Latest Entries

初心者の試み:ヘルメットを洗う

 前回の記事に続き、7月最後の日曜日のことである。
 CR実験から帰宅すると、着ているものもグローブも汗びっしょり。
 ボレロとTシャツを洗濯に出し、グローブを洗い、ふと目に付いたのがヘルメットである。
 
 もちろん、ヘルメットの中も汗はかいている。
 現在使用中のヘルメット、内側にメッシュ生地(以下、正式名称が分からないので「メッシュ」と呼ぶ)が貼ってあるからなのか、隙間が多いからなのか、あんまり熱気がこもってしまう感じはないし、今のところ異臭もない。
 とはいえ、異臭騒ぎになってからバタバタするのも嫌だし、内側のメッシュが、どう見ても取り外し可能なつくりで、「ちゃんと洗えよ?」というプレッシャーをいずこからか感じるので、洗ってみることにした。

 まずは、ヘルメットを解体。
  
 下の写真の状態に持っていくために、部品を取り外したのだが、果たして自分のやり方であっていたのかすごく不安だった。
 のるひとのやり方:ひたすら力を込めて外す⇒メッシュをぺろぺり剥がす
 頭は全くつかっていない。

 IMG_0787.jpg

 薄めた洗剤でごしごし洗って、前頭部で付いてしまっていた日焼け止めもきれいに落とす。
 洗ったものは、グローブと一緒に部屋干し。
 よほど暑いのか、数時間出かけている間にすっかり乾いていた。

 IMG_0786.jpg

 マジックテープの部分に合わせて、再びメッシュをヘルメットの内側にぺたぺた貼り付ける。
 そして、先ほど指に力を込めて外した部品を、再び力技で元の場所に入れ込む。

 お、原状回復に成功したようだ。 

 IMG_0791.jpg

 毎度毎度、何かをやり掛けてから「ネットで調べればよかった!」と後悔する(例:ボトルホルダー取付時)のだが、少なくとも今回は失敗なくできたみたいだ。
 まだまだ猛暑が続きそうなので、また必要に応じてヘルメット(の中身)の洗濯をすることにする。

 にほんブログ村 自転車ブログ 女性サイクリストへ にほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへ 


 

«  | HOME |  »

2015-07

プロフィール

 

のるえ

Author:のるえ
2014年11月22日からロードに乗り始め、未だ飽きる気配なし。
相棒は、SCOTT Speedster 20(2015年モデル)のスコットくん。

 

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ