、まだかな!」
らぴ 「あーっ、すごいよ!」
師匠 「本当にバームクーヘンだよ!」

 一生懸命ラストスパートを掛けて、進む。
 そして、見たいと願っていた景色が、そこに。

 IMG_1391.jpg

 これが、伊豆大島一周旅行で、のるひとが1番みたかった、バームクーヘンみたいな地層。
 この不思議なものが、自転車で走っている間、かなり長い時間、ずっと右手に見えているのだ。
 左手には、これまでの道のりでずっと目を楽しませてくれていた、綺麗な海。
 インターネットの写真で見て、絶対自分の目で見てみたいと思ったもの。
 想像していたより、ずっと大きくて、神秘的で、綺麗だった。

 バームクーヘンが途絶えると、あとはもう宿を目指すばかり。
 途中で、山の中なのに道に立っている人たちがいた。
 なんでも、島の小学校の卒業の行事で、一周ハイキングをしているらしい。
 その人たちから、子供に配っていたお菓子をおすそ分けして頂いて、ありがたい交流に気持ちもあたたかくなる。
 そこからしばらく、子供たちの横を走る。
 列はもう分断されていて、半泣きになってうずくまっている子もいれば、友達が付いてきていないことに気付いて走って戻って来る元気のある子も。
 今回の旅で、すっかりお荷物だったのるひとは、なかなか付いていけなくて、友達に助けられている子供に共感しきり。
 でも、皆で島を一周するなんて、きっと一生の思い出になるだろうなぁ。
 辛くても一周したっていう思い出があると、きっと先々落ち込んだ時、気持ちを立て直すよすがになるよ。
 
 男の子たちの集団を抜かすとき、1人の子が声を掛けてきた。
「伊豆大島、楽しんでますかー」

 最後尾ののるひとが、代表して返事をする。
「楽しんでます! ありがとうございます!」

 男の子の、「頑張って下さい!」という声を背中に受けたら、苦手な坂道だって、降りるわけにはいかない。
 彼らから充分離れるまで、それまではとにかく頑張るぞ、とペダルを回す。
 
 山道が終わって、海がまた近くなって、だいぶ車や人が増えてきて。
 
 ここが私たちのゴール。

 IMG_1393.jpg

 岡田港から元町港まで、だから厳密に言えばまるまる一周ではないけれど、船を降り立ったところから、旅館があるところまで、ぐるりと回ってやってきた。
 色々あったけれど、すごく疲れたけれど、とにかくなんとか、やってきた。
 楽しかったなとか、嬉しいなとか、お腹すいたなとか、子供みたいな原始的な感想がぽんぽんと頭に浮かんだ。
 
 今、思い返しながら、なんかかっこいいことが書けたらなぁと頑張ってみたけれど、やっぱりこれしか言えない。
 
 疲れたけど楽しかったー! 頑張って一周回ってよかったー!
 
 
にほんブログ村 自転車ブログ 女性サイクリストへにほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへ

«  | HOME |  »

2016-03

プロフィール

 

のるえ

Author:のるえ
2014年11月22日からロードに乗り始め、未だ飽きる気配なし。
相棒は、SCOTT Speedster 20(2015年モデル)のスコットくん。

 

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ