Latest Entries

あこがれの輪行マスターに

 プチ夏休み第2段中日の本日、テスト勉強の気分転換を兼ねて、スコットくんとふれあう。
 今日はおデートではなく、お勉強。
 せっかくお店も空いていそうな平日昼間に時間があるのだから、スコットくんのご実家で、輪行を教えて頂くことにしたのである。
 実は来週、ちょっと楽しいイベントが控えていて、輪行マスターになりたいな、ならなくちゃ、絶対なってやる、なのだ。
(ちなみにポケモンは、お初が緑。その後長い長いブランクを経て、白。緑のときは2つ目の町くらいで挫折したのだが、白はちゃんとクリアしたうえ、当時の大学の研究室でプチブームを築き上げたのであった……)

 まずはちょっと景色のいいところで、

 IMG_0843.jpg

 エネルギー補給して英気を養う。

 IMG_0845.jpg

 これで小倉・抹茶・カスタードを制覇。
 カスタードが一番甘さが強くて、私は好きだった。
 
 沖縄から来たというおばさまに話し掛けられたとき、ちょっぴり嘘をついてしまったので、ここで懺悔。
 
 タバコ吸っていいと思いますか、と訊かれて、「うーん、分かりません」と言ってしまってすみません。
 多分看板とかはなかったので、本当は吸ってもOKだったんじゃないかな、と正直思っております。
 ただ個人的に香りが苦手なのです。
 でも、この辺りの風景を気に入って下さっていて、とても嬉しかったです。
 
 ……多分読まないと思うので、あくまで自己満足である。
 
 それからお店へ。
 最近、実業さんはお店に出ていらっしゃらないとのこと。
 店長さんお1人で切り盛りしているらしいので、混雑するであろう週末に「輪行教えて下さい!」とは言いにくかったので、今日の機会を利用したのだ。
 予想していた通り、お店に他のお客さんはいなかった。
 軽く点検して頂いたあとで(ハンドル周りとチェーンをちょっと調整して頂いた。ハンドルの方は体感できる不調はなかったが、チェーンは確かに、何度か不穏な音がしていたときがあったので、直して頂いて有難い)、いざ本番。
 先生:店長さん、生徒:のるひと、のとても贅沢な輪行教室、開催である。
 身バレしそうなのでお店は明かせないのだが、この辺りのローディさんに聞けば、「ああ! あそこか!」と必ず分かるであろう、玄人向けのお店で、店長さんもすごい人なのだ。
 こんな基本的なことで頼ってすみませぬ……と思いつつ、丁寧に教えて頂いた。
 本で読んだり、動画で見たりするのと違って、分からなかったところですぐ解説して頂けるし、立体的に動作が見られるしで、理解度が全然違う。
 空間把握が苦手なのるひとも、ようやく、あぁ! こういうことやってたのか!と納得できたのであった。
 
 家で一回練習してみて下さいねぇ、と見送られ、はーい、と元気にご挨拶して。

 お店から近い高架下で、練習開始。
 家まで帰って、輪行袋に入れられないわ、組み立て直せないわ、っていう惨事が訪れた場合、どうしていいか分からないのだもん……
 ここだったら、万が一、にっちもさっちもいかなくなったら、スコットくんを担いでお店まで戻れる。
  
 IMG_0850.jpg
 
 さて、練習開始。
 ここからは、のるひと自身の備忘も兼ねて、みっちり記載。
 店長さんからのアドバイスの前には☆、のるひとの気付きコメントには★、を付けることにする。

 まずはギアの位置。
☆リアはともかく、フロントは必ずアウターにすること。ギザギザしているところにチェーンが掛かっていないと危ないため。 
 IMG_0851.jpg

 前輪・後輪を外して、スコットくんをひっくり返す。
★後輪を外すときは、怖がらずにチェーンを「うわっ」てやってOK。
 IMG_0852.jpg

 エンド金具を取り付け。
☆これとサドルが床に着く部分となる。ひっくり返っていると分かりにくいが、ちゃんとサドルと水平になるように、角度に気を付ける。
 IMG_0855.jpg

 フロントにも金具を付けたら、サドルとエンド金具で立たせてみる。
 (フロントに取り付けるもの<名称分からず>は店長さんのご厚意で分けて頂いた。ありがとうございます!)
☆ハンドルは、ギアと反対側に傾けること。
  IMG_0856.jpg

 一方、ホイール。
 真ん中の芯みたいな部分を抜く。
☆抜いても抜かなくてもいいが、抜いたほうがフレームを傷付けない。
 無くさないように、きちんとキャップになる部分をぎゅっと締めてからしまうこと。
 バネは、「外側に向かって大きくなる」という向きではめること。
★長い方が後輪用、短い方が前輪用(ギアがある分、後輪の方が長くなきゃなのである)。
 IMG_0857.jpg

 ホイールをフレームと合体。
☆フレームの右側(ひっくり返した状態で)に後輪を、左側に前輪を置く。
 ハンドルで、右側に置いた方を固定する感じで。その際、フレームと変な風にあたってしまわないように注意する。
 中締めベルト3本で固定する際は、「1本ずつぎゅっと絞る」のではなく、3本をちょっとずつ締めていく。
 これで、力が均等に入る。
IMG_0858.jpg

 この辺りで、輪行袋の上にスコットくんをうつす。
 つぎは、ショルダーベルトの取付。
★実は、ここが一番苦労したところ。
 というのも、「チェーンステイ」に付けるのは覚えていたのだが、「もう一方をヘッドチューブに」という部分をすっかり失念。
 チェーンステイの部分で一周させてしまって、輪行袋を持ち上げてみて、うわっ、なにこれ超不安定!となったのである。
 ここまでで、所要20分くらい。
 そこから、スマホ先生に泣きついて、ショルダーベルトの取り付け位置を再確認。

 後ろの方に付けて。
 IMG_0865.jpg
 
 袋の穴を通してから、前の方にも結び付ける。
 IMG_0864.jpg

 で、袋を閉じて終了!
 実は1回目の袋とじの際には写真を撮ったのだが、その後ショルダーベルトのミスに気付いて、やり直してからは、ぐったりしてしまって完成形の写真は取れず。
 なんとなく、30分くらいあればできそうかな、くらいの気持ちにはなった。

~輪行教室・復習編はここまで~
 
 最も苦労したのは、このあとである。
 のるひと的鬼門・後輪の取付。

 ばかみたいな話だが、これで30分くらいかかった。
 途中で半泣きになって、本気でお店に担ぎ込もうかと思ったほど。
 チェーンが何度もフロントギアから落ちてしまうし、体中チェーンオイルで汚れるし……
 IMG_0861.jpg
 
 なんとか、後ろのギアがかちゃん、と入ったときも、一体これまでやっていたことと、今やったことの何が違うのか、実感は持てなかった。
 なんとなく、成功した時は、リアギアとチェーンの接触する部分がちゃんと真っ直ぐになるようにしたのだが、それが奏功したのだろうか。
 もう1回外して、もう1回付けて、勘を掴む気概は持てず、今日はここで終了。
 輪行よりむしろ、その後の組み立てを練習した方が良さそうだ……

 続いて、前輪。
☆タイヤのマークが矢印のように進行方向を示していると考えると、向きが分かる。
 それに合わせて、中芯<正式名称不明>を入れ直すこと。バネのむきに注意!!
IMG_0867.jpg

 なんとかこの状態に復帰。
 IMG_0870.jpg

 高架下に1時間くらいいた。アホみたいだ。
 通行人の方々の視線を時々感じて恥ずかしかったけど、まあ仕方が無い。

 疲労困憊を癒すために、またこちらにお邪魔してしまった。
 毬まる。

 IMG_0871.jpg
  
 あぁぁー、冷たくて甘くて身に染みるぅ。
 オイルまみれの私の手を見て、お店のおばさまが、「絵ですか? 書道ですか?」と訊いて下さった。
 「いや、自転車のチェーンオイルです」(キリッ
 とお答えしたところ、「あらあら、無事に直りましたか?」と心配して頂いた。
 そうですよね、普通、オイルまみれになってたら、何かを修理したと思いますよね。
 どこも壊れてなかったのですが、タイヤを外して輪行袋に入れて、もう一度組み立て直す練習をしてまして、と説明しているうちに私のソフトクリームが溶けてしまいそうなので、「ええ。直りました☆」とにっこり微笑んでみた。

 その後、石畳の道、下り坂、上り坂を経て、乾電池を買って家に帰ったが、スコットくんの調子は上々。
 車輪をはめるのに苦労はしたけれど、調子は悪くないようで一安心。
 
 来週末までに、もう1回練習できるかしら……? それとも、待ち合わせ場所までの道筋を練習すべきかしら……?
 と、楽しい予定に胸ふくらませる、テストを控えたのるひとなのであった。

 にほんブログ村 自転車ブログ 女性サイクリストへ にほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへ

«  | HOME |  »

2015-08

プロフィール

 

のるえ

Author:のるえ
2014年11月22日からロードに乗り始め、未だ飽きる気配なし。
相棒は、SCOTT Speedster 20(2015年モデル)のスコットくん。

 

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ