Latest Entries

レーパン女子、アンパンを食す

 職場の人間関係がつらいのである。
 直属の上司もいい。最近やってきた後輩もいい。同期もいい。おねぇ様方もいい。
 いい感じの人ばかりの中、ちょっと上の先輩だけが、私の悩みの種なのである。
 昨日も、普段防波堤になってくれている同期がいなかったこともあり、ちょっと「えっ……?」と思うようなことを言われ……
 さすがに「えっ……? のるひとさん、可哀想じゃない?」ってなった女の子の後輩に慰められ、愚痴を聞いてもらう始末。
 うぅ、恥ずかしい。でも有難い。
 そんなこんなで終電で帰宅→家でもぐちる→おふろ→まだすっきりしないのでp○○○でバレーやってる高校生に癒される→4時に寝た。
 もちろん、今日は寝こけてしまい、11時過ぎに起床。

 しかし、今日の私にはミッションが2つあった。
①レーパン・デビュー
 らぴちゃんと今年1月にお買い物に行って購入したまま、まだ使っていなかったレーパン。
 週末のらぴちゃんとのサイクリングで履くつもりなのだが、一応その前に試してみたいと思っていた。
 もしも履き心地が変だったとき、さっさと家に帰れるように、まずは1人でのサイクリングで履いてみようと思ったのだ。

②アンパンを食べる
 先日、何かのTVで関根勤が食べていた武蔵小山のあんぱん。
 昔ながら風のあんぱん。色んな種類のあんがあって、とにかくおいしそうだったのだ。
 自転車で行くのにほどよい遠さなので、29日はあんぱんを買いに行くぞ、と心に決めていた。

 13:40、慌てて出発する。
 もうすっかり暑い。首の後ろあたりが日に焼けている気配がする。

 武蔵小山の商店街に到着。
 
IMG_0500.jpg
 
 ろ、ローカル……!
 ちなみに写ってしまったロード乗りさんは全然知り合いではなく、たまたま通ったお方。
 後ろ姿からも分かる通り、颯爽としておった。

 写真を撮っていたら、近くのお店の人に、「おねーちゃん、遠くから来たの?」と声を掛けてもらった。

のるひと「(ロード乗ってる人の常識的には近場ながら、自分的には)はい! 遠くから来ました!」
お店の人「すごいね! かっこいい自転車だねぇ。目立つよ」
のるひと「ありがとうございます」
お店の人「どこまで行くの?」
のるひと「あんぱん買いに行きます」
 
 結局パン屋さんの場所まで丁寧に教えて頂いた。
 「東京にもあったんだ(福山風)」という感じである。
 どちらかというと都会育ちなので、こういうの、なんだか嬉しいのだ。
 他人でさえこんなに優しい言葉を掛けてくれるのに……とまた先輩の顔が浮かんでくるのを振り払う。

 到着したパン屋。 
 今日来たかった、アンパンで有名な、コミネベーカリーさんである。
 なんでも武蔵小山の商店街に2店舗あるそうだ。 
 こっちはどっちなのかな……? あんまりよく分からなかった。

IMG_0503.jpg
 
 アンパンの種類は確かにとっても多いのだが、それ以上に、お惣菜パンが充実。
 それもオシャレ系のパンではなくて、日本の古き良きお惣菜パンという感じ。
 好き……!!
 
 パンをリュックに入れ、つづじがきれいな場所までダッシュ!

IMG_0504.jpg

 座ろうと思っていたベンチの隣で、中学生カップルがいちゃいちゃしてたので、邪魔しちゃ悪いと思い、こちらに座った。
 私? スコットくんというイケメン彼氏が後ろに控えていてくれるから全然さみしくない。

IMG_0505.jpg

 まずはお惣菜パン。
 ごぼう!onレーパン。

FullSizeRender (50)

 お、美味しい! ヘルシーなんちゃらって名前だったと思うのだが、普通にマヨネーズがっつりでハイカロリーぽくて、それがまた良い。

 続いてアンパン onレーパン。

FullSizeRender (51)

 迷った末、結局普通のつぶあん。

IMG_0508.jpg
 
 パン生地が薄くて、なんかあんこそのまま食べているみたいだった。
 おいしい。

 さらに多摩川CRまで走って、本日は13:30~16:00のライド。
 お昼休憩を踏まえても、自分としては長めで満足だ。

IMG_0509.jpg

 ちなみにレーパン。
 履き心地いい。
 でも、よく考えたら最近、、前より長い時間乗っているのに、おしりも前も全然痛くなかったんだなぁ。
 なので、レーパン履いたら世界変わった、的な感動はなかった。
 
 
  

こんなに晴れた日曜日に、自転車に乗らずにいられるだろうか(反語)

 昨日は遊び過ぎてしまって、週末やろうと決めていたお勉強に殆ど手が付けられなかった。
 意志が、弱い……!

 今日の予定は、友人とのランチのみ。
 朝起きて、あまりの天気の良さにテンションが上がり、「午前中は暇じゃー♪ 乗るぞー♪」 といそいそとリュックを用意しようとして……
 昨日手つかずのまま放置していた資料とパソコンに目がとまる。
 うぬぬ。
 
 さすがにこのまま出かけてはダメだろう、ということで、泣く泣くリュックを置き、パソコンを開いたのであった。
 でも、「あー、天気いいな。29日もいいのかな。来週末はどうかな」とついソワソワしてしまい、あんまり捗らなかった。

 友人とランチを食べ、夕方頃に解散し、家に帰る。
 時刻は16時過ぎ。まだあったかい。まだ明るい。

 うぬぬ。

 出したままにしていたパソコンが私を責めている。
 「あれ、今週中にやるんじゃなかったの? 来週末から出張でしょ?」と冷たい目線を送ってくる幻影が見える。
 
「えぇーい! 女には行かねばならぬ時があるんじゃ!」
 と正妻・PCちゃんを足蹴にして、リュックとヘルメットを掴んで、スコットくんのもとへ駆けて行ってしまったのである。

 初心者・のるひとはまだ夜道を恐れている。
 1時間くらいで帰ってくるぞ、と心に決めて出発。

 今日も駒沢公園まで走った。
 時間と心に余裕がないため、いつもより余計にペダルを回す。

 今日は、いつもと違う入口からサイクリングコースへ。

 IMG_0491.jpg

 西日を浴びながらぐるりと1周。
 今日もお子様たちが元気に自転車の練習をしていて微笑ましい。
 後ろからいかつい自転車に乗ってヘルメットかぶった人間がそろそろと付いて行くのも変なプレッシャーを掛けてしまいそうなので、タイミングを見計らって、抜かせて頂いた。
 こういうとき、「○○ちゃーん、ちょっと左に寄ろうねぇ」と優しい感じで声を掛けていらっしゃる親御さんがいると本当にありがたい。
 「○○! あっぶねぇっつってんだろ左寄れ蛇行すんじゃねぇ!」 みたいな感じの方がいると本当にお子様に申し訳なくなるのである。
 ごめん、変なタイミングで私が通りかかっちゃったせいで怒られちゃって本当にごめんよ! あわわ!

 サイクリングコースを走っている途中で、藤の花を発見。 
 更新のたびにうかがっている大好きなブログ様でも、自転車と藤の写真を撮っていて、とてもきれいだなぁと思っていたので、自分もスコットくんを撮ってみたくなり、2周目が終わるあたりでサイクリングコースを外れる。
 
 IMG_0492.jpg

 この間まで桜だったのに、もう藤の季節か、としみじみしつつ、藤棚の下で休憩。
 藤の花は、甘いいいにおいがするんだなぁ。

 IMG_0496.jpg
 
 スコットくんのハンドルだけ、ちょっと映り込ませてみた。 

 IMG_0493.jpg

 帰りも気分転換で、初めて出る出口から帰ってみることに。
 図らずも、つつじやさつきがとってもきれいに咲いているところを偶然通ることができた。 
 赤いつつじなんて、スコットくんと写真に写るために咲き誇ってくれているのかな? というくらいぴったりなのだ。

 IMG_0498.jpg

 ぼんやりしていた時間も合わせて、1時間半くらいで終了した本日のサイクリング。
 帰って来てからも、しばらく外は明るかった。
 こうしてどんどん日が長くなり、夏になっていくのだなぁ。
 走っていて、多分一番気持ちがいいであろう季節の、貴重な晴れの日曜日を無駄にせずに済んでよかった。
 明日からまた一週間がんばれそう。
 
 にほんブログ村 自転車ブログ 女性サイクリストへ にほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへ 
 

 
 

 

ロードはじめた僕、ロードやめる君

 以前の記事でちらっと言及したのだが、22日にスコットくんが我が家にいらしてから、5か月目の記念日を迎えたのである。
 その日は平日だし、会社の先輩たちと夕ご飯の予定があり、特段何もできないと分かっていたので、事前にバーテープを交換して前祝をしていたわけなのだ。

 22日の夕ご飯。
 メンバーは、先輩♂、先輩♀、のるひと♀、のるひと同期♂。
 先輩♂と♀が新婚夫婦。
 先輩♂とのるひとは、以前の部署で引継ぎした仲である。外回りが多い部署だったので、一緒にあちこち自転車(当時乗っていたのは、ママチャリ小五郎)で回ったり、合間にあれこれ奢って頂いたり、夕飯食べに行ったり、また奢ってもらったりと、頭の上がらない相手だ。
 先輩♀と同期♂は大学の同期で仲良し。
 先輩♂と同期♂は今、仕事で色々関わりがあるとのこと。
 先輩♀とのるひとは、今日が2回目くらいの接触である。

 実は、私は先輩♂に言いたいことがあった。それは、去年ロードバイクを買ったのだということ。
 引継ぎを受けていた当時、先輩♂から、ロードバイク購入をおススメされていた。
 当時は田舎暮らしでもあったため、絶対に楽しいぞ、と。
 彼も広い県内のあちこちを、ロードで廻ったらしいのだ。

 しかし、当時の私は、ママチャリだって覚束ない腕前であった。
 引継ぎの最中、派手に転んで先輩♂に驚かれたこともあり。
 足が付きにくいのが怖かったので、先輩に何度パンツをのぞかれそうになっても、サドルを低めに設定し続けた(しかもパンツスーツさえ持っていなかった)。
 そんな私であったので、「自転車に10万以上出すとかwww意味わからないっす先輩wwww」と言って、先輩♂の勧めを一笑に付していたのである。

 そんな私が、ロード買ったのですという報告をしたら、きっとびっくりして、すごく面白がってくれるに違いない。
 なんなら、ついでに東京のいいサイクリングコースを教えてもらえるかもしれないし、連れて行ってくれるかも。
 
 そう思って、ロードの話題を出そうとした矢先のことである。
 先輩♀が、先輩♂の趣味の品々が部屋を狭くしているので、色々と処分しているという話を始めた。
 そして、家の中に置いてあったロードにも、その矛先は向いた。

先輩♀「家の廊下に自転車置いてあるんだよ! 意味わかんないよね!」
 ……ですよね。分かります、私もかつてそう思ってましたもの。

のるひと「えっ。で、ロード処分しちゃったんですか……?」
先輩♂ 「いや、折衷案でベランダに置いてある。本当は、サビとか怖いから外に置いときたくないんだが……」
先輩♀ 「あははは~(←絶対にそろそろ捨ててやる、という表情)」

 完全に流れはこちらに来ていないな、と思ったのだが、ロード購入しましたと勢い余って報告。
 先輩♂は随分盛り上がってくれて、メーカーとか、値段とか、アルミかカーボンかとか、あれこれ聞いてくれた。
 私もテンションが上がってしまい、あれこれ答えていた。
 同期♂はなんか爆笑していた。失敬なやつ。
 先輩♀は無言であった………
 さらに勢い余って、「今度サイクリング連れて行って下さいよう」と言いそうになったが、先輩♀が既に全然笑顔ではなかったので、やめておいた。
 思ったことをなんでもかんでも口にしていたら、無用な軋轢が生まれてしまうのが人の世なのである。

 結婚とはじんせいのはかばである、とはよく言ったものだなぁ、と思っていたのだが。
 職場の上司でロードが趣味の方に、「バーテープ交換したのです」と報告したところ。

上司「僕ものるひとさんに報告しようと思っていたことがありまして」
のるひと「なんでしょう」
上司「新しいロードバイク、買ったんですよ」
のるひと「えっ……えっ?! ちょ、バーテープとか言っている場合じゃないですよ! どこのメーカーですか!」
上司「サーヴェロです」
のるひと「あの(新開さんお坊ちゃま説を色濃くするほど)お高いと有名な……?」
上司「そうなんだよ! 妻には事後承諾だよ!」

 ……それ承諾取れてませんって上司! とだいぶ楽しい気持ちになった。 
 写真を見せて頂いたのだが、ごつくてかっこいい自転車である。
 あとから検索してみたのだが、多分4、50万円くらいのクラスのではないかと思われる。
 
 やっぱり結婚って一般化されるものじゃなくて、相手との交渉力とか、自分の熱意とか、そういうもので、はかばにも楽園にもなるものなんだなぁ。
 私の場合は、結婚談を聞くたびに必ず男側に自分を置いてしまう女子力の低さをなんとかしない限り、心配無用という感じなのだけれど。

 今日は病院でお薬をもらったり、友人の誕生日プレゼントを買ったり、金曜日に迷惑を掛けてしまった(しかも上司にめちゃめちゃいいお店に連れていってもらう予定だったので、先に退勤してしまった……)同僚への差し入れ用のお菓子を買ったりして午前中を過ごした。
 もちろん、スコットくんはお供してくれるのである。

 いい景色なのでちょっと休憩。

 IMG_0489.jpg
  
 お菓子を買ったお店は、以前一度行ったことのある、cona.さん。
 休業中のところを開けてくれたうえ、おまけのお菓子まで下さった。

 IMG_0488.jpg
 
 うまうま。
 
 それからヘルメットでぺたっとした髪とほとんどすっぴんのメイクを慌てて整えて、おデートへ。
 それを早々に切り上げて、エステへ。
 女子力が高いんだか低いんだか分からないって書こうとしたけれど、明らかに低いことに気付いてしまった。

 どこかに落ちているのかな、女子力。


にほんブログ村 自転車ブログ 女性サイクリストへ にほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへ
 

初心者の初挑戦:小雨走行からのビアンキカフェ

 今日は駒沢公園で、みどちゃんとみどちゃんの(お父上の)MTBと、のるひととスコットくんで、だぶるでーとの予定だったのである。
 人と走るのは、昨年12月に会社の人たちに構って頂いて以来なので、とても楽しみにしていた。
 
 みどちゃんは弱虫ペダルにはまって、26歳にして初めて自転車に乗れるようになった猛者である。
 今はお父上のMTBという、絶対サイズあってないだろって感じの自転車に乗っているそうなので、私とらぴちゃん(ラピエール納車待ち、改め、やっと納車された友。おめでとう!)で熱烈にロードかクロスの購入をおススメしている。
 御堂筋のファンだと言っていたから、当ブログではみどちゃんと呼ぶことにしたのに、「ロード買うなら赤のピナレロかなぁ。鳴子くん可愛すぎる」などと言っていて、大いに戸惑っている。
 
 待ち合わせの12時よりちょっと早めに着いたので、とりあえずサイクリングコースを一周。
 先週来たときより人がだいぶ少なくて走りやすかった。
 待ち合わせ場所に戻って、ちょっと待っていたところで……

 まさかの雨である。

 とりあえず屋根のあるところに避難。

IMG_0472.jpg

 みどちゃんはそれからしばらくして、徒歩で現れた。
 なんでも、自転車用の鍵が見つからなかったとのこと。
 みどちゃんの巨大MTBとうちのスコットくんを並べて写真におさめたかったのになぁ。ちぇ。
 レンタサイクルで一緒に走ろうとしつつも、雨模様なので、とりあえず先にお昼を食べることにした。

 駒沢公園から歩いてすぐのパン屋さん、griotte。
 晴れていたらここでテイクアウトして、公園で食べようとしていたのだけれど、今日は地下のイートインを利用することに。
 
 IMG_0475.jpg

 ウインナーとザワークラフトのパン&ロイヤルミルクティ味のクリームパン。お供はミントティー。
 みどちゃんはほぼ同じメニューで、クリームパンの代わりにメロンパンを食べていた。
 パンは固めの本格派で、とても美味しかった。
 あと、意外と体が冷えていたのであたたかいミントティーを飲んで癒された。
 
 IMG_0474.jpg
 
 私のバーテープ交換の話やら、みどちゃんの自転車の購入計画(のるひと立案)の話やら、みどちゃんが最近はまっているらしいカメラの話やらできゃいきゃいと一頻り盛り上がってから、お店を出る。

 小雨はやんでいなかった……
 空よ! あれほど空気を読めと、日曜日には決して雨を降らせてはならぬと言ったのに……!!

 なんというか、乗れなくもなくもないくらいの天気なのだが、自転車借りちゃったところで本降りになったらすごく悔しいし、何より危ないので、今日は諦めることにした。
 とはいえこのまま解散では寂しいので、一旦私はロードを家に置きに行って、みどちゃんと再び落ち合うことに。

 公園を出て、走り出して気付いた。
 雨の中の走行、初めてなのである。
 
 初心者・のるひとの中で、①夜道の走行、②雨の中の走行、はいずれも鬼門であった。
 夜道はたとえライトがあってもなんとなく恐い。雨だと、路面がつるつるして転びそうだ。
 完全にイメージ先行で怖がっているだけだと自覚はあるのだが、今までひたすら避けて通ってきたのである。

 でも、ぱらぱらとした小雨がいつか止むようなものなのか、これから本格化するのか分からないし、何より家に戻ってまた出てくることにしたので、ぼやぼやしていたらみどちゃんを相当待たせることになってしまう。
 そう思って、がしがしとペダルを漕いだ。
 寒いし早く帰りたいしで、普段より体感速めの走行である。
 でも、路面が滑るという恐怖に煽られているので、普段よりブレーキに掛ける手に力が入るのである。

 結論的には、本当にぱら、ぱら、程度の小雨であった本日、何の問題もなく無事に帰還できた。
 何かをやってみるまで、「大丈夫かなぁ、無理かもなぁ、やめておこうかなぁ」と先回りして色々心配してみて、その実やってみたら、「なぁんだ。やればできるじゃないか」と思うのは、いつもの私の癖なのだ。

 そして、みどちゃんと落ち合った場所。

 IMG_0478.jpg
 
 いつか行ってみたいと思っていた、ビアンキカフェなのだ♪
 自転車熱が本日不完全燃焼だったのるひとの主張により、ここで3時のお茶をすることに。

 2階のカフェ・コーナーにもこんな感じで自転車が飾ってある。
 お、おしゃれすぎか……
 
IMG_0480.jpg

 靖友さんもいらっしゃいました。

IMG_0481.jpg

 他のお客様がいたので写真は控えたが、店内の奥にも自転車がいっぱい飾ってあったり、チームのウェアが飾ってあったり、何か新開さんもいたり、純粋なビアンキ好きにも弱ペダ好きにも配慮した、素敵な空間であった。

 抹茶のガトーショコラをオーダー。自転車の絵、可愛すぎか。
 みどちゃんがオーダーしたオレンジのタルトの横には、ビアンキらしい水色の自転車が描かれていた。 
 
 FullSizeRender (48)
 
 こういうお洒落なところのカフェオレって、絶対ラテアートしてくれる。
 
 FullSizeRender (49)

 可愛い、あざといくらい全部が可愛くてお洒落。
 こういうお店があると、メーカーのファンとしてはとても嬉しいだろう。
 私もスコットカフェ、とかできたら絶対に行く。遠くても行く。
 
 そこから更に自転車の話とカメラの話と、最近の仕事の話と、みどちゃんが推している若手俳優のBL映画の話とで盛り上がったのち、1階の自転車スペースも見ることに。
 みどちゃんは、「び、ビアンキって10万円以下で買えるんだねっ」と感動していた。
 そうだね。でも、結局ここでも「チェレステも可愛いけど、やっぱり赤可愛いなぁー」って言ってたから、もしもロード買うって決断をみどちゃんがしたときには、妥協せずに一番ほしがってた赤のピナレロを買うことを私は推したい。
 
 にほんブログ村 自転車ブログ 女性サイクリストへ にほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへ
 
   

納車5か月記念を控えて、バーテープ交換!!

 4月22日、次の水曜日で納車してから5か月なのである。
 当日は普通に仕事+結婚する先輩たちとのお食事会(……正直、ちょっとだけメンドクサイ)があって、一日潰れるので、今週末のうちに何か記念になることをしたいと思った。

 まずは、この5か月の間に、私が知らず知らずのうちにスコットくんに対してやってしまっていた粗相を振り返る。

 まず、ハンドルの角みたいなところ。
 デュアルコントロールレバー、でいいのかな。
 倒したときにこすってしまったようで、ちょっと擦れている。

 IMG_0462.jpg

 続いて、サドル。
 これは地球ロックをすべく、柱に押し付けていたときにこすれてしまったもの。
 
 IMG_0463.jpg
 
 エンドキャップもまた外れてしまった。
 憧れの店員さん、実業さんからエンドキャップをもらいたくて、外れただけだったのに、落としたふりをして、頂いてしまった方である(詳しくは2月14日の記事!)。
 今回は先週日曜日の走行中に外れてしまった模様。落としてしまったので、手元にもない……
 やはり嘘をついて人からものをもらってはいけないのだな。
 あと、バーテープの端っこもちょっとボロボロになっている。

 IMG_0464.jpg

 さて、ここからが一番の粗相。
 
 ここと、

 IMG_0460.jpg
 
 ここ。
  
 IMG_0461.jpg
  
 フレームに傷を付けちゃったのである。
 うわーん。
 これは、大変悔しい粗相だった。

 去る4月12日。
 走る前にちょっときれいにしようと、タオルで汚れをふき取っていたのである。
 
 あれ、フレームになんか黒い汚れが付いているな?
→ふきふき
→な、なんか広がった……?!
→さらにふきふき
→もっと広がったー!!

 慌てて指で触れてみたところ、汚れだと思っていた最初の●が、どこで付いたのか分からないが、石かアスファルトの超細かくなったものだったようで。
 それをタオルでフレームに押し付けて、ふきふきするつもりでフレームを何往復かしてしまった結果、白い塗装がはげてしまったのである。 
 完全に自業自得、何の言い訳もできない粗相すぎて、スコットくんに申し訳が立たない。

 これらの粗相のうち、なんとかなりそうなのは、エンドキャップだけだと思うのだ。
 ついでなので、前に大好きな某ブログ様で見ていて興味津々だった可愛い色のバーテープも導入しちゃおうと決意。
 だって、もうすぐ5か月記念日だし。
 今月のテストも今日でひと段落だし。

 久々に実業さんのお店に行ってきた。
 フレームの傷を見て、「キズモノにしちゃったね」って悪い顔で笑う実業さんイケメンすぎた。
 これ、絶対何人かごにょごにょしちゃった過去おありですよね??笑。
 私はキズモノにしちゃったスコットくんを一生あいしつづけますとも。

「エンドキャップがまた外れてしまいました! バーテープも端っこが千切れてます!」
 とお伝えしたところ、まだ早いっちゃ早いけど、巻き直したかったら巻き直しますか、とのことだったので、その場で一目ぼれしたSILVAのコルクの赤を購入(箱を捨ててきてしまったので詳しい品番は分からず……1700円くらいだった)。
 
 実業さんが巻いてくれるところを見学。
「次は自分でやりたいのです!」と言って、教えて頂くことに。
 初心者には、バーテープを外しているところさえかっこよく見える。
 左側は自分で外してみたが、案外するする外れた。

 さて、本番の、新しいバーテープを巻く段に入った。
 いつかバーテープを交換したいなぁと思って以来、本を読んだりしていたのだが、よく分かっていなかった点もあったので、教えて頂いたコツを以下、備忘として残しておく。

①巻く方向は、ハンドルの端っこから、真ん中に向かう方向
②斜めに巻いていくので、巻き始めのちょっとはみ出る部分が不均等にならないよう、斜めに切ってから巻き始める
③重なり具合は、大体テープの3分の1くらいに統一して、ハンドルの太さにむらが出ないようにする
④ぎゅんぎゅん引っ張りながら、斜めに巻き進める
⑤ハンドルが曲がっている部分は、1度レバーを越えて、もう1回下に戻って、もう1回レバーを越えた先に戻る(たすき掛けのイメージで)
⑥巻き終わりも、ぴたっとなるよう、斜めに切れ込みをいれる
⑦巻き終わりがハンドルの内側に来るように、長さを調節する
⑧最後に巻き終わり部分を覆うビニールテープは、ちょっと高めの粘着力の高いものを使う
⑨私のスコットくんはブレーキレバーをT字部分にも付けていて、ちょっとビニールテープが巻きにくいが、とりあえず長めに引き出してからレバーをくぐらせるとよし
⑩ビニールテープは大体2、3巻き。内側に巻き終わりが来るように。巻き終わりのところを切るとき、隅を斜めに切っておくとはがれにくくなる

 説明しつつ、スピーディーに右側を巻き終える実業さん。
 勇気を出して言ってみた。

 実業さん、私、左側自分で巻きたいです。

 えぇっ、自分でやるの?! いいけど、逆にいいのか?! てなってたけど(お店でやると、工賃1000円発生するし)、だって自分でやってみたくてうずうずしたんだもの。
 
のるひと「うわ、なんか芋虫みたい……」
実業さん「重なり過ぎです、これじゃあ、最後足りなくなっちゃうよ」
のるひと「うわっ、たすき掛けのところ、ぶよぶよしてます!」
実業さん「もうちょいぎゅっと、ぎゅっとしましょう」
のるひと「なななんか逆流してきました(←本当に内側に進んでいるはずが外側にやってきた。信じられなかった)」
実業さん「……どういう意味……?(←ちょっと目を離したすきだった)」
のるひと「最後の斜めに切るところ自信が持てません」
実業さん「この辺から、この角度で切ってみよう」
のるひと「ビニールテープ何巻くらいでしたっけ!」
実業さん「好きなだけどうぞ!(←うそつき! 2、3巻きなんでしょもう知ってる!)」
 
 って感じでお店で騒いですみませぬ。
 常連さんっぽい夫婦のローディーさんやら、納車のときもいらっしゃったハスキーボイスのオジサマやらにも見守られつつ、なんとか終了。
 最終的には結構いい仕上がりになったのだ!

 お披露目↓

IMG_0465.jpg

 正面↓

 IMG_0466.jpg

 可愛いよー。
 黒かった頃もかっこよかったけど、赤くした方が親しみやすさが増した感じがする。
 たとえるなら、「ずっと一人で友達もいなかったスカシ泉が、鳴子となんだかんだ仲良くなって、部活帰りにたこ焼きの屋台で買い食いしたり、コンビニの肉まん食べたりするようになる」って感じだなぁ。
 伝わりにくくて失礼。

 ちなみに、実業さんが巻いて下さった方。

 IMG_0468.jpg

 のるひとが巻いた方。

 IMG_0469.jpg
  
 結構遜色ない感じなのである。
 それもそのはず。
 合間合間で、実業さんが巻き直しているから ね……!
 
 次は(何か月後になるか分からないけれど)、びしっと1人で巻いてみたいものである。

 
 にほんブログ村 自転車ブログ 女性サイクリストへ にほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへ
 
 

まだまだ東京の春を探す

 今日はすっきり晴れたあたたかい日で、久々に自転車日和の日曜日だった。
 テストもひと段落(……はしていない。来週もあるし)。
 こんな日はいつもより長めに乗るしかない。
 
 11時半出発。
 途中であちこち寄っていたとはいえ、帰って来たのが15時過ぎなので、自分的にはちゃんと長めのライドになった。

 4月12日の記録↓

 目的地に着く前に、桜が咲いたら来ようと思っていた一角に偶然行きあたる。
 今年は花の盛りには間に合わなかったなぁ。
 
 IMG_0427.jpg

 本日の目的地はこちら。

 IMG_0428.jpg

 サイクリングコースが整備されているので、そこを走ろうと思ったのだ。
 もちろん公園内なので、スピードを出すのは厳禁。
 実際、ジョギング中の方がサイクリングコースまで入り込んでいたり、自転車練習中のお子様がいたりと、「自転車専用」感はあまりない。
 でも、私のようにそんなにスピード出さずに、のんびり景色を見ながら走る人にはちょうどよい感じ。
 途中で止まる場所をなかなか発見できなかったので、写真はないが、とてもきれいな道だった。
 ところどころ、スピードを出させ過ぎないようにするためらしいが、カーブがあるため、サーキット気分を味わえる。
 桜並木を通り、サッカーらしきスポーツに盛り上がる若者たちの横を走り抜け、橋を渡り、一周。
 
 1周何分くらい掛かるのか確かめようと思っていたのだが、生来の方向音痴ゆえか、気付いたら2週目に突入していた。
 目測1周半くらいで、だいたい10分ちょっとくらいだった。

 2周半してちょっと休憩。
 
 IMG_0429.jpg
 
 鼻水が出てきそうだったので拭ったところ(……)息絶えた虫を発見。
 途中でなんか顔にあたったな、と思ったのはこれであったのか。
 今日もなぜかタオルとティッシュを忘れていたので、仕方なく売店で購入。
 さすがに虫混じりの鼻水を垂らしているわけにはいかぬ。
 女子力どころか、人間としての力が低い感じがする。

 ベンチで休憩しながら、私がやっていたこと。

 IMG_0434.jpg

 お勉強である。自分で自分に同情してしまいそうだ。 
 音楽掛けて盛り上がっているカップルやら、汽車ぽっぽごっこをやっている家族連れやらがいて、賑やかな中で一心不乱にリスニング問題を解いている女・26歳。ややあやしいことは自覚済みである。
 だがしかし。
「次のセッションが満点だったら、もう一周行くぞ!」と自分で自分の鼻の前にニンジンをぶら下げることができるためか、家でやるよりなぜか集中できる。
 全国の受験生、のシーズンは終わっているはずだが、えーっと、資格試験等を控えておいでの皆さん、ぜひお試し下さい。

 しばらく勉強して、さらに2周ほど走って、お腹が空いてきたので公園をあとにした。
 ところが、目を付けていたカフェがことごとくお休み。
 ちゃんと調べていなかったのが悪い、のだが。しゅん。
 
 前にテイクアウトで来た、大好きなパン屋の2階でご飯を食べることにする。
 買って帰ろうかな、とも一瞬思ったが、ここに到着する直前、全くスピードも出しておらず、周りに誰もいなかったのに、壁にぶつかるという謎の失態を犯しており、多分空腹が限界なんだな、と判断。
 
 Esprit de BIGOT。

 IMG_0440.jpg

 「待っててやるから、早く出て来いよぉ」
 
 IMG_0438.jpg
 
 2階は想像していた以上に広かった。
 びっくりして、思わず超・隅っこのカウンターを選んでしまった。
 端に行くに従って、天井が斜めになっている感じが屋根裏っぽくて気に入ったのもある。

 Voila le printemps!

 IMG_0442.jpg

 ウィンナー入りデニッシュと、こちらのお店の定番メニュー・パヴェという小さなパンを食べる。
 一緒に飲んだのは、フランス風のレモネード(名前は忘れた)。
 パンはあっためて出してくれる。相変わらず美味しい。
 
 食べ掛けで失礼します。
 どんだけお腹空いていたんだ、自分よ。

 IMG_0443.jpg

 食べたら元気になって、このまま家路につくのがなんとなくもったいない感じがしたので、ついでにおやつを食べに行くことに。
 
 行きたかったのは、多摩川・浅間神社。
 参拝目的というより、ここの近くの名物お菓子が食べたかったのである。
 
 が、実際行ってみたら、予想外に立派な神社だった。 

 IMG_0446.jpg
 
 IMG_0449.jpg
 
 さらに嬉しい誤算。
 このあたり、意外と桜が残っていたのである。

 IMG_0445.jpg

 IMG_0452.jpg
 
 IMG_0453.jpg

 そして、お目当ての今日のおやつ。

 鮎焼き。
 多摩川の鮎をイメージしたそうである。
 味は普通の人形焼と一緒。
 まずくなりようがない よ ね!←褒めている。

 IMG_0458.jpg

 IMG_0454.jpg

 スコットくんを見下ろしつつ、10秒くらいで完食。
 もう1個くらい買ってもよかったかも。
  
 ちなみに、「鮎焼き! 鮎焼き!」と気が逸っていたので、最初に目に付いたお店で購入した、のだが。
 「本当に名物が売っているんかい?」という感じの鄙びた超田舎のおばあちゃんがやっている風のお店だったのだ(褒めている……?)。
 バラでも売っています、と書いてあったので1個お願いしたところ、3個入りの袋詰めしてあるものを、おばあちゃんが徐に封を開けはじめて、「えぇっ、それ開けちゃうの? あと2個売れなかったらどうするの?」とこちらが困惑してしまった。
 
 それから20秒ほど進んだら。

 もっと立派な和菓子屋さんあり。 
 もちろん、鮎焼き売っている。
 このお店の名前は、インターネットで何度か目にしていた。
 
 というわけで、もしも多摩川・浅間神社に足をお運びの際がありましたら、どうぞ気を付けて、鄙びた方で鮎焼きを買って下さいまし。
 こういう今にも潰れそうな(もはや明らかに褒めていない)お店に、愛想の良いおばあちゃん店員さんがいるなんて、なんだかとっても素敵だと思うのだ。

 にほんブログ村 自転車ブログ 女性サイクリストへ にほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへ

ままならない日は、ロードバイク関連の買い物を

 今日も今日とてテストだったのである。
 疲労。 
 昨日有給まで取って準備したのに、前と点数殆ど変らなかった……
 というかむしろ平均すると下がった……

 さらに言うと、今週は職場で色々あったのである。 
 カウンタパートの偉い人が、何故か突然私にキレてしまった。
 私と私の上司、先方と先方の部下を皆Ccに入れてメールで怒りをぶちまけてきた。
 こちらにも全く非がないわけでもないのだが、こちらの非(全体の2%くらい)と全く釣り合わない怒りよう。
 幸い、こちらの上司は私の対応に大きな非がなかったことを認識してくれており、「この人、ちょっとエキセントリックだね」という反応であったし、直接先方とやり取りして諍いを治めてくれたのも上司だった。
 ややへこみ気味だったこともあって、直属の上司以外にも、声を掛けてもらったり、メールをもらったりとお気遣い頂いた。
 なので、職場と上司に恵まれたなあ、と実感できる、「禍転じて福と……」的な出来事ではあったのだが、全くへこまないかと言えば嘘になる。

 うぬぬ。

 というわけで、試験後、試験会場から近いY's Road御茶ノ水店に足を伸ばすことに。
 ストレス発散で何か買っちゃおうと思ったわけなのだ。

 御茶ノ水店は、今まで行ったY's の中では一番小さめだったが、所せましという感じで自転車が並んでいて面白い。
 初めて見るブランドのものもあって、色々眺めているだけでもなんとなくワクワクする。 
 ピンディングはする予定もないし、白いペダルがやや汚れてきてもいるので、カラーが可愛いフラペを中心に物色した。
 が、結局、びびっとくるものは無かったので、今日はやめておくことに。
 
 スコットSpeedster10・2015年モデルが20%引きで売っていたのが、やや衝撃的ではあった。 
 私が買ったスコットくん(若干ランク落ちのSpeedster20。定価で購入)より安いじゃないか……っ!
 デザインもあんまり変わらないじゃないか……っっ(10の方が、白基調のトリコロールカラー、20は青基調のトリコロール)!!
 
 別に落ち込んでも、「うわっ……」とも思ってもいないのだが。
 納車が早いっていうのも、購入時の大きなポイントだったわけだし。
 青ベースっていうのも普段の自分の好みより男の子っぽくて強そうで良いなって思ったわけだし。
 そもそも、お店に置いてあったのはサイズが明らかに大きかったし。
 (↑以上、ちょっとした虚勢。)
 背の高いお方で20万以下のかっこいいロードをお探しの方は、ぜひY's御茶ノ水店へどうぞ。

 フレームをふきふきするためのもの(洗浄液+ワックス、的な)を買おうと店員さんに聞いてみたところ、「ドンキの方が安くて容量もたっぷりですww チェーンの洗浄液でも、拭くだけでいいならOKです」とのお言葉。
 Y'sに行くたびに謎の節約術を教えて頂いて、あんまり「これ買うといいですよ! 買っちゃえ!」といったおススメをされないのだが、お店全体の方針なのだろうか……? 
 私の出で立ちが、財布の紐が固そうな雰囲気を醸し出しているのか……?
 
 結局何も買わずにY'sを立ち去ることに。
 なんとなく購買意欲が満たされなかったので、横にあった、激安・スポーツ用品店にも入ってみた。
 ロードバイクを買うまでスポーツとは無縁であったので、こういった場に足を踏み入れるのは初めてである。
 店員さんの呼び込みの声とか、混み合う店内とか、どこに何があるのか客はもちろん店員さんも把握していない感じとか。
 慣れはしなかったが、嫌な気持ちもしなかった。

 本日の戦利品。
 写真では分かりにくいが、襟のところが花柄で可愛いのだ。
 
IMG_0425.jpg

IMG_0426.jpg

 本当は紺の生地×ピンクの襟、というのが一番可愛かったのだが、サイズがMからしかなくて挫折。
 一応着てはみたのだが、
のるひと:「大きいですよね?」
店員さん:「……大きいですね。中、薄着で着ますよね?」
のるひと:「………中、薄着ですよねぇ。UVカットですもんねぇ」
 というしまりのない会話をして、諦めることに。
 
 夏に向けて、日除けの服も無事に購入できた。
 あとはこの、冬に逆戻りしたような寒い日々が終わるのを待つばかり。
 
 ちなみにこちらのジャージたち、adidasって書いてあるが、1着1000円であった。
 ……にせもの?   

さらに東京の春を探す

 今日は色々とタイミングの良い日だった。

 午前中、東京は雨。
 元々、いい年して進めているお勉強の関係で人と会う予定があり、雨の中の外出となった。
 晴れたら午後から自転車乗りたいなぁ、と思いつつ、室内にこもること2時間。
 出て来たとき、くもり空ながら雨は降っていなくて、思わず小走りになりそうなくらい嬉しくなった。

 さらに良いことは続く。
 午前の予定が、本当は1時間くらいで終わるはずだったところが長引いていたのだが、その後行かなくてはいけなかった病院が逆に予想外に早く終わったのである。
 というわけで、15時にはフリーに。
 夜から夜桜を見に行く予定があるが、16時半くらいまでは自転車に乗れることになった。

 こうなったらもう、スコットくんとお花見デートに行くしかないのである。
 
 というわけで、やってきた洗足池。
 かなり有名な、お花見の名所。
 普段は閑散としているのだが、今日は屋台も出ていて、お酒を飲んで盛り上がっている人もいて、賑やかだった。

 IMG_0409.jpg

 自転車で渡ってはいけない橋のたもと。 

 IMG_0411.jpg
 
 カップルと家族連れの合間を縫って、さらにスコットくんとの記念撮影。

 IMG_0414.jpg

 吉野桜もいいけど、奥の方に写っているしだれ桜もいい。  
 
 IMG_0415.jpg
  
 そこからいつぞやと同じく中原街道を走って、今日は多摩川CRに行く。
 多摩川沿いは、両岸、桜が植わっていて、さらに時々菜の花があったり、名前の分からない白とか紫とかの花があったりして、走っているだけで楽しい。

 IMG_0422.jpg

 思わずよそ見してしまいそうになるのをこらえて、前から目を付けていた場所へ。

 多摩川CRを走る、ガチ勢っぽいロード乗りさんたちが休憩しているスポット。
 桜沿いなのである。
 
 IMG_0419.jpg

 桜と川を見つつ、私も休憩する。 

 IMG_0420.jpg

 洗足池も多摩川もとてもきれいだったけれど、既に花の盛りは過ぎつつある様子。
 今年は桜が開花してから雨の日も多かったし、お花見できる期間が短いような気がする。
 もしかしたら、今週末がラストチャンスになるかも。
 平日、会社の前の桜を眺めながら、「スコットくんとお花見デートをする前に葉桜っていうか、葉になっちゃうんじゃないか…」とハラハラしていたのだが、何とか間に合ってよかった。


 にほんブログ村 自転車ブログ 女性サイクリストへ にほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへ
 

«  | HOME |  »

2015-04

プロフィール

 

のるえ

Author:のるえ
2014年11月22日からロードに乗り始め、未だ飽きる気配なし。
相棒は、SCOTT Speedster 20(2015年モデル)のスコットくん。

 

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ