Latest Entries

2014年最終日

 2014年最終日。
 大掃除はあんまり熱心にやらなかったが、スコットくんだけは、きれいに磨いた。
 フレームに付いていた土や、ホイールに飛んでいたオイルやらを取ると、すっきりときれいになっている。
 先日お店でオイルをさしてもらったばかりなので(教えてもらいつつ、実演でやってもらった)、気が早いとは分かりながらも、チェーンもきれいにして、オイルをさす。

 2014年8月、ロードバイクを買おうと思い立った。
 お店に通い、カタログを色々と見て、このスコットくんを選んだ。
 最低限のグッズも買って、11月にスコットくんをお迎え。
 近所にあったなんて知らなかったところにも行ったし、外で食べるお菓子が家で食べるよりなんだか美味しいことも久々に思い出した。

 8~9月はプライベートも仕事も歯車がなかなか合わなくて。
 ロードバイクを買うんだ、と思うことが、自分のバランスを取ってくれている感じだった。
 ロードバイクが来てから、もちろん全くの偶然なのだが、色々な歯車がきちんとまた廻り始めた。
 
 色々あったけど、いい年だった。
 来年もいい年になりますように。 
 

裾がふわっとしたズボンを履くために:バンド(お手製)

 以前一度書いた服装問題について。
 所有している長い丈のズボンはジーパン以外、全部裾がふわっとしていて、ぴったりしていないデザイン。
 だから、ロードバイクに乗るときはタイヤやらギアやら? に引っかかってしまって乗りづらい。

 というようなことをクロスくん(クロスで長旅した猛者。よくよく聞いたら東京から本州の西端まで行ってた)に話したところ、
「俺は手製のバンドつけてるよー。ちょっとダサいけど、乗っている間は別に誰かに見られるわけじゃないし」
 とのこと。
 そのバンドとやらをくれ!と頼んでみたら、私用にも作ってくれた↓
FullSizeRender (25)
 
 え……? なぜ一本なの……?(ケチったのか……?)
 と失礼ながらおそるおそる聞いてみたら、すごい勢いで説明された。
「そもそもどうしてママチャリだとどんなズボンを履いていても平気なのに、スポーツバイクだと引っ掛かるかと言うと(以下、ママチャリとスポーツバイクの構造の違いに関する説明が続く)じゃあなぜ右側だけで裾が引っ掛かるかと言うと(以下、スポーツバイクの構造に関する説明が続く)というわけだよ。だからバンドは1本でいいんだ」
「………あーなるほどね(←よく分かんないけど聞き返すのが面倒だった)」
「………とりあえず右足だけに付けて乗ってごらん。左用もほしくなったら、また作ってあげるから(←こいつ分かってねぇな、と思いながらもつっこむのをやめた)」

 というわけで、一昨日付けてみた。
 FullSizeRender (26)
「ダサくね……?!」という内心の動揺を無視して、先日行ったサイクリングロードへ。
 その時見つけた休憩スペースまで行って帰ると、だいたい1時間強のサイクリングになる。
 
 出発して5分と立たずに気づいた。
 クロスくん、正しいよ! 疑ってごめん! あとダサいとか思ってごめん!
 右足の裾をキュッとするだけで、全然どこにも引っ掛からなくなった。
 短パン+タイツより断然あったかいし、大変快適だった。

 というわけで一昨日のスコットくん。
FullSizeRender (24)
 
 とおやつ。
FullSizeRender (27)

 これで寒さ厳しい年末年始も自転車に乗れるぞ! ちっちゃいおやつ持ってあちこち回るぞ!
 と思っていた矢先(一昨日の夜)胃腸炎でダウンした。
 むむー。次のサイクリングは年明けに持ち越しか。

一か月記念日

 記念日苦手な私でも忘れなかった。
 今日はスコットくんが私のところに来て、一か月目の記念日。
 
 というわけで今日は長めにおデートしようかと思ったのだが、寒くて挫折。
 お店から一か月経ったあたりで様子を見せに来るように言われていたのと、頼んでいたステムが届いたそうなので、そこに行くことにした。
 
 これがステム交換前の最後の姿。
 ハンドルの位置がちょっと遠かったので、短めのものに交換してもらっていた。
 納車のときにはちょうどいいのが無かったので、お店のものをお借りしていたのだ。

 FullSizeRender (22)

 お借りしていたのは白基調だったが、購入したのは黒基調のもの。
 なんとなく、ハンドル周りがしゅっとしまった感じで格好良い。

 一か月検診は実業さん(イケメン店員さん)がやってくれた。
 まだまだ新車同様、全く問題なしとのこと。
 ついでにクイックレバーを少し緩めてもらったり(別のお店でやってもらったときかたく締まりすぎていて、それ以来外してなかった)、ライトの外し方を教えてもらったり(これが分からなくて輪行の練習もしていなかった)、オイルを差す場所を教えてもらったり(本で見てもあんまりよく分かってなかった)。
 なんか一か月経ってもあんまり成長していない様子が丸わかりで恥ずかしい。
 あと何回か転んだり倒しちゃったりしているので、ハンドル周りの若干傷がついているのも恥ずかしい。
 うう。
「まあ、段々体で覚えますから…!」と励まされた。
 そう考えると、最初の一台になっちゃう自転車って可哀想。スコットくん、ごめんよ。

 色々教えてもらっていざ帰ります、の瞬間。
 ヘルメットをかぶった姿を見て、実業さんが絶句した。
「顎紐、長すぎだよ」。
 あんまり短くすると乗っているときに首が苦しくなる、というどこかで聞きかじった知識をすごく重視していた私は、ほとんど紐の長さを調節しないままかぶっていたのだが、長すぎて全然止まっていないらしい。なんと……!
 どうやって長さを調節するか分からなくて立ち尽くしていると、実業さんにヘルメットかぶったまま顎紐を直された。
 手が……! 顔に……! 近いです………!!
 覗き込まないで下さい………!!!
 すごい恥ずかしかしくなって下向いちゃったけど、恥ずかしがっている方が余計恥ずかしい(←最早何に恥ずかしがっているんだか分からない状況)。
 イケメンって本当距離感近い。近付いても嫌がられないって分かっているからだろうな。まあ嫌がらないんだけど。

 早くイケメン慣れしないといい年してドキドキしてばっかりで良くない。
 ので、今日のスコットくん↓

FullSizeRender (23)

 紅葉の赤にフレームの赤が映えて大層イケメン。

初心者の実験:ジーパン

 ロードバイクに乗るときの服装。
 レーパンのハードルを越えられずにいる超・初心者にとって、度々考える議題だ。

 私は大抵、
上半身:ユニクロのもこもこした上着+薄手のロンティー+ユニクロのヒートテック
下半身:普通のハーフパンツ+80デニールのタイツ+靴下+普通のスニーカー
 という格好をしている。
 自分が持っている丈の長いズボンが裾がきゅっとしていないので、タイヤとかペダルに引っかかりそうになるので、なかなか履けないのだ。

 唯一の例外が、スキニーのジーパン。
 色々と先達のブログを見ていると、ジーパンでロードっていまいちらしい。なんか痛かったり固かったりするらしい。
 が、ここは初心者らしく、とりあえず自分でも実験してみることに。
 今日は特段どこかへ行くとか、誰と会うとかといった予定もなかったので、違和感があったらすぐに家に帰ればいいや、と思い出発。
 大体1時間くらい、近所をうろうろしてみたのだが、全く違和感はなかった。
 むしろ生地が厚いためか? ふかふかおパンツ(手製)なしでも痛みゼロ。

 というわけで、初心者が実験してみたところ、ジーパンは
・数年履き古した柔らか目の生地で
・近所を1時間弱うろうろする場合で
・そんなにスピードを出さないなら
 大丈夫らしい。
※あくまで個人の感想です。あしからず。
  

初めての

 今週やった初めてのこと。

1.サイクリングロードを走った
  行ったところの道幅が狭くて、あと進行方向が決まってなくて、ランナーの人とかも結構いたのでちょっとハラハラ。
  土手の上っぽいところだったので、横風がふくと煽られて落ちそうになるのも怖かった。
  でも、川沿いの道は走っていて気持ちよかった。
  色んな人の自転車とか乗っている格好とか見られるのも楽しかった。
  全然スピード出しているわけではないけれど、「うわーロードバイク乗っている~」って感じがした。  

2.人と一緒に出掛けた
 いつもぼっちスコットくんとおデートなのだが、今日は知り合いのおじさま2名に連れて行ってもらった。
 先を進んでくれる人が、「停止」「抜く」「対向車来るから左に寄って」みたいなサインを出してくれるのですごく安心。
 あと、後ろから走ってくれる人が色々見守ってくれたり、「ギアもうちょい重くしな~」とか声掛けてくれたりするのも心強い。
 休憩中とか、お昼食べながらとか自転車の話したり、色々教えてもらったり(タイヤの空気ちゃんと入っているか、とか)できるのもありがたい。
 1人で出掛けるのもご飯食べるのも好きだけど、たまにはこういうのもいい。
 また誘ってもらいたいので、今度はもうちょっと速く走れるように練習しておきます!と伝えた。
 あの初心者ぶりに引かずにこれからも構ってもらえるといいのだが…
 
3.最長走行時間をのばした&時速という単語を意識
 15分→40分休憩(待ち合わせ場所に早く着き過ぎたので)→1時間→1時間休憩→1時間半掛けて帰宅。
 距離にすると、サイクリングロードだけで、往復20㎞超。
 乗っている間は、ベテランさんが「今、時速19kmくらいだよー。辛くなかったらこれから22くらいに上げるよー。帰りは25くらいだよー」とか言ってくれるのも楽しかった。
 時速とか初めて考えた。
 
 今週のスコットくん(後光さしてる)
 
 FullSizeRender (21)


※乗っている間は気付かなかったが、膝(内側っていうのか……反対側の膝と合わせるところ)にものすごい青あざができていた。
 あとで見てくれたペダルちゃん<友人>もドン引き。「パッと見虐待だよ!」と言われるくらい。
 いつできた痣なのか……疑問。

ふかふかおパンツ(手製)

 ロードバイクに乗る人が、たぶん皆一度は悩むであろう、おしりの痛み。
 その痛みに立ち向かうための、あれ。
 正式名称で呼ぶのが恥ずかしくて。
 だってママチャリ速度&最長連続1時間で語るのもおこがましい。
 というわけで、「あれ」を私は内心で、「ふかふかおパンツ」と呼んでいる。
 大好きなブログの主さんの呼び方がとっても可愛かったので、勝手に真似させて頂いているわけだ(内心&過疎ブログの中だけなのでお許し頂きたい)。

 以前、ショップであのふかふかおパンツ(市販)を見たとき、私は思った。
 私が防御したいのは、ここじゃない……!と。

 あんまり詳細に語ると尾篭な話になりそうなのでやめておくが、つまり「そんなに後ろは痛くなくて、もうちょっと前っていうか、真ん中あたりが痛いの!」という感じ。女性の中には、共感していただける方もいるのだろうか。
 
 というわけで、作ってみた。
 作成方法はとっても簡単。
1)もう使わないハンドタオルを3折くらいして、途中でびらびらしないように縫い合わせる
2)1)で作ったハンドタオルの塊(としか呼びようのない代物)を古くなったオーバーパンツ(ブルマみたいな。もうちょっとおしゃれな)に縫い付ける。
 以上!
 ポイントは、あんまりしっかり縫わないこと。
 洗濯するときにどうせ一旦外すので、粗目に縫い付けておいたほうが楽だ。
 
 そして先週。40分+10分休憩+1時間+40分休憩+30分、と私的には最長のライドだったわけだが。
 痛くなりがちな箇所が、全然痛くない!!! 履いててもこもこ感もない!!!
 乗り心地すごくいい!!

 というわけで、長くても2時間くらいしか連続して乗らないであろう間は、このお手製ふかふかおパンツで乗り切る所存。

洗足池のハワイアン・カフェ

 そもそもロードバイクを購入するにあたってブログもやろうと思ったのは、自転車で行ったお洒落なスポットやら可愛いカフェやらをアップしたりして、きゃぴっとした(←死語?)女子っぽいことをやりたかったからだった。
 備忘録代わりだったり、時に厚かましくも相談場所みたいに使わせて頂いたりもしたけれど。
 そして結局、今後もそういうふうに使っていく気がするけれど。

 今日は女子っぽい感じで。
 フキウラカフェ@洗足池をご紹介。

 FullSizeRender (18)

 中原街道に面した、洗足池横のハワイアン・カフェ。
 店内は小さいけれど、お客さんがたくさんいて、でも並んだりするほどじゃなくて、ほどよくのんびりできる雰囲気。
 一人客に優しいカウンター席も素敵。

 何が素晴らしいかというと、席から自転車がちゃんと見守れるところ。

 テラス席から見たスコットくん(留守番中)↓ 
FullSizeRender (19)
 
 たまたま風上のテラス席に喫煙者の先客がいて、座っているのが辛くなったので、店内に入ったが、ちゃんとそこからもスコットくんが見える!

 カウンター席から見たスコットくん(留守番中)↓
FullSizeRender (20)
 ちょっと体を捻る感じになるけど、ちゃんと目の届く範囲にいる。安心。

 地元民っぽいお客さんが途切れず入ってくるだけあって、味も素敵。
※私の選択のせいでなんかジャンキーな感じになっているが、野菜たっぷりのランチプレートやサンドイッチもちゃんとある。
 
 チーズトースト
 適度なしょっぱさとハイカロリー感。運動後に染み入る美味しさ。
FullSizeRender (17)

 お洒落なカフェオレ&マラサダ(ハワイのドーナツみたいな、揚げパンみたいな)
 甘い! 軽い! もう1個いける!!(消費カロリー以上の摂取カロリーになりそう)
FullSizeRender (16)

 以上。
 
 ………女子っぽい、きゃぴっとした感じが出ているとは思えぬ。なぜ…… 
 

«  | HOME |  »

2014-12

プロフィール

 

のるえ

Author:のるえ
2014年11月22日からロードに乗り始め、未だ飽きる気配なし。
相棒は、SCOTT Speedster 20(2015年モデル)のスコットくん。

 

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ