Latest Entries

乗ってる日々のリア充②

 昨日、書きそびれてしまった日曜日の記録。

 9時頃に起床したのだが、結局ベッドの中でネットを見たりしてうだうだしてしまって、活動開始は11時。
 この時点で、自転車に乗ろうか若干迷う。
 が、天気はいいし、来週は乗られない可能性もあるし、のんびりと出発。
 
 なんとなく考えていた目的地は、梅の名所の羽根木公園。
 私がよく行く駒沢公園から、そう遠くないみたいなのだ。
 梅の季節もそろそろ終わってしまうかもしれないし、行くなら今かなぁ、と。
 
 とりあえず、駒沢公園へ。
 慣れた道で、車がほとんど通らない場所だけ選んで行くこともできるので、全然不安はない。
 
 駒沢公園から出て、この道を行くと羽根木公園方面なんだな、という道を発見。
 思いのほか車通りが多い印象があって、とりあえずスコットくんを押しながら歩道を歩く。

 このまま歩いて行ける距離ではないし。
 車が通らなそうな脇道を探そうにも、ちょうどいい道が見当たらない。
 駒沢公園に戻って、サイクリングコースを何週かまわって帰っちゃおうかな。
 
 とも思ったけれど。

 このまま帰ったら、車道への恐怖心が一向におさまらない気がする。
 そもそも私がスコットくんを買ったのは、自分の力で、自分の行きたいところに、自由に行ってみたいと思ったから。
 去年の秋以降、行ったことのある場所ばかりを走ることで満足していて、プチ冒険をやろうとしてこなかったな、という自覚もある。

 ガードレールの脇から、そっと車道に出て、漕ぎ出す。
 車は右横をがんがん通って行って、たまに路上駐車とかもあって、うわわわ、と思いながらだけれど、やっぱり楽しい。怖いけど楽しい。
 途中、通った大きい交差点が、1番ドキドキしたところ。右折しようとしている対向車を待たせているー!と焦りつつ、ちょっとだけギアを重くして走る。

 途中、ボトルホルダー(昔から使っていた方)が分解しちゃって飛んでいくハプニングもあったけれど、すぐに歩道に入ってスコットくんを止め、車の通りがなくなったところで部品を拾った。
 その場ではすぐに修理できなかったので、とりあえずリュックに入れて、自分の精神状態を確認。
 突然、からんと音がして、ホルダーの部品がころころ転がっていったときはドキドキもしたけれど、ちゃんと回収できたことで、心は落ち着いている感じがする。
 うん、大丈夫だ、と思えたので、再び車道を走りだす。

 世田谷駅あたりからは、ちゃんと車道側の左端に自転車レーンがあって、とても走りやすい! 舗装もきれいだし、道自体もそこまで混んでいなくて、とにかく気持ちがよかった。
 道も、出発前にちゃんと確認したこともあって、迷うことなく進める。
 実はGoogleマップが指定してきた道ではなかったのだけれど、こっちの道の方が行きやすいはず、という確信があったので、すまほの指示を無視して走っていたところ、指定ルートがちゃんと変更された。
 うん、地図への苦手意識も少し薄らいだぞ。

 そして到着した、羽根木公園。
 屋台がいっぱい、人もいっぱい、でのんびり梅を楽しむ雰囲気でもなかったけれど、日本のお花見らしいと言えばお花見らしいのかな? 風情はないが、今日はとにかく、ちゃんとスコットくんとここまで来られたことが嬉しいぞ!
 
 せっかくなので記念撮影。
 旗には、梅まつり、の文字が。

 IMG_1308.jpg

 人も多いので、スコットくんと並べて梅を撮るのはほとんどできず。
 出口付近でようやく1枚。

 IMG_1329.jpg
 
 あとは、きれいだな、と思った梅を記念に撮影してきた。

 IMG_1311.jpg
 
 IMG_1315.jpg

 IMG_1317.jpg

 IMG_1330.jpg


 あとは帰るだけ。
 しばらく走って、駒沢公園が見えてきたときには、なんだかホームに戻ってきたような安心感があった。

 ホームで休憩する、スコットくんと私。

 IMG_1331.jpg

 駒沢公園と羽根木公園の距離を見たら、普通のロード乗りであれば、ぷぷっと笑いたくなってしまうような大げさな記述になってしまったけれど、これが私の実感。 

 「できるかな、できないかも、やらなくてもやっていけるし」、と思うようなことを、でもやってみよう!と決めて、自分なりにそれがこなせたとき。これが、自転車とか、その他諸々の趣味を楽しく感じる1番の瞬間であるような気がする。 
 それは人によって、速さの追及だったり、距離への挑戦だったり、レースに出てみることだったり。
 私の場合は、「自力(脚力・体力+地図の読解力+怖がらない心)でどこまで行けるかな?」という挑戦が、充実感の源泉の1つみたい。
 そういうわけで、おしゃれなカフェもお買い物もないけれど、日曜日もとっても「リア充」な気持ちだった。
 
 ちなみに、ばらばらになってしまったボトルホルダーは無事に修繕。
 最初、黒いネジと黄色い○っこい部品(ねじを止めるもの)をつける方向を逆にしていて、全然嵌らなくて、「買い替えか……」と焦ったことは内緒にしておきたい。
 
 あと、伊豆大島の服装がなんとなくイメージできたのも良かった。
 この日は12~14度くらいで、ユニクロのフリース×薄手のロングTシャツ×スカート×レーパン、グローブは冬物、という恰好で、ちょっと汗ばむときもあるけれど、基本は快適だった。
 この間、15度以上あったときには、フリースの代わりに普通のジャージを着ていて、特に寒さはなし。
 あとは天気予報と相談しつつ、フリースかジャージか決めることにしよう。
 持ち物の準備も楽しみだー♪

 にほんブログ村 自転車ブログ 女性サイクリストへ にほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへ

 
 

乗ってる日々のリア充

 今週末は2日とも、わりと(のるひと的には)がっつりスコットくんとのお出かけを楽しんだ!

 まずは土曜日。
 前日の残業とストレス発散のp○○○vのせいで、のんびり11時過ぎの起床。
 朝ごはん兼昼ごはんを食べてから、多摩川CRへ。
 今日はrukachi様に頂いたツールケースを入れるべく、2つ目のボトルケースを買いに行く。
 多摩川CRを通って、Y'sの二子玉川店に行こうかな、車道を走るのが面倒だからジャイアントストアにしちゃおうかなぁ、と迷いつつ、CRをがしがしと走る。
 車なし、迷う心配なし、のCRが一番心穏やかに無心で走れるので、なんだかんだ言ってまだ車道にびびるのるひとにはぴったりである。
 
 多摩川CRで、本日絶対に見たかったものがある。
 それは、以前多摩川CRの休憩所(ゴルフ場用だが、ローディも利用している)で出会ったスコット・CR1乗りの方から「満開でしたよ!」とうかがっていた、八重桜。
 ちゃんと花が残っているといいなぁ、と思いつつ走っていると、突然前方に、とても鮮やかなピンク色が。
 
 IMG_1290.jpg

 八重桜の色って、普通の桜より華やかだなぁ。
 私は、ソメイヨシノの儚い感じのほうが好きだけど、写真に撮るには、こちらの方が映えるかも。
 
 スコットくんと。
 
 IMG_1294.jpg

 もっといい構図が撮れたらよかったのだが、写真が趣味らしきおじ様方、お散歩にいらしたらしいご婦人方、そしてロード乗りたちがひしめき合っていたので、とりあえず1枚を記念に撮影。
 近くでは、トレック乗りのお兄さんが、地面に這いつくばるようにして、自分の自転車と桜を映していらした。
 分かる、分かるよその気持ち! もしかしてブロガーなのかなぁ。

 そこからさらに漕ぎ進めることしばし(多分この間に、桃饅頭様とすれ違ったのでは……?!)。

 二子玉川駅に続く橋を渡る頃には、すっかり気持ちもY'sまでひと頑張りする気持ちも無くなっており、そのまま安定のジャイアントストアに向かった。
 安定の神接客対応で、買うべきボトルホルダーを教えてもらう。
 なんでも、のるひとのスコットくんはフレームサイズが小さめなので、普通のボトルホルダーを2個付けるのは無理。
 ボトル用のホルダーと、ペットボトル用で囲われている部分が少なめのホルダーを組み合わせれば、2個付けが可能、とのこと。
 さっそくお店の中で付けられるホルダーを教えて頂き、どの色にしようかうんうんと迷っていると、「外に持っていって、自転車と合わせていいですよ」と言って頂き、いくつかスコットくんに合わせてみてから、納得の一色を選ぶことができた。
 さらに、のるひとが前々からほしいなぁ、と思っていたフラットペダルも発見!
 在庫は結構あるそうなので、何か自分にご褒美を買いたいときに、来ることにしよう。
 付け替えも工賃1000円でやって頂けるらしい。ペダル用のレンチは持っていないし、ここは絶対に失敗したくないものだから、とても有難い。 
 メーカーのお店なのに、ジャイアント以外の自転車乗りにもとっても親切で、女性用の品揃えも多いので、備品や洋服関係は、ついついここに頼ってしまう。

 こちらが、2つ目のボトルホルダーを装備したスコットくん。

 IMG_1297.jpg

 総北信号機カラー、揃えてみた☆
 黄色の差し色をこれからもちょこちょこと増やしていくつもり。

 IMG_1298.jpg

 ここで、「行きたいと思っていたあそこに、ここからだったら、狭いわりに車通りの多い多摩堤通りを通らずに行けるんじゃない……?!」と閃いてGoogleマップ教授におうかがいを立てたところ、勘が的中。
 車も歩行者もほとんどいない道を進むことしばし。
 途中、よく色々な方のブログで見るチチカフェさんも発見したけれど、リア充オーラが満々で今日のところは逃げ出して。

 やってきたのは、二子玉川公園。
 見晴らしがすごくいい!
 
 IMG_1299.jpg

 行きたいなぁと思っていたのは、公園内のスターバックス。
 まずは、テラス席を確保。
 
 ちょうどいいところに、スコットくんを地球ロックできるものが。

 IMG_1301.jpg
 
 注)自転車はペットじゃありません、相棒です☆

 バタークッキー(だったかな? マフィンみたいな)ものとカフェミスト。
 スターバックス×テラス席×公園。
 これぞリア充の権化(←偏見……?)

 IMG_1302.jpg
 
 寒いのも暑いのも苦手なわがまま現代人・のるひとが、テラス席を選んで座るようになるなんて。
 スコットくんと出会って、自分の習慣や好みが変わっていくのが面白い。
 そもそも休日に運動するって発想がなかったのに、今では、晴れてるのに乗れない休日があると、すごくもったいないことをしている気分になってしまうほど。

 おなかもあたたまって、さあひと頑張りして帰ろう、というところで迷いが生じる。
 戻って、いつもの橋を渡って、左岸を走って帰るのか。
 このまま戻らずに右岸を下り続けるのか。
 見晴らし台から見る限り、どこまで右岸のCRが続いているのか分からず。
 
 うーむ、二子玉川公園に思いのほかスムーズに来られたのるひとは、なんとなく自信がついていた。
 今日は挑戦してみたい気分。もしCRが途切れても、多摩堤通りがあるじゃないか。

 そう思って走りだすと、すぐに舗装された道が無くなってしまった。
 石がゴロゴロしている中を走る気がせず、ちょっと持ち上げるようにして歩いた先で、歩道も途切れ。
 合流できそうな車道は、狭いし、車が多いし、皆さん結構飛ばしている。
 
 数秒考えて、のるひとは戦略的撤退を決意した。
 無理して事故を起こすより、遠回りしてでも、行き慣れた道で帰った方がいいよね、と。

 再び未舗装路を、スコットくんを軽く持ち上げて歩き、来た道を戻った。
 
 見たいものを見て、買いたいものを買って、行きたい場所に行って、食べたいものを食べて。
 とても満足だったけど、心の中に一抹、「私、このまま車道を避けて自転車に乗り続けるのかな……?」という想いも湧いた。

 その想いを抱き、(普通のローディさんにとっては「……だから?」って感じのことだけれど、のるひと的には)ちょっとした冒険をしたのが、本日、日曜日のライド。
 そろそろ眠くなってきたので、この記録はまだ後日残したいと思う。


 にほんブログ村 自転車ブログ 女性サイクリストへ にほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへ

 
 

【オタ注意】乗らない日々のチャリ充

 バレンタイン・ライド以降、自転車に乗れてなーい!

 でも、そんな日々でもちょこちょことチャリ充してたので、その記録。

 まずは17日。
 当ブログに遊びに来て下さっているrukachi様と対面。
 rukachi様の渋谷カペルでびうを見守るべく、仕事終わりに渋谷で待ち合わせ。

 そして↓

 IMG_1284.jpg

 なななんと、ツールケースを頂いた!
 お、おい! メインはrukachi様じゃなかったんかーい! と自己ツッコミを入れつつ、有難く頂戴致した。
 これに、先日買ったチューブとタイヤレバーを入れるんだ♪ 今度、ツールケースが入れられるように2つ目のボトルケースを買うんだ♪と楽しみは募るばかりである。ありがとうございます。

 さらに、大変恐縮なことに、お土産まで頂いちゃったのである。
 
 まずはイケメン過ぎるオールラウンダーたち。

 IMG_1285.jpg

 オタク的には、並べる順序が肝要。
 ちなみに、それぞれの裏には箱学のエース&エースアシストのお2人が鎮座。
 つまり、写真には撮れないが、野獣先輩と可愛いウサギが背中合わせってことである。どっひゃー!

 そして、袋に入った缶バッジ(開封するまで中身が見えない仕様)。

 まずは1つ目。

 IMG_1286.jpg

 無口先輩ちわーっす!
 正直、開花後(2年目)の情報がp○○○vだけなんだ! いつかまとめてチェックするからね!

 続いて2つ目。

 IMG_1287.jpg

 巻ちゃん先輩!!
 好きだ、好きだけど、多分私よりも君を愛していて、君のためにこの缶バッジ買い漁っている人もいるんじゃないかなー!
 なんかうちに来ちゃってごめんね!

 で、終了。

のる 「ありがとうございました! 私、なんだかんだで総北推しなんで嬉しいです♪」
ruka 「もう1個あるよ?」
 
 そして開いたところ。

 IMG_1288.jpg

 やつが来てしまった……
 あまりの可愛さに金城さんや鳴子くんや御堂筋くんやのるひとの理性を崩壊させる、やつが来てしまったのである。
 猫の耳大きいね! 可愛いね!
 
 3つの中で今泉氏を引き当てるrukachi様の☆と、それを最後に(しかも最初はその存在に気付かずに)開いた自分の☆で、感激が一段と強まった。☆持っとるね!
 感激のあまり、ハイセンスな感じのカフェで大きい声ではしゃいじゃってすみませんでした!
 
 ブログ経由で出会った人にお会いするのは初めてで、新鮮で嬉しかった。
 いつかSCOTTライダー集合!とかやってみたいなぁ。


 続いて20日。
 この日は自転車部(と私が勝手に命名した学生時代の友)と集合。
 目的は、第一回合宿☆伊豆大島ライドの計画立てである。
 
 一日一周くらい、距離的には余裕っしょ、な師匠ちゃん(アンカー乗り)。
 どうしよう、走り切れるかなぁ、と言っているけど、根性と体力には定評あり、なラピちゃん(ラピエール乗り)。
 どうしよう、付いていけるかなぁ、と言いつつチャリ通経験が最も長い、ペダルちゃん(貸自転車のMTB予定)。
 言い出しっぺのくせに一番体力がなく、根性もない、不安要素満点ののるひと(スコット乗り)。
 
 こんな4人が集まって、地図を見たり、泊まる予定のホテルで自転車の扱いを確認したり、乗り場まで自走?輪行?と盛り上がったり、コロッケ食べようね~動物園行こうね~とだべったり、服何がいいかな、ジーパンやめた方がいいかな、と騒いだり、仕事について愚痴ったり、そう言えば最近何はまった? おそ松さん見てる? 007のQが可愛すぎてやばいよ、と盛り上がったり(←途中から趣旨を外れる)。
 と、これまた静かめのカフェできゃいきゃいと5時間近く盛り上がったのだった。
 
 とりあえず、のるひと的に最大の懸案だった、「坂道登れるかなぁ」は、師匠ちゃんの、「7キロくらいだから、最悪押して歩こう」の一言で解決。
 あとは輪行の復習をするばかり(←自転車の組み立ては師匠ちゃんが手伝ってくれると信じている。他力本願)  
 楽しみすぎる。


 さらに23日仕事中。
 会社の元上司(今は部署違い)より、「のるひとさん、伊豆大島行くって言ってましたよね? 感想教えてください」と突然メールが。
 ま だ で す www
 超絶忙しい日で、気持ちも焦ってくさくさしていたのだけれど、そのメールで随分ほっこりした。

 ちなみにこの上司、13年乗ったピナレロさんが、そろそろ寿命と、ショップの人に言われたそう。
 自転車って飽きたり事故ったりしない限り、ずっと乗り続けられるものだと思っていたけれど、耐用年数みたいなものがあるんだなぁ。
 まだまだ1年ちょっとしか乗っていないのに、いつか来るかもしれない別れを思うと寂しい気持ちにもなってしまう。


 そして本日。
 昨日の反動でほとんど職場で1番くらいに帰路についたのるひと。
 週末に乗れなかった罪悪感を晴らすべく、ワックスシートでスコットくんをふきふき&チェーンのお掃除。
 らぴちゃんと唱えている、「自転車はペット」説を改めて実践してしまったところ。散歩に行けない日が続くと、罪悪感が出て、ちょっとだけでも面倒を見たくなっちゃうのである。


 明日は当直!
 お供はこちらの本。

 FullSizeRender (62)

 ちょっとだけ読み始めているのだが、総北卒業→洋南進学→欧州でロードレーサー、という今泉くんの人生の妄想が一段と捗りそうな内容。
 あと、センチメンタルな性格で、スポーツに打ち込む若者の青春に弱いので、時々無性に涙ぐみそうになってしまう(箱根駅伝は毎年欠かさず見ている)。

 という感じで、乗ってなくてもチャリ充(オタ充……?)している。
 とはいえ、今週末は天気も良さそうだし、ちょっとくらいは乗りたいなぁ。

 にほんブログ村 自転車ブログ 女性サイクリストへ にほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへ
 


 

いいもの見た!食べた!のバレンタイン・ライド

 朝目覚める→風と雨の音にびびって二度寝する→再び目覚める→小雨だなぁー、あったかいなぁー、止むかなぁーと窓の外を見る。
 ここまでで12時半頃。
 で、雨が止んで晴れ渡ってあたたかくて、道路もすぐに乾きそうだし、ということで、遅めの13:30出発で、今日もスコットくんとお出かけすることに。

 チョコをあげるべき人には昨日のうちに買って渡しているので、今日は自分のためだけのライドである。
 会社の先輩たちにおすすめされたたこ焼き屋さんに行こうか、これだけあったかかったら外でご飯も気持ちよさそうだから多摩川CRでご飯でも食べようか、と迷っていたのだが、走り出したらなんだかとっても調子が良いので、両方やってしまうことにする。

 風はとにかく強かったけれど、用心して走れば大丈夫。
 下り坂のときに向かい風だと、なんだかものすごく風を切って走っている早い人みたいな気分が味わえて楽しかった。実際は、ペダルなんて全く漕いでいないのだが。

 しばらく進んで、合流したのは中原街道。
 中原街道を通るとき、いつも若干悩んでいるのが、車道を通るか、歩道を通るか問題。
 
 ここは、車道が同一進行方向で3列くらいあるのだが、どの列もぎっしり車が走っていて、左端をロードで走るのは(のるひと的には)難儀。
 歩道は広め、かつ、歩道を半分にして車道よりが一応自転車道になっているので、のるひとはここを通っているのである。

 こんな感じ。

 IMG_1274.jpg

 だが、この自転車道、途中でぷつんと途切れちゃったり、また復活したりするのだ。
 途切れてる区間は、完全に歩道を通っているロード乗りになってしまうし……
 そもそも自転車道にも進行方向を特に気にせず走っている別の自転車乗りの方や、歩行者の方がいっぱいいるので、ちょいちょい歩行者側の領域に行かなくてはならないし……

 田園調布警察が出している看板をみると、「歩道は歩行者優先。自転車は≪車道寄り≫を走りましょう」となっているので、ルールには違反していないはずだが、うむむ、と思っているのだ。

 ともあれ、今日は危険な目にあうこともあわせることもなく、平穏無事にお目当てのたこ焼きをゲット。
 お箸を2膳頼んでしまったのは、私の自意識が過剰であるゆえ。8個全部、自分で食する所存である!
 ハンドルにちょいと引っ掛けて、多摩川CRを目指す。
 
 いつもの休憩場所で、右手にスコット氏。
   
 IMG_1280.jpg

 左手に、多摩川。

 IMG_1276.jpg

 目の前に大好物のたこ焼き。

 IMG_1279.jpg

 で、とっても幸せな気持ちになる。
 やわやわと柔らかい、揚げてないたこ焼きは私の好み。あっという間に完食。
 
 天気がよくてちょっと暑いくらいの天気。あー、アイス食べたい!と思い立ち、下流側にある休憩所を目指す。
 それなりに距離があるうえ、向かい風なので、途中でくじけそうになりつつも、「あ・い・すー! そ・ふ・とー!」のリズムでペダルを踏み踏み。
 
 だがしかし。
 到着したときには、販売コーナーは営業終了。
 それでも、どうしても何か冷たくて甘いものが接種したかったので。

 初めて見た、キウイ味カルピス。 

 IMG_1281 (1)

 うーん、アイスほどの喜びはないけれど、冷たくて甘くて、普通のカルピスよりあっさりしてて、それなりに満足である。
 途中、父上から、「たこ焼き買ってきたから、食べずに帰ってくるように」とのLINEが届いて苦笑。食の趣味がばっちり合う父娘なのである。

 さてさて、待たせているスコットくんの調子はどうかな、と外に目をやって、のるひとは興奮した。
 スコットくんの向かいに、スコットさんが。なんかイケメンな真っ黒のスコットさんが……!!
 
 思わず外に出て、まじまじと拝見。
 こ、これは、のるひとが(予算オーバーで)確かめもしなかったカーボンのシリーズ、CR1先輩ではないか……!!
 こうなると、乗り手さんが確かめたくなるというもの。
 休憩所にいた自転車乗りらしき人数名のうち、誰かな誰かな、と思いつつ、ことさらゆっくりと出発の準備を整える。

 そうこうしているうちに、CR1先輩(勝手に命名)が出ていらした。
 私が凝視していたのでもちろん目があって、ちょっとだけお話しした。2代目だそうで、「最初はエントリーモデルだったんだけど、2代目はオーバースペックのものを買っちゃいましたよ」とご謙遜。 
 スコットくーん、君の先輩かっこいいよ! いいもの見たなぁ。
 カーボン×スコット、と意識してまじまじとみると、スコットファンとしては感慨ひとしおだ。
 スコットくんもお褒めの言葉を頂いた! 服装と色合いがぴったりですねって!
 良かった、今日はスコットくんとデートするためだけに買った紺のジャージと紺と白のストライプのスカートで来ていて、本当によかった!
 
 ご挨拶をして、先に出発。
 ここでのるひとは、追い風のすばらしさを初めて実感した。
 限りなく下流寄りで、下流から上流に走っているので、道は緩やかな上り坂~平坦。
 下りでもないのに、ちょっとペダルを漕ぐだけでガンガン進むし、なんならちょっとの間漕がなくてもスピードが落ちない。
 向かい風のつらさ、追い風のありがたさが分かると、弱ペダ妄想にも深みが出るというものだ(←あくまでもオタク)。

 いつになく速い自分!に寄っていたところで、後ろから「追い付きました~」とのお声が。
 無論、CR1先輩である。
 やっぱ早いなぁ、とその背を見送って、私はマイペースで家路についたのだった。

 夜はみどちゃん(ペダルファンの友人)とお食事へ。
 デザートは、フォンダンショコラ風ホットケーキ。

 IMG_1282.jpg

 切るとトロトロのチョコレートがあふれ出してきて、本当に美味しいのだ。
 いっぱい走ったし、罪悪感なくいただきます!

 にほんブログ村 自転車ブログ 女性サイクリストへ にほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへ

 

1日早いバレンタイン・ライド

 今日は朝イチでちょっと用事があり、お昼頃帰宅。
 びっくりするほど暖かくなった日、午後からは予定なし、絶好の自転車日和。
 
 でも、今日は短ポタ。
 バレンタインのお菓子を買って、祖父ちゃま、祖母ちゃまにお届けするという任務があるのだ!
 最初は、バレンタイン・ポタということで明日にしてもいいかなぁと思ったのだけれど、天気予報では午前は雨。
 それが外れて雨が長引くと、自転車で行けないことになってしまうし……
 スコットくんが来る前は、バスや電車で向かっていた祖父ちゃま家なのだが、一旦自分の中で自転車圏内!と思うようになると、それ以外の行き方で向かうのがどうにも億劫になるのだ。

 まず、目指したのは田園調布倶楽部、というカフェ。
 先日こちらのテイクアウトのケーキを頂く機会があったのだが、とっても美味しくて!
 焼き菓子やチョコレート、マカロン等も売っているらしいので、それらを目当てに行ったのである。
 お昼の営業は14時まで。結構ギリギリだったので、普段は怖いので避けて通る環八を、トラックと接触しそうになった去年以来久々に走る。食い気>恐怖心、である。
 
 お店は外観も可愛くて、中も日当たりが良くて、とっても素敵だったのだが、残念なのは接客。
 とにかく遅いし、店員さん同士で連携が取れていないし、店員さんが商品のことを全然理解していないし、それですごーく待っている客に対して全然申し訳なさそうじゃなくて……
 テラスもあったので、春先にまた来たいな、と思っていたけれど、残念ながらもう来られないなぁ。
 せっかくワクワクしながら来たのに、気分はずん、と下降してしまって、素敵な外観&スコットくんの写真も撮らずに、チョコレートの詰め合わせと、バレンタインセットの焼き菓子やマカロンを買うだけで、退散と相成った。

 このまましょんぼりした気分で祖父ちゃまたちの家に行くわけには行かぬ!とそのまま田園調布駅へ。
 途中、ぜんざい? お汁粉? の露店が出ていて、ちょうど通り掛かったローディさんが吸い込まれていくのを見て、思わず私も付いて行きそうになってしまったけれど、ぐっと我慢。
 祖父ちゃまたちと、どうせ消費カロリー以上の甘味を食べることになるんだから。
 どこかいいチョコレート屋さんはないかなぁと思ったけれど、咄嗟のことですぐには見つからず、駅前のレピドールで祖父ちゃまのための焼き菓子を購入。

 レピドールの対応は安定の一言。
 嬉しかったので、店先で一枚(お店は全然写ってないが……)。

 IMG_1266.jpg

 そこからは真っ直ぐ祖母ちゃま、祖父ちゃまたちの家へ向かう。
 今日は横風が強くて時々煽られそうになったけれど、あたたかいし、気まぐれに通った道も走りやすかったし、今日はペダルも順調に回るし、気分は上昇!

 途中の道。写真だと分かりにくいが、両脇に梅が咲いているのである。
 思わず、「うわぁ」と声が漏れるくらいきれいで、東京の一角ではないようなのどかな景色なのだ。

 IMG_1270.jpg

 こちらの紅梅は、けっこういい咲き具合。

 IMG_1271.jpg
 
 祖父ちゃまにはレピドールの、祖母ちゃまには田園調布倶楽部の焼き菓子を贈呈し、3人でその焼き菓子やら、祖母ちゃまが「のるひとが来る!」ということで、ママチャリを走らせて買いに行ってくれていた芋羊羹やらをつつき、歓談しばし。
 祖母ちゃまがご近所さんからいただいたという白菜のおすそ分け(リュックとちょうどぴったり同じサイズ。重くて帰りはふらついた)を背負って、帰路につく。
 再び眼前には、梅と畑。背中には頂き物の白菜。
 福山雅治の「東京にもあったんだ」、というより、その歌詞に対して「東京にちょっと失礼じゃない?!」と憤ってみた三浦しをんのエッセイが頭をよぎりつつ、家路をたどったのであった(のるひとは三浦しをんの大ファン、福山雅治には興味ないふりしてたけど、昨夏にいとこ殿のコンサートに行った結果、やっぱりすごいイケメンだわすごいわ!と感心しきり)。
 
  マカロンは母上に、チョコレートの詰め合わせは父上に、1日早いバレンタインということでお渡しして、今年のバレンタインっぽいイベントは終了。これでいいのか27歳?! 去年の方がもっとリア充っぽかったぞ?!

 明日は、本当は埼玉アリーナに行きたいけれど、自転車興味ありの友人が誰も捕まらなかったので(そりゃそうだ! 日曜日バレンタインだ!)行けないなぁ。
 1人でカフェもレストランも入れるし、旅行も行けるし、文楽を見に行ったりもしたのるひとだけれど、サイクルエキスポに単身乗り込む勇気は、未だ持てないのであった。

にほんブログ村 自転車ブログ 女性サイクリストへ にほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへ


   
 

超ひさびさ!に駒沢公園へ

 昨日の夜更かしと最近の残業がたたり、本日の起床は12時。 
 脱水気味なのか若干ふらっとしつつ、朝ごはんを食べる。
 乗ろうかなぁー、でも体調100点って感じでもないしなぁー、とうだうだ思っていたのだが、ベランダで育てているヒヤシンスの開花状況を見ようと外に出て、「乗ろう!」と決意。
 だってこんなに天気が良くて、寒くもなくて、暇な休日なんて、次にいつ来るか分からないもの。

 今日の目的地は駒沢公園。
 今、ブログの過去記事で確認してみたら、なんと去年の11月29日以来。
 この時期、きれいな銀杏が見たくて、毎週のように通っていたなぁ。
 最後に来たとき、スマップ(の声)と遭遇して、ファンでもないのに大興奮したんだったなぁ。
 そのせいか、今年の一連のスマップの騒動は、なんとなくネットニュースを追い掛けてしまったなぁ。
 
 IMG_1264.jpg

 本当は、駒沢公園からちょっと足を伸ばしたところにある、梅の名所の公園に行こうかとも思っていたのだが、今日はすっかりスタートが遅れてしまったので、ここをゴールとしよう、とサイクリングコースを走り出す。
 去年は工事中だったけれど、それもいつの間にか終わっていて、ちゃんと公園を一周できる。

 その途中、はっと目を奪われる景色があった。
 満開の梅である。

 おぉ、遠くまで足を伸ばさなくても、こんなに身近に、きれいな梅が咲いているではないか…!
 と嬉しくなって興奮して、サイクリングロードを少し逸れて、梅をもっと近くで見ることに。

 人がいなくなった一瞬の隙をついて、スコットくんと白梅。
 
 IMG_1258.jpg
 
 梅だけアップで。 

 IMG_1259.jpg

 次は紅梅。こちらはまだまだつぼみが多かったので、今後に期待!である。

 IMG_1260.jpg

 枝垂れ梅、なのかな。ピンク色がとても可愛らしい。

 IMG_1261.jpg

 沢山の人が見に来ていて、皆口ぐちに、きれいだねぇ、と言い合っていた。
 のるひと的に感動したのは、小学校低学年くらいと思われる男子2人が、自転車でこの梅の横を通り過ぎるとき、「花、きれいだなー!」、「なー!」と声を掛けあっていたところ。
 おお、子供でもやっぱり花はきれいだなぁと思うのだね。

 それから、次に梅の名所に行くときは、どの出口から駒沢公園を出ると近いのかしら、と下見をして(結局よく分からなかった)、帰路についた。

 帰り道は、すっかり疲れてしまって、なんだか足が全然動かなかった。
 行きも、小学生に追い抜かされるくらい、安定ののろのろ運転だったのに。
 3月には、自転車部(高校のときの同級生たちで、ロード乗ってたり弱ペダファンだったりする仲間たち、を勝手にこう呼んでいる)の初合宿を予定。
 私が言い出しっぺなのに、足を引っ張ったりしないように、これはもうちょっと長い時間乗れるようにならねばなぁ。
 (あと、輪行対策を考えねばなぁ……)

 にほんブログ村 自転車ブログ 女性サイクリストへ にほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへ  

    

エマージェンシーカードを作る

 1人で自転車に乗っているときに事故を起こしたときのために、緊急連絡先などを記載した、エマージェンシーカード。
 基本ぼっちライダー(あ、スコットくんとのおデートだった! やったぁ寂しくないぞ!)なので、必須だな、と思って、作成用グッズを用意していた。去年の5月に……。
 
 実はその直後、歩行者との接触未遂があって、とっても気分が落ち込んでしまって。
 趣味を楽しんでいる側の我々は、楽しいというリターンと、危険であるというリスクを比較したうえで、「自転車に乗るぞ」と決断しているわけだけれど、歩行者側はそういう選択の機会を与えられないまま、効用もないのにリスクだけ引き受けている感じがして、なんとなく不公平な気がしてしまったのである。理屈っぽいのは百も承知。
 その理論が、「で、そんな自転車乗り側だけが、保険に入ったりメットかぶったり、安全対策ばっちり!」ってなんだかずるくないか、という、今思えば不思議な考えに至ってしまい、そのままエマージェンシーカードの素材も仕舞い込んでいた。
 
 結局、自転車に乗りたいということ、誰にも全く何にも迷惑を掛けない趣味はそう多くないこと、こちらの安全対策は歩行者や車の運転手側にとっても大事であること、を自分の頭で納得できたので、スコットくんのもとにも帰って来たし、ヘルメットもかぶり続けているし、保険も入り続けているわけなのである。
 そして、随分遅ればせながら、ではあるけれど、久々に早めに帰宅できた本日、エマージェンシーカードを作ることにした。

 こちらが、昨年5月から引き出しに眠っていた、カードケースと、中身に使うカード。
 ラッキーアイテムのモチーフがいっぱい書かれたカードなのだ。

 IMG_1254.jpg

 使うのは、こちら。
 ポイントは言うまでもなく、右下のうさぎちゃん。

 IMG_1255.jpg

 書く内容は、以下の通りとした。
①名前(振り仮名)
②生年月日
③血液型
④住所
⑤緊急連絡先(親の携帯電話)
⑥加入している保険会社の連絡先

 裏側に保険証のコピーを貼って、マスキングテープでちょっとお洒落な感じ(当社比)にして、あっという間に完成!
 明日も、週末も、これを持ってスコットくんとお出かけできたらいいな、と思いつつ、夜更かしになってしまっている事実に愕然。
 早くお風呂に入らないと!!

 にほんブログ村 自転車ブログ 女性サイクリストへ にほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへ


 

店長に相談だ♪

 幼稚園の頃毎日牛乳を飲んでいたのに背がのびなかった私は、牛乳に相談することはないが、自転車関連で困ったことはつまらないことでもすぐに相談する相手がいる。
 スコットくんの実家である、超ハイパーなお店の店長さんである。
 初心者がうろうろ入るにはもったいないようなお店で、実際お客さんにはベテランガチ勢が多いのだが、誰の紹介もなく一人で突撃したのるひとにも親切丁寧に対応してくれる、素敵なお店なのだ。
 一番感動したのは、ロードバイクとか多分全然興味ないであろうママチャリライダーの主婦の方が、「パンクしちゃって……」とふらっと到来したときのこと。
 店長さんはすごく愛想よく、「お預かりします! 今お客さんが多いので、夕方くらいの仕上がりでも大丈夫ですか?」と対応していた。
 お店にいた私も、ばっちりサイジャーのガチ勢も、「こりゃ、入るお店を間違えちゃったんだな」と思っていたところだったので、店長さんの度量にびっくり。ああいうお客さんも結構いるんですか?と聞いてみたところ、「店頭にロードをずらっと並べているんであんまり多くはないですけど、来ていただいたらどんな自転車でも対応しますよー」とのこと。
 本当にすごい人は、わざわざ高い壁なんか作らんのだなぁと思ったのであった。

 今日の相談事は3つ。
①ホイール、替えてみたいんす……
②替えのチューブってどれ買えばいいんですか?
③このベル、使いものになります?

 ホイールについては、別に早く走れるようになりたいとか、楽に長距離走りたいとか、そういう願望ではなくて。
 ただただ、軽くしたい、なぜなら輪行が楽になりそうだから!という理由のみ。
 そんな感じの相談をしたところ、店長さんがホイールを一つ手渡してくれた。
 片手にスコットくんに履かせているホイール、もう片方にお店のホイールを持ったところ、思わず、「軽い……かも」という正直すぎる一言が漏れた。
 もちろん、体感でばっちり分かるくらい軽いのだけど、全く重みを感じないわけではないんだなぁ、当たり前だけど。
 
店 「これが、かなりいいホイールでして」
乗 「ほぅ……」
店 「15万円です」
乗 「お返しします。ていうか怖いんで持ってらんないです!!」

 うはは、と笑って店長さんはのるひとの手からホイールを回収。
 
乗 「こういうのって、やっぱりレースとか、そういう人が買うんです?」
店 「いや、趣味でお金掛けたくなる人が買いますね。このホイールの性能を本当に活かす機会はほとんどないですよ」

 あわわ。正直か!
 店長さんは、ホイール変えたいなぁ、というお客さんに紹介しているものの名前を幾つか教えてくれた。
 ①カンパニョーロ ZONDA
 ②マビック キシリウムエリート
 ③シマノ RS81 C24
 いずれも5~7万円くらいの価格帯で頑張れば手が届く範囲、かつ、「おぉ~ホイール変えたった」という実感が得られる、というものらしい。
 スコットくんの今のホイールは完成車に元からついていたものなのだけれど、それがシンクロスのもので、大体2万円くらいらしいから、単純に価格だけでいうと、2、3倍のランクアップになるわけである。
 うーむ。迷う。
 動機が、「輪行に行く前の『重いんだろうな……』という心理的負担を減らしたい」というだけなので、ちょっと二の足を踏んでしまう。
 長距離輪行予定が3月にあるのるひととしては、替えるならその前。
 取り寄せでも、メーカーに在庫があれば1日くらいですよ、と店長に教えてもらったので、しばらくうむうむと悩むことにしよう。
 
 次の相談は、パンク時のための替えのチューブ。
 何を買えばいいのか分からんのです、という相談であった。
 なんでも、のるひとの使っているホイールはわりとリアが長め?らしく、あんまりバルブば短いと良くないそうだ。
 バルブは50ミリ、タイヤのサイズは700×23Cなのでそれに当てはまるサイズのチューブを買いましょう、とのこと。
 せっせとスマホにメモしつつ、最初の1つはこのお店で購入。1,200円也。
 こちらのお店では定価でしか売っていないので、本当はY'sみたいなお店で買った方がお得なのだろうと思うけれど、いつもお世話になっているし、丁寧に教えて頂いているので、まぁまぁ最初くらいは。
 ついでに、すぐそばに置いてあったタイヤレバーも500円くらいで安かったので深く考えずに購入。

 買ったものはこれ↓

 IMG_1252.jpg

 さらに、ポンプも購入。TOPEAK PoketRocketというもので、値段は2,268円(税込)也。店長さんのおすすめを購入したのだが、のるひとは知っている、それ、お店に置いてあるものの中で一番安いやつや!
 商売っけ!

乗 「けっこう携帯ボンベで空気を入れるのは大変だから、女性はCO2ボンベがあった方がいいんですよね?」
店 「いやいや、CO2ボンベは一発勝負で失敗したら終わりですから。通勤とかで使っていたり、レースに出てたりして、パンクしたら速攻直さないといけない人はともかく、普通の人はボンベの方がいいでしょう」
乗 「えぇー、力とかいらないんですか!」
店 「要りません。根気よくしゅこしゅこやってれば大丈夫です。力が要るというのは、はめかたが悪いのです」

 早速店長さんの空気入れ講座が始まる。
 バルブ緩める→真っ直ぐに差し込む→レバーみたいになっている部分を立たせて固定(これは、我が家で使っているボンベと同じ構造)→しゅこしゅこする→真っ直ぐに引き抜く
 以上! なんか簡単そうだ…… しゅこしゅこを繰り返す根気さえあれば、なんとなくうまくいきそうな気もする。
 
乗 「フレームに取り付けできるんですよね、これ」
店 「できますよ、ていうかやりますよ!」

 ということで、さらっと付けて頂いた。
 
 写真は帰宅後↓

 IMG_1253.jpg

 のるひとよ、この向きでボンベを台座に付けることを忘れてはならぬ。
 しゅこしゅこする部分が上になっているので、ぱちん、と嵌めたところが仮に外れてしまっても、下に伸びてフレームにかちんと当たることを防ぐための、意味のある逆向き固定なのである(店長さん談)。

 この時点で、「うおー、かっこいい! スコットくんかっこいいよ! グレードアップ感ありありだよ!」と興奮。
 ついでに、「タイヤ交換ってそろそろですかね?」と水を向けてみたのだが、「まだひび割れもないですしね、まだまだ大丈夫ですね」とあっさり。
 バーテープとタイヤを黄色にして、総北信号機カラーでまとめる、という計画は持越しだ。
 
 ついでにさらっと点検をして頂いて、「きれいに乗ってますね。大切にしてもらえて嬉しいです」と素敵な言葉を頂いて。
 3月の輪行予定を自慢させて頂いて。
 「パンク修理やり方分からなかったら、また教えますんで、来て下さいね!」と言って頂いて。
 とっても嬉しい気持ちになりながらお店をあとにした。
 
 ベルについて確認し忘れたことは、帰宅後に思い出した……

 さて、次の場所に行こうか、今日はもう帰ろうか、と迷いつつ、ちょっと寄り道。

 待つスコットくん↓
 
 IMG_1248.jpg

 本当は一緒に行きたかったのだが、行き先はお寺。
 自転車乗り入れ禁止だったので、泣く泣くお留守番を頼む。

 目的は、梅の具合の確認。
 次のお休みあたりに梅を見に行こうかなぁと思っていたので、まずは近場で、咲き具合を確認するのだ。

 うーん、悪くなさそう。

 IMG_1250.jpg

 こちらは蝋梅。
 いいにおいがした。

 IMG_1249.jpg

 ここで、「蝋梅はね、梅じゃないんですよ」と突然話し掛けてきた、一人のおじいちゃん。
 何のかんのと梅の話を教えて頂き、お寺の話も聞き。
 一旦お別れしたと思ったら、スコットくんに乗り込む準備をしつつ、次の目的地までの道を確認していたところで、「かっこいい自転車だねぇ」と話しかけられ。
 なんでもおじいちゃん、5年前の70歳まで、ロードに乗っていたとのこと。ご家族に危険だと反対され、今はママチャリライダーに転向なさったそうだ。
 何年乗ったんですか?と聞いたら10年というから、60歳からの趣味だったっていうことかと。すごいなー、いくつになっても趣味って始められるんだなぁ、としみじみ。
 その後、おじいちゃんに写真を見せて頂き、お勧めの公園の話をされ、お友達になろう電話番号を教えてくれと言われ。
 えぇーおじいちゃんがせめてあと40歳若ければやぶさかでもないんですけど…と思いつつ、「大体同じコースを走っているみたいなので、また次にも会うことができたら、お友達になりましょ!」と言うことで退散させて頂いた。
 電話番号って、ハードルが高いんだなぁ。メアドはともかく。これって私の世代のせいかしら?

 30分くらいの立ち話で、すっかり体が冷え、トイレも行きたくなったので、今日は帰路につくことに。
 途中で好きなパン屋でエビかつバーガーとソーセージパンを買って、ちゃりちゃりと帰宅したのであった。

 (追伸)
 先日、ブログ記事のカテゴリ分けを変更。
 これまで、目的地がちゃんとした場所のときは「スコットくんとのデート先」、それ以外のライドと乗ってないときの記事は「自転車系日常」に突っ込んでいたのだが、自転車系日常が膨らんできたのと、デート先に入れるべきか日常に入れるべきか分からない記事も増えてきたので。
 乗ったとき→スコットくんとのおでかけ
 乗ってないとき→自転車系日常
 に決めた。
 書く内容もノリも特段変わらないので、だからなに?って感じではあろうかと思いますが、一応念のためご報告です。
 引続き宜しくお願いします。

 にほんブログ村 自転車ブログ 女性サイクリストへ にほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへ

   

«  | HOME |  »

2016-02

プロフィール

 

のるえ

Author:のるえ
2014年11月22日からロードに乗り始め、未だ飽きる気配なし。
相棒は、SCOTT Speedster 20(2015年モデル)のスコットくん。

 

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ