Latest Entries

輪行は、包むことより、移動と再組立てが難しい?!

 昨日、友人たちと羽田空港に遊びに行った。
 一緒に自転車で羽田まで行ったらぴちゃんは自走で帰宅、みどちゃんとべダルちゃんはこのまま弱虫ペダルを見に行くとのことだったので、羽田にて3方向に解散。

 ここからは、1人+自転車の、電車旅である。
 うん、ちゃんと自立している。

 IMG_0919.jpg

 さて、輪行してみた感想。

①電車内は意外と楽
 乗り込む場所さえ間違えなければ、そんなに人様の迷惑にもならない。
 たとえば一番前、一番後ろとか、せめて車両の端っこのドア付近とかに立っていれば、乗り降りの邪魔にはならないのだ。
 特に羽田周辺は、自分よりも大きい荷物を持った旅行者の方もちらほらいるので変に目立つこともなく、輪行初心者にはとてもいい練習機会になりそうだと思った。

②ハブ駅での乗り換えに注意
 家に帰るまでに、1度、沢山の路線が乗り入れている大きな駅で乗換しなくてはならなかった。
 これが1番大変だった。
 まず、人波に呑まれそうになる。
 スーツケースと違って、輪行袋は体にぴったりと寄り添わせて歩くからなのか、真っ黒であるせいなのか、大きな荷物を持っていることをあまり認識してもらえないのだ。
 だから、前から来る人や、私を追い抜こうとする人が、「うわっ、近っ」という距離感でやってくる。
 向こうも、「あっ」という表情になるし、私も慌てて避けようとするのだけれど、人間急には方向転換できないものである。
 結局2回くらい、自転車を人にぶつけてしまった。
 どちらかと言うと「ぶつかられた」という感じではあったが、きっと多分痛かっただろうなぁ、すごく、と思うと申し訳なくもなる。 
 人に迷惑を掛けないよう、また無用のトラブルに巻き込まれないよう、できれば乗換駅も、あまり人の多くなさそうなところを選べるといいな、と思った。

③結局、どう持ち上げるのが正解なのか分からず終い
 ハンドルがある側に立つと、ハンドルが突き刺さって痛いし、ギアも当たってしまうので、逆側に立つ。
 そうすると、絶対に右肩で担がなくてはならなくなるような気がするのだが、気のせいだろうか……? 
 できれば左右交互に持ちたいのだが。
 さらに、「おおっ、今すごい楽、全然重くない!」というときと、「あ、もうだめ、なんか突き刺さってる、痛い」というときが、交互にあった。一体どうやって持ち上げているときが自分的に最適ポジションなのか分析したかったのだけれど、確信が持てる結論はなし。
 あと、あちこち気付かぬうちにぶつけていたようで、足に4か所くらい青あざができていた。
 また近いうちにやってみて、楽で痛くなくて痣もできないポジションを実践で探るべきだろうか……。

 輪行袋に入れる際も、肩紐以外はわりとスムーズにできた。
 持ち運びまあ大丈夫だったけど、青痣ができない方がいいなぁ。
 というわけで、輪行への苦手意識はそこまで湧かなかった。

 私が苦手意識の塊になっているのは、後輪の取付である。
 今日はスコットくんをきれいに磨きつつ、組立を行うことに。
 
 1晩経っても、まだしっかり立っている。
 よほど店長さんの教えが良かったんだな。
 
 IMG_0921.jpg

 そして、恐怖の後輪の時間である。
 皆さま方からのアドバイスに沿って、リアギアを一番小さいところにしてから、取り外ししていた。
 フロントギアの方は、店長さんの教えに則して、大きいギアの方。
 
 さて、リアギアにチェーンを引っ掛けて、がしゃん。

 あれ……?
 
 一発で入っている! 

 皆さまのコメントに感謝の念を抱きつつ、わくわく気分で前輪も付けて、よし、完成!
 と思ったところで、ペダルを回してみようとして、ぴくりともしないことに気付いた。
 おやおや、とあちこち見てみると、フロントギアにちゃんとチェーンが掛かっていない。
 手で一番大きいギアに置いてみるけれど、変化なし。
  
 うう、と思いながらもう1度嵌め直して、はっぱりペダルは動かない。
 チェーンは、なぜかフロントギアの小さい方に引っかかっている。
 もう一度、手でチェーンを大きいギアに付けようと思うのだが、何だか必ず小さい方に引きずられてしまうのである。

 30分ほど格闘して。

 のるひとは、考えるのをやめた。
 (※ジョジョは未読です)

 小さい方にチェーンが行こうとするなら、行かせてやればいいじゃない。
 それから、ギアをぺこぺこと変えてみると、
 フロントギア:小さい方、リアギア:小さい方、のところで、ペダルがくるくるとちゃんと回ってくれた。

 うーん、これは一体どういうことなんだろう。
 ①フロントギアを大きい方に掛けていたというのが勘違いで、実際は小さい方にしていた
 ②運んでいるうちに、気付いたらギアが変わってしまっていた
 ③組み立てているうちに、気付いたらギアが変わってしまっていた
 といったようなことが考えられるが、うーん。

 尤も、皆さまのコメントのおかげで、「なんとなくだが、リアギアは大丈夫そうな気がしてきた」という気持ちにはなれた。
 ありがとうございました。
 へっぽこ過ぎて「もー、なんで後輪つかないんだよぉ、やだよぉ~」と泣きそうになったが、これにめげずに、スコットくんに付き合ってもらおうと思う。

 私のせいで、傷だらけだけど……

 ↓塗装はげた
 
 IMG_0923.jpg

 ↓なんか傷付いている

 IMG_0924.jpg
 
 ↓なんか傷付いている②

 IMG_0925.jpg
 
 フレームの白いところは、むしろ傷だらけすぎて、どれが新しいものか判別不能。
 不器用な持ち主のところに来てしまったスコットくんが不憫だが、キズモノになっても愛し続けますぞ。

 とりあえずチェーンをぐいぐい引っ張ってしまって心配なので、来週、ちょっとお店の方に点検をお願いしたい。
 それから、改めて後輪の着脱を練習しなければ。
 輪行して帰ってくることはできても、輪行して出掛けることはできないなんて、ちょっと寂しいもの。

 にほんブログ村 自転車ブログ 女性サイクリストへ にほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへ

  
 

多摩川CR×輪行=羽田空港

 先日来度々言及していた、「わくわくイベント」。
 多摩川CRで待ち合わせ、大した距離でもないのに輪行、のキーワードでネタバレしていたかもしれないのだが、本日の目的地は羽田空港だった。
 
 メンバーは、らぴちゃん(ラピエール乗りの友人)、みどちゃん(御堂筋ファン、と見せかけて鳴子推しの友人)、ペダルちゃん(私をペダル沼に引きずり込んだ友人)。
 とはいえ、自転車に乗っているのは、らぴちゃんと私だけ。
 みどちゃんとペダルちゃんは別途電車で移動して、空港集合なのである。本当に付き合いのいい友を持って幸せだ。

 昨日の時点からあまり天気が良くなさそうで心配していた。
 先に家を出発するらぴちゃんが出る時間の天気で、決行か中止かを決めよう、ということで、ドキドキしながら眠りについた。
 目を覚ましてみると、小雨というか、霧雨というか、という感じ。
 でも行きたい、今日を逃すとまた1か月くらい行けない、とうじうじしていたところで、らぴちゃんから、「出発しまーす!」のメッセージが入った。
 嬉しい気持ちで私も準備をして、らぴちゃんから遅れること30分程度で出発しようとしたところ。
 母上が、「風邪を引くんじゃないか」「道が滑るんじゃないか」「普通にランチでもすればいいのに」とあれこれ。
 思わず出掛けに、面倒くさいなぁ、と言ってしまった。
 
 うむむ。
 家を出る間際にネガティブなことを言うと、結構くよくよ引きずる性質なのだ。うーん。
 やだなぁ、変なこと言っちゃったなぁ。

 そう思いつつも、スコットくんは快調に進む。涼しいけれど漕いでいるうちに身体がぽかぽかしてきて、そこに霧雨が、それこそ霧吹きで顔に水を掛けるようにかかるものだから、とても気持ちが良かった。
 先日の下見での反省を生かして早めに出たので、気分も落ち着いていて、いつも以上にゆっくり、丁寧に進んだ。
 やっぱり自転車に乗っていると、ちょっとうじうじした気持ちとか、仕事のストレスとか、すぅ、と消えていって、自分が謙虚に振る舞おうかなぁ、落ち着いて物事の良い面を見たりしていきたいなぁ、という気持ちに自然となる。

 無事に多摩川CRに入り、先日到達したガス橋まで行って、一旦停止。
 母上にLINEで「雨止んでまーす!」とご報告(本当はまだ止んでなかったけど)。
 ありがとう、と返事が来て、これで心底すっきりした気持ちで羽田空港を目指せる。

 待ち合わせ場所の多摩川大橋には、予定より5分ほど早く着いた。
 近くにゴルフ場の受付兼休憩所があって、そこでお手洗いをお借りすることに。
 スコットくんを止めていると、ゴルフに来たらしいおじさまから、「軽そうな自転車ですね!」と声を掛けられた。
 そのおじさま、大きなゴルフバックを持っているのに、ママチャリでここまで来た様子なのである。
 一体どういう漕ぎ姿だったんだろう、と不思議に思いつつ、少しお話してからお手洗いへ。
 そうこうしているうちに、らぴちゃんから、「20分ほど遅れる!」と連絡が来たので。

 スコットくんをしっかりロックし直して。

 IMG_0891.jpg

 少し冷えた体をあたためて休憩。

 IMG_0892.jpg
 
 先ほどのおじさまが横に来たので、単身赴任の苦労やら地元のお話やらを聞きつつ、20分間待った。
 おじさまも自転車で羽田に行ったことがあるらしく、神奈川側を走ると、下流寄りで羽田に渡れないよ、と素敵なアドバイスを頂いた。 

 それから、神奈川側から東京側に多摩川大橋を渡り、しばらくぼんやり待ったところで、らぴちゃんが到着。
 ちょうど道路を挟んだ向かいと向かい。
 無理矢理渡ってこようとするらぴちゃんを押しとどめて、それぞれ自分に近い方からCRに入り、多摩川大橋を渡ったところで合流した。
 
 上を走るべき? 下を走るべき? ときょろきょろしながら出発。
 多摩川CR・東京側の下流は、とにかく広くて、人通りも少なくて、すごく走りやすい。
 途中から川と同じ高さになるので殆ど川が見えなくなったり、サッカー少年、野球少年が可愛かったり、という些細なことにもはしゃいでしまう。
 前後でちょっとだけ喋ったり、人がいない瞬間には並走したりと、ここのところずっとぼっちライドだった私には、とても楽しい時間だった。

 何か有名らしい、六郷水門とラピエールさんとスコットくん。
 
 IMG_0895.jpg

 更にもう1枚。奥に並んでいる。

 IMG_0899.jpg
 
 らぴちゃん納車直後に遊びに行ったときは、「自転車だけ写真撮るの?!」とびっくりしていたのに、今日は、らぴちゃんの方から、「自転車並べて撮ろう! あ、私の写真はいらんわ」と言われた。
 なんだかすっかり親バカになっている。気持ちはよく分かるけれど。
 ロードバイクってペットみたいだよねぇ、天気がいいのに乗らないなんて可哀想! 今週乗れないなら、せめてメンテくらいしてあげたい!ってなるよねぇ、等と言いつつ、再び出発だ。

 下町っぽい景色にびっくりしたり、全然避けてくれない鳩にびびったり、本当にこの道を進んでいいのか、と悩んだりしつつ走り続けていると、目の前に、ついに飛行機と空港が現れた。
 11時に多摩川大橋で会ってから、1時間も掛かっていないくらいだった。

 IMG_0903.jpg

 写真を撮ったり、みどちゃんたちに連絡したりしている間に、釣り人さんたちが集まって来る。なんでも、今日は蝦蛄を釣り上げたそうだ。
 こんなところで蝦蛄が捕れるんだねぇ、捕ったあとどうやって食べればいいんだろう等とひそひそしつつも走り出す。
 
 某ブログ様で予習していたのるひと、「鳥居があるはずなの、そこを通れば空港に行けるはずなの」ときょろきょろしていると、らぴちゃんが「あぁっ、鳥居!」と発見してくれた。
 実はこの鳥居、ちょっとした曰くつきだそうで。写真撮って平気かなぁ、とこそこそしていたのだが、その「曰く」を調べてみても、別に我々に害がある感じのものではなさそうだったので、1枚。

 IMG_0906.jpg
   
 でもこちらの鳥居をくぐるときは、神様の通り道を邪魔しないよう、力いっぱい端に寄って通行。
 しばらく行くと、空港らしい感じになってきた。
 結構ギリギリまで行っていいらしいよ、と再びブログ様の情報を活用し、2人して空港にどんどん接近していく。
 
 まさに旅に出そうな1枚。いつか自転車を持って海外旅行に行きたいなぁ。
 
 IMG_0907.jpg

 こちらが本日のゴール。
 
 IMG_0908.jpg
  
 天気も途中から持ち直して、暑くも日差しが強くもなくて、いい景色も見られて、楽しい会話もして、最高のサイクリングだった。
 だがしかし、のるひとにとっては、ここからが本番と言っても過言ではない。

 輪行である。
 
 らぴちゃんの輪行袋は、前輪だけ外すタイプ。
 あまり待たせるわけにもいかない、と思って、今回はクイックレバーの取り外しは省略。
 エンド金具の付け方をすっかり忘れていて、「あれ? なんかスコットくん、塗装剥がれてるよぉぉ!」とあせったり、肩紐を出す穴の存在を忘れていて、「肩紐短っ」となっているところをらぴちゃんに救われたり、バタバタだったが、何とか自立する状態に持っていけた。
 一方、大変そうだったのはらぴちゃんの方。うまいこと肩紐がくっつかなかったのである。
 私も前輪だけ外すタイプの輪行袋の作りは全然分からなかったので、手助けすることもできない。
 
 結局、肩に担げる状態にすることができず、こんな感じで空港内を移動。

 IMG_0909.jpg

 先に空港に着いていたみどちゃん、ペダルちゃんが目を付けていてくれたご飯屋さんがちょっと小さめだったので、預けることにした。
 この自転車のサイズだと、800円(時間は24時間なので、自転車で行って帰る人間にとっては、全然気にしなくていい設定)。
 身軽になって空港内をうろうろできるので、高いサービス料ではないなぁ、という感じだ。

 途中から、お腹空いた、なんか食べたい、しか言わなくなっていた私とらぴちゃん。
 ようやくありつけたご飯は、おでんと出汁茶漬け! 
 
 IMG_0910.jpg
 
 写真におさまりきらないボリュームで、みどちゃんとペダルちゃんがちょい残ししている中、らぴちゃんとのるひとはあっさり完食。らぴちゃんはこれに穴子の天ぷらまで付けていたほど。 
 やっぱり自転車に乗ると、なんだかお腹が空くのだ。
 自転車の話や、最近の映画・漫画・アニメの話(4人それぞれ、方向性は微妙に違うが、オタク的傾向ありなのだ)で盛り上がりつつ、ぱくぱくと食べ終えた。
 
 今日はたまたま、羽田の国際線ターミナルでは、お江戸なんとか、というイベントを開催していて、みどちゃんたちはそのスタンプラリーにかなり真剣に参加していた様子。
 彼女たちの景品交換にお供しつつ、プラプラ。
 花魁道中あり、忍者あり、お相撲さんありで、今日の羽田空港・国際線ターミナルは見所満載である。
 このイベントを知っていたわけではないのだが、この偶然のおかげで、自転車乗らない組にも楽しんでもらえたようで嬉しい。

 ちゃんと展望デッキにも行って、空港感を味わった。
 この飛行機、自転車に乗っている人の絵が描いてあって、とても可愛いのだ。
 
 IMG_0911.jpg
 
 最後におやつ。

 IMG_0916.jpg
 
 皆でやったガチャガチャ。のるひとが今一番好きなキャラクター、ぐでたまである。

 IMG_0917.jpg

 とっても可愛いのだが、これのタイトルが、「落ちちゃう~」なのである。
 わたくし、一応タダイマお勉強真っただ中なのである。
 縁起でもないんだけど、と言ったら、みどちゃんが、「落ちちゃう、であって、もう落ちちゃっているわけじゃないから。ほら、ちゃんと掴まって持ちこたえてるでしょ?とフォロー。実際、みどちゃんの一眼レフで撮った写真だと、落ちそうというより、今にものぼってきそうな写真になっていた。
 いい友を持ったものである。

 肩紐が使えないので、わりと近い実家まで自走するというらぴちゃんをお見送りし、このあと弱虫ペダルの映画を見に行くというみどちゃん・ぺだるちゃんとも解散し、ここから1人、初・輪行で電車乗車、となるわけなのだが、こちらの話はまた次回。
 反省点あり、疑問点あり、学んだ点あり、なので、きちんと記録はしようと思っている。

 今日は久々に、お勉強のことはほぼ忘れて過ごせた。
 これが本当の、のるひとの2015年・夏休みだった。

 にほんブログ村 自転車ブログ 女性サイクリストへ にほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへ

 

   

«  | HOME |  »

2015-08

プロフィール

 

のるえ

Author:のるえ
2014年11月22日からロードに乗り始め、未だ飽きる気配なし。
相棒は、SCOTT Speedster 20(2015年モデル)のスコットくん。

 

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ