Latest Entries

昔の相棒に会いに行く

 ロードバイクに限らず、自分と自転車とのつながりを振り返ってみる。

 小学校低学年
  平均的な日本の小学生らしく、自転車を練習。
  乗れるようになるまで、平均以上に苦労。
  池に落ちたり、ハンドルが喉にぶつかって呼吸困難に陥ったり。
  とはいえ、とりあえず乗れるようになる。

 小学校高学年~高校
  自転車に全く乗らない時期が続く。

 高校 
  文化祭の買い出しのとき、友人の自転車を借りようとして、自転車に乗れなくなっていることに気付く。
  自転車は一回乗れると一生乗れる、と聞いていたので、バランスが取れないことに愕然。

 高校~社会人
  自転車に全く乗らない時期が続く。

 社会人
  地方勤務の折、外回りで自転車に乗る必要に迫られる。
  同僚の自転車を借りて練習。
  いい年して恥ずかしいので、暗くなってから練習したのもいい思い出。
  なんとか乗れるようになって購入したママチャリ。多分1万円以下。
  名前は小五郎。
  ピンクで、150cmそこそこの私にとっても小さ目サイズの自転車だったが、大好きな幕末志士の名前をとって、厳めしい名前にしたのである(時々心の中で、小太郎と呼び間違えていたことは秘密)。
  
 通勤、外回り、休日の買い物と、殆ど乗らない日はないくらい。
 車を持たない私の行動範囲を、小五郎が格段に広げてくれた。
 仕事がうまくいかなかったり、外回り先に向かう途中道に迷ったり、雨にふられたりして、小五郎に跨りながら泣いたこともあった。
 東京に戻る折、置き場がないという理由で、その地に残してきた小五郎。
 自分でもびっくりするくらい寂しい気持ちになって、最後に小五郎を乗り回したときはちょっとだけ泣いた。
 自転車の面白さを思い出させてくれたのは、小五郎だった。
 安いママチャリだったが、確かに小五郎は私の相棒だったのである。

 かつての勤務地を訪れた今週末、そんなかつての相棒に、今一度まみえることができた。
 左端が小五郎。

IMG_0350.jpg

 私がこの地を去ったあとは、後任の男の子が暫く乗っていた。彼女が遊びに来た時にでも使ってよ、と言っておいたのに、本人が乗っていた。
 低身長の女性にとっても小さ目サイズのピンクの自転車に乗っているなんてちょっと変態っぽい。
 何で自分の自転車を買わないの? と聞いたとき、「この自転車に乗ってると通学途中の女子高生がぎょっとした顔で見てきて、快感」と言っていたので、本当に変態だったのかもしれない。
 ちょっと怪しすぎる、ということで、彼がその自転車を使用することは、後々禁止されたそうだ。  
 
 現在の持ち主は、私の知らない会社の先輩の、小学生の娘さん。
 ちゃんと防犯登録もし直してくれて、タイヤも履き替えさせてくれたのこと。
 小さな女の子用の自転車が沢山並んでいる中に、きちんと仲間入りしている小五郎の姿を見て、何だか嬉しいような、小五郎とこの地を走り回れている女の子が羨ましいような、複雑な気持ちだった。
 
 でも、他の人のものになった小五郎に跨ることはできないし、この場所で暮らすことも、多分もうない。
 私は小五郎よりメンテナンスに手が掛かり、盗難対策もしっかりしなくてはいけない、でもすごくイケメンで、軽くて速いスコットくんと、車が多かったり狭かったりする東京で、暮らしていくのである。


(余談)
 今度の旅は、はからずもかつて食べていた思い出の味をめぐるツアーになった。
 
 土曜日のお昼。名物・カツオの丼。

IMG_0341.jpg

 土曜日のおやつ。苺のソフトクリーム。
 
 土曜日の夜。チキン南蛮。とあおさ海苔の天ぷらと長芋。
 
 IMG_0357.jpg
 
 土曜日の夜食。徳島ラーメン。

 IMG_0360.jpg

 土曜日の夜食2。文旦のシャーベット。

 日曜日の朝。チーズクリームサンド、名物・いも天、帽子パン。

 日曜日のおやつ。大好きだったカフェのチーズケーキ。

 明らかに食べ過ぎである。
 この地にいる間、かなり太った私。この2日間でも、体重が増えた感がある。
 来週末は、スコットくんに長めに乗りたい。

 にほんブログ村 自転車ブログ 女性サイクリストへ にほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへ

«  | HOME |  »

2015-03

プロフィール

 

のるえ

Author:のるえ
2014年11月22日からロードに乗り始め、未だ飽きる気配なし。
相棒は、SCOTT Speedster 20(2015年モデル)のスコットくん。

 

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ